ホームスクール萩丸

【塾の紹介】生徒が自分自身の判断で学習が出来る様になる為の長期的な視野にたった親身な指導を目指しています。

記事のタイトルを入力してください(必須)

2017-06-14 07:15:28 | 日記
本日より「ホームスクール立場」から「ホームスクール萩丸」に変更しました。更新の仕方がやっと分かり変更が出来ました。萩丸の交差点に近いのでこちらの方がスッキリ感があります。

昨日の記事に高校野球にもタイブレーク制が来年の選抜高校野球からの導入が決まったらしいです。日本高校野球連盟は47都道府県の高野連へタイブレーク制導入についてアンケートを実施して結果は賛成が38、時期尚早が2、回答無しが7だったそうです。

今年の選抜高校野球で2試合連続の延長15回引き分け再試合があり、選抜後には日本高野連へ電話などで、タイブレーク制導入に賛同する意見が増えたとの事です。

ご存知の通り夏の甲子園で日本ハム斉藤選手とヤンキース田中選手との延長15回引き分け再試合、松山商業と三沢高校の延長18回引き分け再試合、私たちは桐蔭学園と秦野高校の延長18回引き分け再試合などがあります。

メジャーリーグからの投球数過多の意見からこの様な方向になってきたのではないでしょうか。

ある年の神奈川県予選で慶応高校エース、準エース合わせて5人体制で試合に挑みました。各学校に3~5人の投手育成を推奨するような案はどうでしょうか。勿論、勝つ事を考えての案です。最低3人いれば先発、中継ぎ、抑えとして起用できます。例えば先発は6回まで、中継ぎは7、8回、9回は抑えという具合にです。

生徒自らがそれぞれの役割を学んでもらいます。野球教科書、野球雑誌、野球の解説を聞いたり観たりする。特にメジャーリーグは役割分担が確立されているのでかなり参考になるのではないでしょうか。当然健康についても学んでもらいます。

こうすることによって選手の肩の損傷は少なくなると思いますし今まで通り延長15回で引き分け再試合が可能になるでしょう。選手の皆には悔いのない試合をして欲しいし試合に出れずに応援しいる生徒も納得出来ると思います。伝えられない事は多々ありますが次回にまわしましょう。

皆さんのご意見は如何でしょうか。是非、お聞かせ下さい。
ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「環境」の続きです | トップ | ドラマ »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。