夢四十渓流釣行記

北海道の渓流で夢を見てます

鉄道模型…

2016-11-05 | その他
いつも御覧頂きまして有り難うございます。
m(__)m

しかし…最近は釣りに行ってもおりません、昨年10月末に注文したロッドもまだ届いておらず、何か書きたくてもネタがサッパリな状況です。
m(__)m

せいぜいバンブースピニングのグリップの両端を少しシェイプした位でして…

握りをミッチェル408に合わせたせいか、カーディナル33Xではリングが弛みやすくなってしまいました。
f(^_^;
バンブーにはミッチェルが色々と良いみたいです。

ではまた「別の趣味の話し」でも…ご容赦下さい。

私は鉄道が好きだと以前書きました、それも現行車両ではなく昔の車両が好きなのです。
昨年11月、tomixと言う鉄道模型メーカーから
「キハ82北海道仕様」が発売され即購入しました、リアクション・バイトです(笑)


基本セットに増結セット、バラ3両で合計10両編成です。
家内にブチブチ言われました(爆)




昭和の時代、乗った事はありませんが列車番号1D…
エース・ナンバーを背負って函館からはるか釧路までを走った「特急おおぞら」に仕立てています。


私が実際乗る事が出来たのは同じ車両を使用し、小樽経由で函館と旭川を結んだ「特急北海」でした。

確か9歳の時ですが、母方の祖父母が暮らしていました長万部から倶知安までを一人乗りました。

まだ幼かったので列車編成がどの様なモノか良くわからず、10両編成中僅か2両しかないほぼ満員の自由席車で、車掌さんの計らいにより見知らぬ人と相席で乗った事を今も覚えています。

車内に広がる弁当の空き殻、ボトルに入ったお茶殻、煙草や乾物系が入り雑じった臭い…

人によっては不快に感じる臭いでしょうが、子供ながら「これが旅の香りなんだな…」と思いました。
これ等に「森林香」と「生魚の臭い」が加わると私の車の臭いになりますw

いや、掃除もしてますからそこまで酷くは…(笑)

この模型を見ていると、乗った日の思い出が甦ります、旅の香り、山線の景色、ニセコ連峰や羊蹄山、尻別川の大きな流れ…

家に着いてからオフクロに「なんでこんな朝早い時間の列車に乗って来たの?婆ちゃん大変だったでしょ」と叱られた事も(笑)

今にして思えば、ごもっともです…m(__)m

長万部発6時23分、倶知安着7時49分でしたし…

一番忘れちゃいけない、初孫でワガママな私に限りなく優しかった爺ちゃん、婆ちゃん…

二人とも、もうこの世には居ません。

模型は「大切な思い出」を呼び醒ますツールになっています。
やっぱりこの模型も「特急北海」にしよっかな。


余談ですが…先日家内が列車に乗って出かける用事があり、鉄道模型を時々走らせてる私を「列車なら何でも好きなんだよね?(*^^*)」と勘違いしてこんな写真を撮ってくれました(爆)

まぁ…優しい妻です(笑)
スーパー北斗


北斗


そんなこんなで元気に過ごしております。

何のブログか分からなくなる前に(笑)
冬の釣りに行かなくちゃ…です。
f(^_^;





ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« トンボ… | トップ | 2016年もあと少し…  »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。