山本ひろふみの一歩、一歩。

京都市会議員山本ひろふみ(伏見区選出・民進党・40歳)の日々の雑感、活動の報告等を綴ったブログです。

2月集中審議始まる。

2017-02-23 18:02:11 | 議会報告
昨日、本会議が開かれ、2月の集中審議期間が始まりました。期間は3月24日までです。今回の期間中に議論するのは大きく4つ。
①平成28年度補正予算
→緊急の待機児童対策や水垂運動公園(仮称)の整備に向けた検討など49億5800万円
②平成28年度分の条例の制定・改廃
→規制緩和を含めた建築基準条例の改正や、京都市美術館・市役所分庁舎の整備に関する請負契約など37件
③平成29年度予算
→一般会計7669億円、特別会計6597億円、公営企業会計2632億円、合計1兆6897億円が提案されています。
④平成29年度分の条例の制定・改廃
→平成30年4月から自転車の保険加入の義務化をする条例や、中央斎場の使用料値上げの条例、4月からの「子ども若者はぐくみ局」の新設に関する条例など30件

大変厳しい財政状況のもとに編成された平成29年度予算です。私たち議員団一同、市民の皆様の声をまっすぐに市政に届けるため、各委員会で発言をしてまいります。

3月1日に行われる各会派代表による本会議質疑では私たちの会派を代表して山岸たかゆき議員と隠塚功議員が質疑に立ちます。KBS京都テレビ、インターネットでの中継も行われますので、ぜひともご覧ください。

本会議終了後は、昨年秋に行われた海外行政調査の報告会が本会議で行われました。

その後はさっそく、まちづくり委員会。
早急に議決の必要な「議題284号京都駅南口駅前広場整備工事(道路改築工事)請負契約の変更について」について審議を行いました。
先日グランドオープンした京都駅八条口駅前広場。防音対策や工法の変更に約3200万の増額変更。見積もりが甘かったのではないか?増額の理由は?などなどの質疑が行われました。

今日は、平成28年度補正予算の審議。
私が所属する第二分科会では保健福祉局、都市計画局、建設局、教育委員会が所管する予算に対して質疑を行いました。


それではまた。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

京都市会議員
山本ひろふみ事務所
〒612-0087
京都市伏見区深草紺屋町4-6 エトワール伏見1F
電話 (075)646-3966
FAX (075)643-6618
メール office@yamamoto-h.net
ウェブサイト http://www.yamamoto-h.net
Twitter 「yamamotohiro319」
Facebook 「yamamoto.hirofumi」

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

京都マラソン2017。

2017-02-19 16:17:46 | Weblog
恒例になった京都マラソンも今年で6回目。
私は地元の体育振興会の一員としてボランティアとして参加。


昨年と同じく、29キロ地点です。
今年は天気も良く、風も強くなく、ランナーの皆様にとってはこの時期にしてはいいコンディションだったのではないでしょうか?

これまでと少し違うなと感じたのは女子中高生?のギャラリーが多かったという事。
聞けば、人気のアイドルがランナーとして走るとの事。


この人だそうです。

皆さん、お疲れさまでした。


それではまた。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

京都市会議員
山本ひろふみ事務所
〒612-0087
京都市伏見区深草紺屋町4-6 エトワール伏見1F
電話 (075)646-3966
FAX (075)643-6618
メール office@yamamoto-h.net
ウェブサイト http://www.yamamoto-h.net
Twitter 「yamamotohiro319」
Facebook 「yamamoto.hirofumi」

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東アジア文化都市2017始まる。

2017-02-18 17:25:42 | 日常活動
今日は午前中、伏見区役所で行われた第9回伏見〜るかるた大会へ。
私も何度か参加をさしていただき、参加をさせて頂く度に審判の大役を仰せつかりますが、子供たちはもちろん真剣そのもの。


伏見にちなんだ読み札と、絵札。
みなさん、「上毛かるた」をご存知でしょうか?
私の大学時代の同級生に群馬県の出身者がいて、群馬県民は全員上毛かるたを言えると誇らしげに語っておりました。
伏見区民は全員伏見〜るかるたが言える?かどうかは別にして、地域で共通の価値観を持つという事は郷土愛にもつながるのではないでしょうか?

午後からはロームシアターで行われた、東アジア文化都市2017京都開幕式へ。
国家感では解決困難な課題に対して、都市間の文化交流で平和を築いていこうという取り組み。歴史都市会議にも通じる理念です。


京都、中国の長沙市、韓国の大邱広域市が連携を取り合い、これから11月までのおよそ9ヶ月にわたって、様々な文化交流が行われます。
今日は各地域の紹介VTRや、民族舞踊が披露されました。
また、開幕記念コンサートとして、立命館大学出身の「くるり」によるコンサートが行われました。


それではまた。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

京都市会議員
山本ひろふみ事務所
〒612-0087
京都市伏見区深草紺屋町4-6 エトワール伏見1F
電話 (075)646-3966
FAX (075)643-6618
メール office@yamamoto-h.net
ウェブサイト http://www.yamamoto-h.net
Twitter 「yamamotohiro319」
Facebook 「yamamoto.hirofumi」

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

子育て支援が日本を救う。

2017-02-13 21:20:33 | 日常活動
今日はあっち行ったり、こっち行ったり、、夕方からは長岡京市で行われた政策勉強会へ。
講師は「子育て支援が日本を救う」の著者、柴田悠京都大学准教授。


