たんじゅん試行 ワイワイファーム!

たんじゅん農全国世話人の元で露地・ハウスで試行中。
食品会社退職後2014年農業へ(たんじゅんは2015.12月~)

3日ぶりの畑

2017-05-15 21:30:00 | 緑肥

201705015

この日は3日ぶりの畑でした。13日は待望の雨、当地最寄のアメダスでは24.5mmとまとまった雨となり、翌14日は母の一周忌法要でした。この日も畑に出るとパラパラと降り始めたりで、不安定な天気でしたね。

見出し画像は本日持帰った収穫物。大きくなり過ぎたダイコン、倒伏を始めたタマネギ、莢が丸々と太ってしまったエンドウ豆でした。特にダイコン(タキイの「三太郎」)は家内も処理の戸惑うほどの大物になってしまいました。これは中の畑のハウス内で収穫したものでこんなダイコンがあと6~7本ある。ハウス内は昨年秋から地主さんに借受けているのだが、それまでの肥料分がまだまだ残っているようで、とにかく大きな立派な作物になってしまう。肥料分が早く抜けてくれるといいのだが・・・。でも虫や病気は今までのところ発生していない。

一方、東エリアの”不毛地帯”には13日の雨もあって、不毛地帯(西)には最初に播種したするゴーらしきものが芽が揃ってきている。

上のソルゴーの東側にも、最初のソルゴーであろうと思われるものが所々に出ている。トラクターで土均しをしたために大半の場所で発芽前の種や苗をかき混ぜてしまった可能性はあるが、トラクター処理後に再度ソルゴーの種まきをしたので新たに芽は出るはずなのですが、さてどうなりますか楽しみです。下の画像、手前が最初のソルゴーで芽が出揃ってきている畑。奥はトラクターで均して2回目のソルゴー播種をしたエリア。

不毛地帯の隣には、前年のキクイモがとれた場所ですが、キクイモの新しい株が密集していました。

『家庭菜園』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 雨の前にソルゴー播種 | トップ | 自宅脇畑 虫天国 畑まだまだ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL