低山徘徊と自転車散歩

山も自転車も一人で行動しています。その時の、写真と短文による、記録です。

金山城シリーズ:本城(実城)≪本丸・二ノ丸・三ノ丸・御台所曲輪・南曲輪・日ノ池≫ その1 城郭用語

2017年05月26日 | 金山城

本城の説明板(新田神社参道)

 金山城は金山丘陵全体に築かれた雄大な山域であるが、重要部分は、本城・西城・坂中城・八王子山矢倉台の四城郭である。( 本丸跡の「金山城跡」説明板を引用。)

 実城とは本城の意で、本丸、二の丸、三の丸、御台所郭、南郭(釘貫という)に囲まれて一段低い日の池の郭がある。(「太田市史 通史編 中世」を引用。)


 金山城シリーズでは、金山ハイキングコースで見られる金山城の遺構を紹介していこうと思っています。

 小さな沢が「堀切」に見えたり、わずかな平場が「曲輪」に見えたり、石積みが金山城時代の「石垣」に見えたりします。

 紹介する遺構は、想像したものもあり、あてになりません。ハイキングの参考になれば幸いです。


参考資料
 「太田市史 通史編 中世」と付図「史跡金山城跡縄張復元図」太田市発行

 「金山城と由良氏」太田市教育委員会発行
 「国指定史跡金山城跡」他 太田市ホームページ
 「戦国史 上州の150年戦争」簗瀬大輔編 上毛新聞
 「新田岩松氏」峰岸純夫著 戎光祥出版


城郭用語

縄張り
 
城郭の設計・計画のこと。曲輪や虎口の位置、土塁、堀切などの防御施設の配置を言う。

曲輪(くるわ) 
 「郭」
とも言う。地形によっても異なるが、丘陵や尾根を切り盛りして土塁や棚、堀で囲み居を構えた平場を言う。

 金山城の曲輪としては、実城・西城・坂中・北曲輪・根曲輪・中城などが戦国時代の資料に、本丸・二ノ丸・三ノ丸・御台所・馬場などが江戸時代の絵図に記されている。馬場下・裏馬場・物見台・西矢倉台等は昭和9年の史跡指定時に命名された。
腰郭・袖郭・帯郭
 
斜面に築いた平場で、これを数段築いて敵の侵入を防ぐ。

虎口(こぐち)
 城や曲輪への出入り口で、防御と攻撃の機能を備えるため土塁を巡らせたり食い違いになっていたりする。
土塁
「土居」
とも言う。曲輪などのまわりに巡らす防御施設。土を高く盛って、その上に柵や堀をまわしたものが一般的である。

堀切
 
堀には水堀と空堀がある。堀切は山城に使われている堀で、尾根を断ち切って簡単に通行できないようにした曲輪を守る施設である。

大手(おおて)
 「追手(おうて)とも言う。城の表口のこと。
搦手(からめて)
 大手以外の入口を言う。金山城では、大光院や金龍寺のある谷筋が大手、長手などの谷筋が搦手とされる。 
御台所(みだいどころ)
 城の配膳室。
 ①大臣将軍家など貴人の妻に対して用いられた呼称。奥方様の意。御台盤所(みだいばんどころ)も同じ。「御台」は身分の高い人の食事を載せる台の事で、「台盤所」とは宮中貴族の邸宅の配膳室を指し、台所はその略で調理する場所を指した。(「Wikipedia」を引用。)
 ②この池(日ノ池)は、築城当時の水の手の泉を堰き止めて造成したと推定され、野面積(のづらづみ)の石垣で囲まれている。周囲にある幾つかの井戸は、池水の浸透濾過を利用したもので、この水の手といい御台所郭の名といい、持久籠城の設備に怠りのなかったことがうかがえる。(「太田市史 通史編 中世」を引用。)


本城(実城)の遺構と配置図

本城(実城)に含まれる遺構
 本城の説明板に、本城の広さは1万坪(180ⅿ×180ⅿ)とある。その広さの中に本丸、二ノ丸、三ノ丸、御台所曲輪、南曲輪、日ノ池が含まれる。
 大手虎口とその内側も1万坪に含まれるが、「太田市史 通史編 中世」の本城に関する説明文に含まれていないので除いた。

遺構の配置図「金山城と由良氏」太田市発行の遺構配置図を複写
 この図では、本丸を実城としている。現在、実城の場所に「本丸阯」の石製標識柱がある。
 この図の三の郭(三ノ丸)の位置は、「史跡金山城跡ガイダンス施設」の地図と同じであるが、参考にした資料、現地案内板には異なっているものもある。
 この「金山城シリーズ」では、実城とは本城の意とし、三ノ丸の位置はこの図の位置とする。



現地案内板(南曲輪の史跡金山城跡案内板

 三ノ丸の位置が、上記の配置図と異なっている。


以上  

ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 金山ハイキング 自動車道を... | トップ | 金山城シリーズ:本城(実城... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

金山城」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL