山南ノート4【劇団夢桟敷】

山南ノート4冊目(2008.10.3~)
劇団夢桟敷の活動や個人のことなどのメモとして公開中。

時の流れを学習する

2018-02-22 16:51:11 | ブラジル企画2018(準備2)
昨日とおととい、大杉漣(66)さんと元劇団員の父上(72)様の訃報が飛び込み、動揺は隠せない。
年齢が近いということもあり、他人事でもないような気がする。
雪と氷のスポーツの祭典では日本がメダルを何個とったかで大騒ぎしている。
一拍おいて悲しみや喜びを見つめよう。

今は足元を固める。

Yumesajiki project in Brazil さかもとまり

昨日送られてきた大量の資料を整理中。
2/24ブラジル移民歴史学習会では出席者に配布する。
大いに劇作りにも裏付けとなる。
台本作成は予定より遅れているが、慌てることもない。
学習会が終わると台本の修正も詰まってくるだろう。
担当はproject代表の夢現こと坂本真里。
劇作りも学習会もタイムトラベルとして同じこと。

人が亡くなり、時代が移り変わり、世界中がバトンを渡し受け取ることに苦労してきたのだろう。
今を見るために劇はあり、歴史を学習する意味がある。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

事務局会議 ビーフ食堂にて。

2018-02-22 01:38:48 | ブラジル企画2018(準備2)
Yumesajiki project in Brazil 本田侃

事務局会議は肉のランチだった。食事代は事務局長のおごり。
阿蘇の赤牛は爽やかな草原の匂いがする、と知ったかぶりをしているが、黒毛和牛だったかもしれない。いずれにしても最高級A5ランクに間違いなし。…わさび醤油が癖になる。

今年、74才で俳優デビューの事務局長は通称 お父さんと呼ぶ。元劇団員タロ君の父だからそう呼ぶようになった。
サヤちゃん(デザインと女優担当)が描いたブラジル移民の父 上塚周平先生に似てきた。

劇団の事務所に戻ると、上塚周平顕彰会事務局長さんから4/24(土)に行なわれる「ブラジル移民歴史学習会」の資料が送られていた。感謝です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

若い力と

2018-02-21 01:54:09 | ブラジル企画2018(準備2)
Yumesajiki project in Brazil

Histórias do século de caleidoscópio
万華鏡 百年物語

若いメンバー加わる。
スタッフ&キャストは流動的ではあるが、4月までには固定される目処がたつ。

2/24(土)
ブラジル移民歴史学習会(城南火の君文化センター)近づき集中する。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

天草か?浅草か?…ドサクサである。

2018-02-20 12:00:05 | モノローグ【エトセトラ】
チョチョイのチョイと計画は立つが、いざ具体的行動になると金縛りに会う。
これは加齢現象か!…人はナマケモノと見做す。

スケジュール表の3/26(月)の内容が不明である。記憶喪失になったのだろうか?…まずい。メモには内容を入れるべき。
イベントや稽古・会議でないことは確かなこと。
きっと何かの〆切か?

2/24(土)ブラジル移民歴史学習会が目前となり、他のことが見えなくなる。
眼科に行こう。

今日は朝から連絡作業で潰れる。
どさくさに紛れて国民保険の取り立てを追い返してしまった。
スマンことをしてしまった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ズンチャッチャ

2018-02-19 07:10:28 | ブラジル企画2018(準備2)
ズンチャッチャの三拍子が鳴り響いて目が覚めた。
寝ても覚めてもズンチャッチャである。
昨日2/18より歌を書き始めた。
本来は2/24ブラジル移民歴史学習会やパンフレットの事務作業に追われているのだが、ズンチャッチャである。
陽気なジイさん、前へススム君。
それにしても額の皺3本が深くなる。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

国際ボランティアワークキャンプ8月

2018-02-18 17:47:46 | モノローグ【エトセトラ】
暖かい春の気配を感じる今日。…ふむ、私のこころにも芽吹くものを感じる。

昨日2/17(土)、熊本市国際交流会館にて第13回国際ボランティアワークキャンプの高校生実行委員会の会議に出席。
榊定信先生が仕掛けたワークキャンプは13回を迎える。そういえば、榊先生は今年で13回忌ではないだろうか?
次に関わるワークキャンプにご縁を感じながら、私も高校生たちのお手伝いすることになった。
高校生といえば年の差50。不安があったのでサヤ&アッキー大学1年生コンビにも同行してもらった。
これは大正解!…構えられることもなく、うまく打ち解けた。

ワークキャンプは8月11日-13日の2泊3日、国立阿蘇青少年交流の家。
「可能性〜創ろう みんなの未来」がテーマになっている。
基調講演は親しくしてもらっている興梠先生。
熊本の高校生や海外からの留学生で百人規模の合宿になる。

ワークキャンプシリーズ前の高校生国際交流イベントやユネスコの活動を手伝っていた頃から20年近く経っている。あの頃の高校生たちは今、30代半ばということか!
様々な分野で中堅どころとして活躍していることも風の噂で聞くこともあり、今の高校生たちと新たに関われることを思うと未来を感じる。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

見る・聞く・言う = 作る

2018-02-17 01:40:16 | ブラジル企画2018(準備2)
見猿 言猿 聞猿

ブラジル公演10月に向けて
グッズ販売のデザイン会議。
崇城大学芸術学部のサヤ&アキのコンビで作る。
4月から「金のなる木」で発表する。
デザインの内容は秘密。
出来てからのお楽しみにという訳だ。

あ〜、秘密を明かしたくて困った。…穴を掘って大声でで叫びたい。…王様は猿の目、口、耳❗️…スッキリ、すーすーすー。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2018-02-16 11:38:33 | モノローグ【エトセトラ】
事実は小説よりも奇なり、の諺がある。
ハテナ?事実は理不尽の塊か?
どうにもならない。コンチクショウ。…だから、奇と向き合う。
奇のない小説は飽きる。置き換えれば演劇もそうだ。
「ことばの時代」と言われて久しい。
演劇は音楽や美術も動員する。人も集まる。
事実の奇を拡大鏡で覗くことができる。

さてと、半系200メートル内にあるサラダモーニングセットを切り上げて、昼から稽古の大海に行く準備に取りかかろう。
夜は万華鏡と時間の旅がある。奇と戯れる。…夜を待つ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

学習会の定員まで残り僅かです。

2018-02-15 14:17:12 | ブラジル企画2018(準備2)
ブラジル移民の歴史学習会を開催します。
熊本は所縁深く、移民の父 上塚周平(城南町出身)の苦悩と第1植民成功を治めるドラマチックな学習会になります。

講師//栄田眞一先生
2月24日(土)14:00-17:00
城南火の君文化センター 第4会議室
参加費 無料
定員25名
予約 問 090-4581-5190
Yumesajiki project in Brazil
(注) 参加者完全予約制になっております。尚、JR水前寺駅より分乗して会場まで往復ご案内致します。

Yumesajiki project in Brazilでは
10月4日-10月13日にかけてサンパウロ州プロミッソン市政百周年(移植に成功した町)での演劇公演「万華鏡〜百年物語」を予定しており、舞台技術と出演者の若干名の追加募集をしています。
それに向けての稽古は4月より。それまでは制作業務と演劇基礎をテーマとしたワークショップ、移民の歴史を辿る学習会を行なっています。
興味のある方は是非ご参加ください。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

同期会 想

2018-02-14 01:25:45 | モノローグ【エトセトラ】
2/13(火)17:30熊本着。…見慣れた風景に落ち着く。
かぜ気味の座長が迎えに来てくれた。安心する。

下関の高校時代同期会に出席をして、熊本に帰り着くなりジワーとこころメモが滲み出した。

1968年4月入学(15才)といえば、虫に例えると幼虫がサナギに変態する時期だった。
ヘンタイたちは背伸びして脱皮。不完全な大人だった。…完全な大人っているのだろうか?そりゃないよ。
あっ、ソリャソリャソリャ。

