山中山岳会ブログ

山中温泉にある山岳会です。
石川県の方がたくさん入っています。
毎週活動を行っています。

市谷八幡神社秋季祭と蟹ノ目山登山口草刈り

2016年09月19日 | 日記
 平成28年9月19日 曇り後小雨

 昨日の止むことのない大雨で大聖寺川は増水しています。



 数年前から秋祭りだけの八幡神社の草刈と掃除で神主の到着を待ちます。

 もう50年余りの恒例行事です。
 




 先週に蟹ノ目山山頂に看板を立ててから、多くの皆さんが登っているとの

 ことです。有難うございました。







 今日も登山口、下山口の草刈をしました。これから秋の彩が進み白山に

 冠雪を見る10月中旬ごろからがこの山が一番輝く時です。

 多くの皆さんに蟹ノ目山の登山を楽しんでいただきたいと思います。





 携帯の基地局が10月末の完成を目指して進んでいます。



ヤマレコはこちらからhttp://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-959559.html

この蟹ノ目山は深田久弥さんが昭和2年に深田印刷から出した故山とゆう冊子の中で

 四十九院の沢から登り藪を漕ぎ689mの山頂を越えて標高600mの一の谷峠(荒谷越え)を経見て微かに

 道があると書いてあります。おそらく大正の後半に登山されたと思います。

 三角点設置は昭和32年ですから道も、三角点もない頃の貴重な記録です。

 山名の由来については山頂に大きな木が二本あり、あたかも蟹の目の様であり

 そこから地元の人が付けたとあります。又蟹はこの地方ではガ二とも呼ぶことから

 がにのめやま、蟹の目山となったそうです。現在は蟹ノ目山と表記しています。

 近いうちにこのルートから登ってみるつもりです。

 又、以前に明治29年生まれの古老から聞いた話では東谷奥村の村長選挙の時に夜

 四十九院から峠を越えて市の谷に来たともあり、道があったのかもしれません。

 興味深いですね。皆さんも是非訪ねてください。

 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 蟹ノ目山689mの山頂に看... | トップ | 深田久弥さんが大正7,8年... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む