山南ノート4【劇団夢桟敷】

山南ノート4冊目(2008.10.3~)
劇団夢桟敷の活動や個人のことなどのメモとして公開中。

副島先生

2017-06-30 13:41:49 | モノローグ【エトセトラ】
昨夜からとても悲しくてどうしようもありません。…会いたくて仕方がない先生がいました。
最後に電話で話ができたのは昨年の熊本地震の直後ぐらいだったでしょう。安否確認の電話でした。
その時に直感したのは、体の具合が悪いのではないだろうか?と思ったぐらいで深くは心配していませんでした。
1997年の頃、熊本市立武蔵中学の演劇部顧問をしていた先生は私費で劇団夢桟敷を演劇部コーチとして受け入れてくれてからのお付き合いになります。劇団ぐるみ、家族ぐるみの関係で胸がいっぱいになっています。
先生とは一生付き合っていける!と思えた数少ない先輩としてありました。
退職されても不登校の生徒を受け入れるフリースクールで活動され、私も時々足を運んで生徒たちとトランプをしたり、バカ話をしたり、身構えることもなく自然体で過ごせる教室に馴染んでいました。
生徒のことを真面目に真剣に考えて行動していたと、一言で言ってしまいます。そんな先生はほとんどいませんよ。
残念でなりません。…今日と明日は先生と思いっきり話をして来ます。

◾︎
副島靖英先生
お通夜 6/30(金)19:00-
葬儀 7/1((土)13:00-
(会場)
熊本市中央区黒髪2丁目37-32
しらかわ 自然庵
TEL 096-342-0983
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 南阿蘇村 | トップ | これからも! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL