ショット

見えないものを見る 感じたことを写真と文章でつづる暮らしと自然のフォト日記

映画「花戦さ」

2017-06-14 17:54:33 | フォト日記


秀吉役の猿之助が金正恩に見えたり 
トランプに見えたり 安倍さんにも見えたりした 

ということは千利休は前川文科前事務次官ってことか
とすると池坊専好はいつ現れるのだろうかと現代を見てしまった

戦国時代に花を立てた池坊専好の物語「花戦さ」
のぼうの城の野村萬斎が演じている

豊臣秀吉の乱心に刃ではなく 花をもって仇討する
花を生けることで 人の心を救う京都の花僧

庶民の教養とユーモアは独裁者の暴走を阻止できる
という 今も通用する教えだったのだ

映画を観ると花を活けたくなってくる
題字は金澤翔子さん

ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 居酒屋「岡むら」 | トップ | つもりはなくても歩いていた »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (きなこ)
2017-06-14 21:10:40
生け花の先生から映画のチケットを買って持っています。
映画に行く事は少ないのですが、これは行こうとして時間を調べたりしているところです。
良さそうですね。
きなこさんこんばんは (山水)
2017-06-14 21:40:43
そう言う人から買うと高いような気がしますがいかがですか
良い映画でした 仏壇を飾る花に癒され 仏僧が権力者の気持ちを変える心地よさ
「おんあぼきゃ べいろしゃのう まかぼだら まにはんどま じんばらはらばりたやうん」
が何度も流れました 少し違って聞こえましたが私が違っていたのでしょうか
観てきてください
Unknown (yuko)
2017-06-15 07:07:48
そんなふうに見たらさらにおもしろく鑑賞できますね
松江では上映してない><
yukoさんおはようございます (山水)
2017-06-15 07:18:24
製作の意図も同じかもしれません
Unknown (きなこ)
2017-06-15 08:40:16
チケットは60才以上価格でした。
お経聞いてきますね。
今日から娘がおちびを連れて帰省します。 ペタンクはお休みします。

きなこさんこんにちは (山水)
2017-06-15 13:13:29
シニア料金1100円はありがたいですね
それにポイントがたまるので割り引き率が向上します
ペタンク待っていましたが見えられず残念です
午後からは勝友さんの般若心経の話を聴きに行きます

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む