私もかつて、著書を拝読したことがあったので、参加をさせていただきました。


この表は「労働時間を週2時間短縮」「大学学費軽減(+1.7兆円)」「保育・幼児教育の拡充(+1.4兆円)」すれば出生率が+0.345%、労働生産性+0.96%、子どもの貧困-2.18%となる分析結果。


更に、子育て支援の充実は経済成長率の向上や、自殺率の低下にもつながるという分析結果も。

もちろん、自ら、粗い試算ですが・・・と前置きしたうえでの議論ですが、諸外国の事例も含めて、納得できる内容です。

京都市では4月1日時点、国基準で待機児童0を3年連続で達成してはいますが、年度途中からは待機児童が発生しております。

国では最近、主要政党が大学の学費の低減、給付型奨学金の議論も始まっています。
「子育て支援は福祉だけではなく、経済政策でもある」この政策が結実するにはまだしばらくかかるかもしれませんが、私はこの方向性は正しいと確信しています。
もう一つイデオロギーの問題、一般的な左派が主張する福祉の充実と、一般的な右派が主張する経済成長。
この「壁」を乗り終える一つの解になるかもしれません。

最近、読んでいる本は「子どもの貧困が日本を滅ぼす」という本。
これも貧困問題と経済政策を一体的にとらえた政策です。


それではまた。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

京都市会議員
山本ひろふみ事務所
〒612-0087
京都市伏見区深草紺屋町4-6 エトワール伏見1F
電話 (075)646-3966
FAX (075)643-6618
メール office@yamamoto-h.net
ウェブサイト http://www.yamamoto-h.net
Twitter 「yamamotohiro319」
Facebook 「yamamoto.hirofumi」

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第19回まちづくり委員会。

2017-02-09 17:49:26 | 議会報告
本日は、私が委員長を務めさせていただいております「まちづくり委員会」が10時から行われました。

【都市計画局】
○報告案件(3件)
・ニュータウン活性化の取組について
→京都市が有する向島・洛西の大規模ニュータウンは、全国のニュータウンと同様、人口減少、少子高齢化が大きな課題となっています。今年度、都市計画局が中心になり、洛西ではアクションプログラムが、向島ではまちづくりビジョンを策定すべく、地域において数度にわたり会議、ワークショップ等が行われ、概ねまとまりつつある現状について報告がなされました。
それぞれのプランにおいて洛西では「来て・観て住み続けたくなるまち洛西ニュータウン!~訪れる人にも、住む人にとっても魅力的なまちを目指したアクション~」、向島では「誰もが活き活きと暮らせる向島ニュータウン~暮らし心地を誇れる「多文化・多世代共生」のまち~」を目指すまちの姿にまちづくりが進められます。
向島においては地元の方から要望をいただき、かねてから委員会でも要望してまいりました向島中央公園の再整備なども盛り込まれています。

・「京都市空き家等対策計画(素案)」に関する市民意見募集の結果について
→平成27年5月、国において「空家等対策の推進に関する特別措置法」が全面施行され、法に基づく空き家に係る調査や指導等が実施できるようになったことを受けて、京都市では今年度中の「京都市空き家等対策計画」の策定に向けて、12月15日から1月23日にかけて、パブリックコメントが行われ、237名から829件の多くのご意見をいただきました。その詳細についての報告がなされました。

・(西大路地区)「バリアフリー移動円滑化基本構想(素案)」に関する市民意見募集の結果について
→かねてから、その構造上の問題からバリアフリー化がなかなか進まなかったJR西大路駅を中心としたJR西大路地区ですが、昨年12月バリアフリー化にについて素案がまとめられ、12月15日から1月23日の間、パブリックコメントが行われ、その結果の報告がなされました。
今回の計画では駅の北側に橋脚をかけ、エレベーターなどを設置する計画ですが、既存の南側の駅舎のバリアフリー化については今後の課題として今回の計画に盛り込まれておらず、地元からは強い要望も寄せられています。

○一般質問
・歩くまち京都総合交通戦略の進捗について
・子育て世帯や、貧困世帯に対する住宅政策について
・木造住宅密集地域の防火対策について など

【建設局】
○報告案件(1件)
・道路のり面維持保全計画(第一期)(案)について
→平成8年、9年に作成された道路のり面の防災カルテ、その時点で、対策が必要とされた560カ所について、今年度末までに158カ所が対策済みとなりました。今後の効率的な防災対策の推進の為に、今回、残りの402カ所と、その他の維持管理について保全計画(案)が策定されたとの報告をうけました。

○一般質問
・仁和公園の代替公園について
・宝ヶ池公園について

やはりニュータウンや、空き家対策、西大路駅周辺のバリアフリー化など、生活に身近な問題は議論にねつが入ります。


さて、いよいよ来年度予算等を審議する2月の集中審議期間が、15日告示、2月22日の本会議から3月24日までの日程で行われます。本会議代表質問は2月28日、3月1日の2日間。私たちの会派からは山岸議員と隠塚議員が質問に立ちます。
是非ともご期待ください。


それではまた。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

京都市会議員
山本ひろふみ事務所
〒612-0087
京都市伏見区深草紺屋町4-6 エトワール伏見1F
電話 (075)646-3966
FAX (075)643-6618
メール office@yamamoto-h.net
ウェブサイト http://www.yamamoto-h.net
Twitter 「yamamotohiro319」
Facebook 「yamamoto.hirofumi」

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
コメント
この記事をはてなブックマークに追加