今は同級生が65、66才だ。高齢者と認知されるようになっても脱皮はする。
会社員は退職して第2の人生を歩き始めている。

古道具屋、キャンピングカー暮らし、粗大生ゴミ、その日暮らし、議員、大学臨時講師、モノ書き、アルバイト、引きこもり、ソリャ様々。

成長か、退化か?…違いがわかる年齢になった。背伸びすることもないね。
曲がっても絵になる。

同期会は黙祷から始まった。
亡くなられた先生方や友人もいる。

目を閉じると天然色がシルバートーンになった。
社長だろうが、日影者だろうが、勝ち組負け組は関係なく、名前を呼び捨てで掛け合える。

ゼンシン、ハラダ、セキ、カツ、タケ、おい、テメエ、アホ、バカ、クソ…。

「おまえ、ツネの劇団に入れてもらえ!」
冗談だろうが、本気で受け止めた。役者に向いていると思えるからだった。コリャ、ホントーである。
「ギャラは払わない代わりに上納金は頂くよ。」

口が滑りっぱなしの愉快な同期会となった。

この同期会をお世話してくれた地元メンバーに感謝。
どうもお疲れさまでした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今から熊本に帰ります。

2018-02-13 12:32:06 | モノローグ【エトセトラ】
昨日2/12日、下関から熊本へ帰る予定だったが九州自動車道が積雪のため通行止め。
姉の家にもう一泊して帰ることになった。
今朝から姉の作品を眺めたりして、昼より熊本に向かう。
こころの洗濯になった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

高校の同期会

2018-02-12 10:29:24 | モノローグ【エトセトラ】
高校を出てから48年目。
今じゃ、訳あり高齢者♪サノヨイヨイ。
下関第一高校の同期会、昨夜2/11(日)60名が集まる。先生方4名のご出席。はっきり言って先生を友人と間違えた。(笑)
今の学校は下関中等教育学校となって中高一貫教育に変更されている。
校歌のメロディーはわかったが、歌詞は完全に忘れていた。当時より覚えていなかったのだろう。

思い出深いことばかり。…舌足らずなままこころの中に保管する。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

劇団石「水平線の歩き方」健軍

2018-02-11 02:02:12 | モノローグ【エトセトラ】
久しぶりの健軍。
ここに来ると熊本地震のことが思い出される。
健軍ホールも今年の1月に復旧して、今夜2/10は劇団石の演劇「水平線の歩き方」公演(作 成井豊 キャラメルボックス/ 演出 堀田清)を見る。

明日もあるのでネタバレ注意だが、良い意味で!チャラチャラパワーは、劇団石らしい真面目な芝居だった。
真面目さを見習わなければね。

チャラチャラチャラは偏見か?…すまんです、キャラメルさん。
私は1980年代以降の小劇場はチャラで一括りする悪い癖が抜けない。…人間が腐っているという自覚はある。加齢臭?否、発酵?
そのまま私もチャラチャラということ。小銭の音。

待ち時間に元住んでいたアパートのご近所さんに会う。白髪の人を見かけなくなって、どうしているだろうかと思っていたらしい。…地震を共に体験した強い絆を感じる。

終演後、近所の串カツ屋に行く。打ち合わせたようにゼロ相さんと合流。
健軍の街は焼き鳥や豚足の匂いが漂っていた。

劇団石さんの記念写真を撮ろうと思っていたのだが、結局、舞台緞帳と店での記念写真になった。

明日は14:00開演。
私は下関へ!高校時代の同期会へ走る。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

預りのアリス

2018-02-10 13:00:30 | モノローグ【エトセトラ】
昨夜から別のアリスがお泊り。
泣いたアリスがもう笑ろた。
アンパンマンを買いに行こうか!
モノで釣るとは!
爺は人間として腐っているではないか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

学習会の打ち合わせ

2018-02-09 17:33:31 | ブラジル企画2018(準備2)
事務局長と2/24学習会の打ち合わせで城南町に走る。
講師 栄田先生にチラシをお渡しして、当日は大変お世話になります。
お会いすると安心感が膨らむ。
ブラジル 公演に向けて、団体の後援や会長の協力スタッフとしての要請に快く承諾して頂ける。
当日の司会は座長。
学習会は種まきになります。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加