たんじゅん ワイワイファーム!

たんじゅん農で露地栽培を試行中。
無農薬・無肥料で自然の法則を学びながら追求中。
食品会社退職後に農業へ。今年3年生

キュウリ・トマトの移植

2016-10-19 21:00:00 | 育苗

先日、移植したキュウリ。

移植翌日に私が所用でハウス温度管理に行けないことがありました。その際温度が上がり過ぎての環境変化に対応できなかったのか、4株の内、3株は活着しませんでした。この失敗を繰り返さないように特に移植後数日間の温度管理はきちっとしたいと思っています。

場所は、前回のキュウリを移植した後にトマトを4株

更に、前回よりもより大きく育っているキュウリ苗1株(画像の左)を、前回の移植で活着したのであろうキュウリ(画像の右)と並べて移植しました。

少し、トマトやキュウリ苗がどうなっていくのかを見ていきたいと思います。

またこの日、これまで竹が不足して溝を埋めきれなかった場所に対し、追加で竹を伐採し埋設して溝を埋めきることができました。更にハウスの側面にあった雨が降り込んだ際の溝も埋め立て、ハウス内の東側は土を平坦にすることができました。

これは前日からSさんのところに、たんじゅんの経験をしたいと転がり込んできた京都出身の若者Oさん(24歳)の応援もあり埋め立てもできました。

『家庭菜園』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ハウス ナスの整枝 | トップ | ハウスの溝埋戻しと平坦化 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL