山南ノート4【劇団夢桟敷】

山南ノート4冊目(2008.10.3~)
劇団夢桟敷37年の2016現在を綴ります。

少女◎制作ルポ(2)

2016-06-30 23:49:45 | 九州「劇」派2016
いつの頃からだろうか?ユニットを組んで演劇公演を行うことが多く見られるようになった。
1つの公演を実現させるための臨時劇団のようなものだ。公演ごとに出演者やスタッフを募集、又はオーディションを行い上演する。言い換えれば、プロデュース公演か。
この形式が目立つようになったのは1980年代半ば頃から1990年代にかけてか?同時に劇団では客演という現象も多く見られるようになった。
商業演劇ではその形式が当たり前のようにあった。国民的スターが舞台に立つと大きなカネが動くからである。役者 俳優に大きな商品価値があるから商業演劇は成り立ってきた。
小劇場界に於いても商業的な形式だけは普及してきた。新しい世代は演劇の商品化を目指しているのか。有料で公演することは商業-趣味を問わず結果、商品であることには間違いないのである。プロとアマの垣根が曖昧になってきていることも今の時代でもある。
おや?それにしても商品としての意味や価値観は違うぞ。そうは思うものの、まずは経済的な大きさが違う。イコール、それは数の問題でもある。数だけを問題にすれば小劇場は前提から商業に対して太刀打ちできないね。
ユニットを組むとは?当初は劇団自体の弱体化か、役者 俳優の自立化が進んできたのかとも思ったのだが、どうやら日本の経済事情にも大きく関係してきたようにも思う。日本のバブル経済がはじけたことに連動する現象だったように推測できる。役者 俳優が生活に追われるようになったのも事実。昔からそうであったのだろうが、生活に対する危機意識が高まってきたように思うのだ。
そう言った意味では唐十郎氏の「河原乞食」論を再考する価値がある。又、1960-70年代のアングラ劇=サブカルチャーとしての演劇や美術、音楽の登場は大きなエネルギーを感じるものがあった。世界を変える勢いがあった。つまり、既成概念をぶっ壊そうとするエネルギーが表現や文化にあったのだった。
今は商業や経済に飲み込まれているのではないだろうか?価値観の多様化と叫ばれつつも、詰まるところ、商業の大きな力が個々人の価値判断の中にどっぷりと浸かってしまったようにも思える。
商業化を真似ているのだが、そう簡単に演劇で儲けることや生活が安定することはない。とりわけ、小劇場は制作面に於いて模索することがつづく。これが現実だ。

今回、私たちは九州「劇」派という新しいユニットを作った。目的はspace早稲田演劇フェスティバル2016に参加するためだ。制作的にはゼロからのスタートを試みる。
否、ゼロではなく、マイナスからのスタートだと言っても良い。思いがけず、熊本震災が襲いかかった。

つづく。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

少女◎制作ルポ(1)

2016-06-29 22:43:11 | 九州「劇」派2016
拝啓 唐十郎さま。

あんたがたどこさ!
九州は「肥後さ、熊本さ」のアバンギャルド演劇集団でございます。一回ポッキリのユニットであります。
いやはや、天変地異であり、だからこんな異常な社会的諸事情で個人的諸事情の劇血は騒ぎます。
ご本人が書いた「少女都市からの呼び声」をご本人に宛てた演劇として上演することは可能だろうか。そして、唐十郎さまに届くだろうか?演劇は夢の暴力でもあり、裏返せばラブレターであるのです。
ここで言う「唐十郎さま」は個人名でありながら集団的に復権し蘇り、今の時代に必要な代名詞だとも捉えます。奇妙奇天烈アッパラパー!を良しとしよう。狂える現実に幻想からの叛乱を!
ちゃらちゃらヘラヘラ骨抜き軟体思想、天変地異と戦争への危機の時代に届けよう!「少女都市からの呼び声」を。
世代の垣根を超えた九州「劇」派として、時間や劇場(場所)も超えてユニットを立ち上げました。
いつの時代になっても生き残るは演劇の原点=河原乞食の生きるラジカル(過激な求心力)です!
それをあなたは教えてくれました。かぶく(傾き、歌舞く!)芝居が原点です。
1960-70年代を疾走し、演劇革命を起こした状況劇場は通称、紅テントと呼ばれ、今や継承集団(劇団)として唐十郎自身が主宰する唐組、金守珍さん率いる新宿梁山泊、横浜国大アカデミーから継続された唐ゼミへと諸々のアングラ劇細胞は分裂と増殖を繰り返しながら生きている。
あなたは演劇の事件として登場し、いわゆる「アンダーグラウンド演劇」の旗手として昭和の大きな一歩を築いたと言っても過言ではありません。個人名でありながら、同時にその時代(1960-70年代)に登場した天井桟敷、黒テント、早稲田小劇場、諸々の演劇の時代用語でもあります。
そのパワーが今この時代に必要だと迫られています。
少女都市の「都市」が崩壊する。突き詰めれば、都市は国家であり劇的にはガラスの子宮か!
この劇は今を生きる同時代の人々へ捧げます。

つづく。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

モーレツからビューティフルへ。

2016-06-28 11:04:43 | モノローグ【エトセトラ】
昨日(月)より土砂崩れの危険が高まっているため、熊本は避難勧告発令中が続いている。避難命令ではないらしい。勧告と命令は違うということ。避難するかどうかは自分で判断してくれ!というのが勧告であり、強制ではないということ。
4月 熊本地震から携帯電話サービスで避難勧告のメール音が頻繁に鳴るようになった。日常化するとこの音にも慣れてしまうから不思議である。慣れは怖いと言った方が良い。驚かなくなる。それが怖い。
狼少年ではないが、「このままでは日本は本当に沈没するぞー!」とへこたれずに叫ぶ必要がある時代になった。バカにされようがテロリストや共産党と野合するのか!と言われようが、めげずに危機を叫ぶ必要を感じる。天変地異の大自然からも警告されているのである。携帯電話もピーピーと警告しているではないか。
劇の取り組みも避難勧告発令中でありたい。楽しい思い出作りの劇であってはたまったものではない。集団的自衛権ではなく、集団的共同作業は個人の価値観がぶつかり合う。正面からぶつかり合うと生産的になるのだが、あの人スキキライの感情的結びつきでは壊れやすくなる。できない者は勝手に自滅する姿を情けないほど見てきた。
モーレツな雨だ。演劇の稽古もモーレツに行こう。その先にはビューティフルが待っているのです。
我らが演劇も避難勧告発令中である。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

一区切り!

2016-06-27 04:31:35 | モノローグ【エトセトラ】
6月26日(日)
引っ越し(健軍南町コーポ→保田窪本町)運搬作業完了!鍵も引き渡し6月10日からの二重生活16日間は終わった。と思ったが、罹災証明書などの手続きをとることになった。一部損壊?半壊?二次調査で結論が出るらしい。無縁だと思っていた義援金かお見舞金が熊本市から頂ける可能性もある。金額は不明だが、頂けるものなら大助かりである。
手伝ってくれた海幸大介、クドシン、本松夫婦にも大感謝します。座長さかもとまり は息つく暇もなく実家の親の面倒もみなくてはならず大変はつづく。次回公演に向けての制作や稽古も同時進行である。
個人的にお見舞金や物資を頂いた皆さま、心より感謝を申し上げます。
座長は最後の片付け後、実家(山都町)に走った。私と海幸大介は健軍の花習舎(12月熊本公演の会場)に走る。劇作家協会の渡辺えりさん(女優)が熊本震災を心配されて劇場の様子や熊本の演劇人たちの様子などを知りたいと熊本に来られた。彼女は東北震災で被災された方々へのサポートや調査などを続けておられた。
花習舎に集まってきた熊本の演劇人たちの震災の話を熱心に聞いてくれていた。
義援金を本当に困っている方へ渡したいとのこと、頭が下がる。
お会いしたのは2005年の劇作家大会熊本以来だった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

え?半壊だったの?

2016-06-26 00:06:28 | モノローグ【エトセトラ】
要注意か半壊か?

住んでいた健軍のアパートの大家さんから「市役所に罹災証明を取りに行って下さい。」と言われた。

熊本地震による第一次外見調査では「要注意」の判定だった。「危険」判定であるならば、スッキリとアパートを引っ越すことにしたのだが、「要注意」だと中途半端な気持ちでモヤモヤしていたのだった。どう注意すれば良いのかもわからなかった。何か不都合なことがあれば自己責任だろうことは理解していた。
地震後の雨降りで雨漏りとカビの増殖で「こりゃたまらん!」と引っ越しを決意する。しかし出遅れた。物件がなかなか見つからないのである。
時間はかかったがなんとか見つかって今は一息である。

大家さんから言われた意味がやっとわかった。第二次調査で半壊と評価される可能性があるというのである。2週間くらい判定を待たなければならないが、その前に罹災証明をとっておかなければならないということがわかった。
賃貸契約者にも、いくらか知らないけれど、援助金か見舞金が出るらしい。
今のところ、それをあてにして良いのかどうか戸惑っているが、もらえるものだったらそれは助かる。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

劇は離脱からハジマル。

2016-06-25 12:45:54 | 九州「劇」派2016
6月24日(金)
ユニオンジャックはためくイギリスが国民投票でEUから離脱した。残留派と離脱派が拮抗していた。離脱派の勝利でEUはドミノ倒しのように解体されていくだろう。一国の損得優先の時代はナショナリズムが世界中に波及されるだろうと予想できます。民主主義や資本主義、国家社会主義だってナショナリズムとファシズムは内包されているのです。
数の暴力が露骨に表れる民主主義が人類の理想の政治経済の最高だとは思っていない。独裁も然り!
自然をなめてはいかんよ。豊かさも貧しさも、知恵も文化も自然の動きの中から大きく影響されているのです。
人間、おごることなかれ!である。

只今、「少女都市からの呼び声」(作 唐十郎)のスタートダッシュ稽古に入っています。
手術室で幽体離脱する。ここから劇はハジマル。
暗黙の内に登場人物は全体的に離脱する。劇が離脱するとは?
離脱で彷徨う世界が広がる。
ふむふむ、稽古場では理解し難いことが起こるのです。
これが劇だ。

ところで稽古場の空調機が壊れているのでとても暑い。暑ければ自力で体温を調整しなければドミノ倒しになります。
肌だ。裸だ。わっしょいわっしょい。
台本に書かれていないことが見えてくることもあります。
声をひそめて言おう。
「結果、台本通りです。」

拝啓 唐十郎さま、つづく。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日も雨だった

2016-06-23 00:23:52 | モノローグ【エトセトラ】
6月22日(水) 夜の中、モーレツな雨。
ワイパーを最強でフル稼動させて走っていると水中都市に迷い込んでいるようだ。
水の都クマモト。
被害を知ると浮かれている場合ではないのだが、天変地異の中にいるとテンションが上がる。何やら戦っているような気分である。戦争ではないよ。生きることに対してポジティブになれる。
外はモーレツな雨だが、3番目の孫ファミリーと会食している時は何があっても平和でなければ!
2才の孫が「はい、どうぞ。」と生ビールをジョッキで運んでくれた。日本語が出るようになった。
今日の会食は息子ファミリーのおごりだった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「ま」抜け?

2016-06-21 00:53:34 | モノローグ【エトセトラ】
6月20日(月) 夜の中の夜。
モーレツな雨が続き、土砂災害や川の氾濫警報が携帯メールでピーピー鳴っている。
天変地異?
孫のお宮参りで来熊していた新おばあちゃんが札幌市に無事に着いたと連絡があり、一安心だった。
なぬ?函館市で震度4!
北から南まで油断ならないねぇ。
こんな夜中に2番目の息子夫婦が住んでいるところから「もう浸かっていますけど。」のメールが届く。
娘のサキからは間抜けな写真が送られて来た。
危機の中、「みむめも」で癒されるよ。「ま」は何処へ?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お宮参り

2016-06-19 11:41:33 | モノローグ【エトセトラ】
6月17日(金)お宮参り。
4番目の孫=りくちゃん(女子)のお宮参り(藤崎宮)だった。
パパは札幌市出身であり、札幌市からも初おばあちゃんが初孫と会うために飛んで来てくれた。
聞くところによると北海道では神社にお参りする風習はないと言う。考えてみれば、元々、北海道はアイヌの国だったからだろうか。アマテラス神話とは違った独特なアイヌ神話がある筈。そんなことを思いながら、祝詞を聞いているのだった。
先日は函館でも震度5弱の地震があった。
この子が生まれたのは熊本地震の時だったよ!と言われながら育っていくのだろう。
私たちにしてみれば元気を頂いた大切な命の誕生だったと言える。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日々(ひび)。

2016-06-15 16:55:29 | モノローグ【エトセトラ】
6月14日(火)
あら、えっさっさーっ!天気はれ。お天道様が笑っている。
今朝から旧アパートに来て片付けています。閉め切っていた故か、ドアを開けるとカビ臭い。それもすぐ慣れた。この2ヶ月の日常だった。
男おいどん、二重生活もあと一歩で終わるでしょう。
それにしても要領が悪い。大きいものを先に運んでいたら新居も早く整理できただろうに!
グッドモーニングコーヒーを飲みながら、今日の作業手順を考えているだけで1時間以上過ぎてしまった。
さて、運び出すか!

6月15日(水)
劇団創立37年であります。
1979年のこの日、東京都新宿区早稲田鶴巻ハウス(6畳1間)で、劇団名は「ブラックホール」として立ち上げた。
劇団の名前は1978年の1年間、文芸雑誌(ガリ版印刷100部発行)「ブラックホール=黒い社交場」(熊本)をそのまま使った。
1979-1984年までを第一期、旗揚期間として「ポストアングラ劇」を掲げていた。
主な上演は「四畳半夢の下張」「乱 蜘蛛の糸」「黒い十字星」(作//上村源太)「ピンク中毒」「眠れぬ街」(作//夢現)「まことちゃん事件」「酔狂異人伝」「空中を歩く男」など小劇場を中心に行っていた。
37年か!今日の稽古が終わったら、ひっそり静かにお祝いをしようと思います。
ブラックホール→夢桟敷、九州「劇」派space早稲田演劇フェスティバル参加公演→そして再びブラジル公演2018へ向かいます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

雨の日は

2016-06-12 22:46:07 | モノローグ【エトセトラ】
引っ越し作業3日目!
ふー、筋肉痛。今日は雨で仕事にならず。雨読とします。
棚やタンスなどはカビやひび割れのアパートに置いたままだ。それが運べたら新居の道具整理としましょう。

夜、八代市で震度5弱?
川内原発はそのまんま稼働中。怒りが大きくなる。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

汗。

2016-06-11 00:30:14 | モノローグ【エトセトラ】
フー!
暑い1日だった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

引っ越し!

2016-06-10 05:32:40 | モノローグ【エトセトラ】
6月9日(木)
この1年半、如何に運動不足だったかが身に染みた。
アパートの階段登り降りで左足ふくらはぎがつってしまったよ。
筋肉労働は休み休みやれ!
今日は明日からの引っ越しに備えて荷物を乗用車に積み込んでいる。販売機の冷たい缶コーヒーが美味しい。地べたに座って飲んでいると風景が変わって見える。人間も景色の一部なんだと思う。
体をいたわるとは野生を取り戻すこと也。ぐーたらしていると体が腐るね。それにしても気持ちイイ汗だ。
万国の筋肉労働者を尊敬します。

