異形の旅 Strolling for watching fantastic things!

いろいろな旅先で出会う異形の風景を味わう。

鳥取見聞録 相生・立川・国府町

2017-08-10 20:26:18 | Weblog
鳥取市相生から立川を通り、鳥取市国府町の「因幡万葉の歴史館」までを歩く。立川近辺の沿道には古い蔵がある古民家が残る。天台宗大雲院が威容を誇る。また鳥取市立川町7丁目101番地には三洋テクノソリューションズ鳥取株式会社があるが、もうすべてが過去になりつつある。時間の流れは当たり前を侵食していく、時代は絶えず動いている。歴史が確かに流れている。岡山駅前にも林原本社は売却され現在はイオンビルになっている。
The time changes.

立川稲荷
















立川大橋のたもとにある塗屋造の吉村家住宅は、この界隈のランドマークであり、1998(平成10)年に国登録有形文化財(建造物)に指定されている。これらの建造物は明治中期頃に建築されたものだということです。立川大橋というが、普通の橋よりも小さい。(大阪の百済大橋を思い出す。これも「大橋」というが「駒川」に架かる小さな橋だ。百済駅、百済小学校もある。やはり大阪は韓国朝鮮文化が濃い場所だ。)

















三洋テクノソリューションズ Panasonicも手を引いた
 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« オランダ見聞録 容認する国 ... | トップ | 鳥取見聞録 立川・国府町「因... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事