今夜の筋肉はこれにてオシマイ。
いよいよ明日10日より引っ越し作業だ。
汗を流しながら同時進行で劇の防空頭巾の人たちのことも進めていた。
おやすみなさい。午前2時です。

6月10日(金)
新しい朝が来た♪「ラジオ体操の歌」より。

結局、眠れずに朝を迎えた。今日から引っ越しで興奮している故か?希望の朝だ。
カビから逃亡!アパート修理の騒音から逃亡!もうひとつオマケに地震トラウマからの逃亡!
この町(熊本市東区南町、健軍地区)は相性が良かった。気取りがなくて情け深い人たちが多いです。すぐに慣れた町でもあった。
4年前に長く住んでいた北区清水より、この町に住み着いて白内障を患ったり、直腸癌とリンパ節への転移が発見され切腹した。もうひとつオマケに震度6強と7を経験したよ。
一生に何度もないことだろう。
苦しい時にこそ人の優しさを味わったよ。
次は東区保田窪本町!……引っ越し完了まで10日くらいかかるだろう。とりあえず食う寝るところは新居で今日からスタートである。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

裏面史

2016-06-09 00:38:57 | 九州「劇」派2016
6月8日(水)

18:00-20:00 制作会議
⑴宣伝チラシ編集終了。担当のピーチマンション+higomaru.、お疲れ様でした。いよいよ明日、印刷屋へ回すことになった。
(2)予算案。今から全体経費の縮小を目指す。今日で60000円削れた。ビンボー人の工夫は舛添にはわかるまい。えへん。カネを使わない知恵がある。
(3)配役が決定した。想像を絶する役がある。それは当分ナイショである。もっと揉めると思ったのだが、根回しが効いていたね。東京の客演=新大久保鷹さん!がびっくりすることだ。面白いことになります。
2時間で3つの議題が解決した。「頂きました、星3つ、ありがとうございます。」

20:00-22:00
プロローグを飛ばして、台本(1)をあたる。
全裸だね。手術台の男、まんざらでもなさそうだった。
アリサワーッ!「ぼくはカッコイイことを目指しているのではありません。」と言った。ひひひ、気付かせてやる!
それにしても、「劇」派は美男美女が揃ったものだ。自画自賛?
見てくれ、役者を!アングラ劇は美しいのだ。
拝啓 唐十郎さま。この劇は宝塚歌劇の裏面史だとも思えます。「少女仮面」「少女都市」が台本の行間から「魔」のように現れてくるのです。つまり、ここに登場する怪物は革命家であります。マボロシの満州路線が「少女シリーズ」に代わる。男装の麗人が見える!と座長は言った。異議なしである。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

熊本公演 12月

2016-06-07 10:53:49 | 九州「劇」派2016
余震の数は少なくなったが、深夜と今朝、震度3と2があった。震源地は熊本。
今、住んでいるアパート屋根の改修工事は着々と進んでいる。もう、頭の上は大騒ぎさ。引っ越し開始まで4日!我慢、ガマン、夕日のガンマンである。主演はクリントイーストウッド。私は口が回らなくて、クリトリスウッド!と言ってお母さんたちから嫌われる。あの爺ちゃんには近づかないこと。実は子どもには人気があるのです。
この数日、ユニット九州「劇」派のチラシ作りのやりとりで賑わっていた。編集デザインはhigomaru.とピーチマンション。夜なべをして作っている。いよいよ明日、最終チェックで版下が完成する。higomaru.の原画はSpace早稲田演劇フェスティバル2016の公演資金にするために売ることになった。クラウドファンディングのリターンである。応援して下さい!

尚、熊本公演 決定!
「少女都市からの呼び声」
12月9日(金)19:00-
12月10日(土)13:00-//17:00-
12月11日(日)13:00-//17:00-
花習舎
熊本市東区東本町1-62 内村不動産ビル3F 熊本市電健軍電停そば。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加