政治の季節【稗史(はいし)倭人伝】

稗史とは通俗的な歴史書等をいいます。
現在進行形の歴史を低い視点から見つめます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

麻生内閣存続の恐怖

2009-08-04 06:03:29 | 麻生太郎
もし、今度の総選挙で自民・公明が過半数を確保すれば多分麻生内閣が続くことになる。
総選挙での勝敗ラインは自公、民主・社民・国民新党両陣営それぞれが衆議院の議席の過半数というところが共通の認識になっているようだ。
妥当なところであろう。
そしてもし自公で過半数が確保できれば、麻生をやめさせる口実がなくなる。
わたしたちは四年間あの麻生の嫌な顔をみ、あの嫌な声を聞き続けなければならない。
もし麻生・自民党が政権を維持したとすれば、彼等は自民党永久政権を作るためにありとあらゆる方策をとるだろう。
警察・検察・裁判所・マスコミ・御用評論家・御用学者・御用都道府県知事・中央省庁・地方自治体等々動員できる限りのものを動員することであろう。

民主党が政権をとっても、政権運営につまずけば次の選挙で政権を取り上げることが出来る。
しかし、自民党の場合はそうはいかない。
自民党は今回かくも民主党に追い込まれた。
その恐怖は骨身にしみたはずである。
彼等はその恐怖に懲りて、それを事前に防ぐために何でもしてくることは間違いなかろう。
小沢事件が教訓になっている。
多くの人が国策捜査・不公平な捜査であると検察を非難したが、検察も自民党も何の痛痒も感じていない。

今多くの国民は民主党政権が実現するだろうと考えている。
しかし、自民党政権が続いたときの恐怖を余りにも軽視し過ぎているように、思えるのである。
自民党や官僚たちのいざとなったときの恐ろしさを肝に銘じておく必要がある。

good loser という言葉がある。
潔い負け方をする人というような意味である。
反対は bad loser である。
自民党の悪あがきを見ているとついそんな言葉を頭に浮かべてしまう。

あれほど民主党のマニフェストについて、財源が不明確と攻撃してきた自民党であるが、その自民党のマニフェストはさぞかし明確な財源を手当してあるものと思っていたら、サッパリ見あたらない。
その自民党マニフェストをみて思ったことをいくつか記したい。

自民党のホームページをのぞくと、
”自民党の政策「皆さんとの約束」”というのがあり、要約版と政策BANKの二つが載っている。
これがマニフェストなんだろう。

1 安心な国民生活の構築

「中福祉・中負担の社会保障制度を構築する」


以前から麻生が言っていることだが、中福祉というのはどの程度のサービスを受けられるのか、一切の説明がされてこなかったし、今回も同じである。
健康保険、年金、生活保護、介護、育児補助等々に関し、中福祉の具体的な水準は不明のままである。
そして中負担とは国民にとってどれだけの負担を考えているのか、一切言及がない。

4 雇用対策
  70歳はつらつ現役プラン
働く意欲のある高齢者の方々が生涯現役として働きやすい環境を整え
「70歳現役社会──生涯現役社会」を実現する。


死ぬまで働かせるということらしい。
どうやら先日のあの発言はうっかり失言というのではなく麻生の持論、自民党の政策であったらしい。

<麻生首相>「高齢者は働くことしか才能ない」 野党が批判 (Yahoo Japan ニュース 7/25)
麻生太郎首相は25日、横浜市内で開かれた日本青年会議所(JC)の会合で「日本は65歳以上の人たちが元気」としたうえで、「元気元気な高齢者をいかに使うか。この人たちは皆さんと違って、働くことしか才能がないと思ってください」などと述べた。高齢者にも働いてもらい活力ある長寿社会を作ろうとの持論を述べたとみられるが、誤解を受ける表現に野党から批判が出ている。

 首相は「80歳過ぎて遊びを覚えても遅い。60過ぎて、80過ぎての手習いなんて遅い」とも発言。「働ける才能をもっと使い、その人たちが働けば、その人たちは納税者になる」と語った。


5 経済成長政策
経済成長による新規需要に加え、女性、高齢者の労働参加により、10年で家庭の手取り収入を100万円増やし、一人あたり国民所得を世界トップクラスにする。


ここでも高齢者を働かせる話である。
下々の平民は一生働け、というのは麻生にこびりついた固定観念のようである。

全体としては、具体的な財源はもちろん政策実現のための手法・手続き・過程がほとんど示されず、「~を進める」、「抜本的見直しを行う」、「推進に努める」、「適切に措置する」、「取り組む」、「実現を目指す」、「検討する」、「適切に執行する」、「着実に実施していく」等々の語句の連続である。

麻生もどんなマニフェストができあがるか分からなかったのだろうが、よく民主党を財源で責められたものだ。
未だに責めているところを見ると、まだ自分の所のマニフェストを読んでいないのかもしれない。





裁判員制度廃止!天下り禁止!議員世襲禁止!


古書 那珂書房

特に歴史書が充実しています
『政治』 ジャンルのランキング
コメント (14)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 自民党マニフェスト……責任力... | トップ | 自制心をなくした麻生自民党 »
最近の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (らむちゃのパパ)
2009-08-04 08:17:39
検察や裁判所には、与党系某宗教を信仰する人が多くおられると聞きました。信仰は自由でしょうが、宗教が政治にからむと、政治的に敵対する側にいる者は、何も犯罪を犯さなくとも、ただ存在するだけでけしからん存在になるわけで、公正な判断などされない下地ができてしまいます。客観的にみて不公平な捜査が行われても、そもそも的に彼らにとっては当然ことをしているだけなのでしょう。
自民党のマニフェストを実現されなくとも、年金だけで働かずに老後の生活を過ごせる方は、公務員と大企業の社員の方だけです。ほとんどの方は、死ぬまで仕事をしなければならないと思います。だが、そもそも的に、その仕事がないというのが今の現状でしょう。
Unknown (Unknown)
2009-08-04 12:10:00
どっちの党が勝とうが少子高齢化と年金は表裏一体でありながら別のシステム、いっぺんに解決するのは無理。
今から出生率が急激に増えたとしても20年ほどはとんでもない負担が今の若者にかかることになり、そのとき子育て支援をするために出すお金は100%借金になる。道路なんかどうでもよくなるくらいのね。
その時の選択肢なんていくら言葉で飾っても2つか3つしかない。まず麻生総理が言った老人にも働いてもらうということ、鳩山代表もボランティアの話してたからこういうの考えてたんじゃないかな、友愛社会ってことで。
2つ目は事実上計画倒産、スウェーデンあたりがこげついちゃってやばい、高福祉が仇になった形。こういう国の年金システムが崩壊する時を狙って、日本も海外の流れに乗って年金を破綻させる。
3つ目は全て借金でどうにかする。
ちなみに今から出生率を激増させたところで負担にしかならない、下がらないようにするだけでとどめるのが懸命。
つまり今からシステムをどういじっても意味はない、麻生総理の言う老人にも働いてもらうってプラン以外なら2か3にしかならない。民主党は聞こえを良くしてるだけで3ってことなんでしょ、今回のマニフェストはどこの党も0点だよ、わかりきった結果しか見えない。
Unknown (Ping)
2009-08-04 17:35:19
小泉・安倍・麻生はとんでもない隠蔽・弾圧体質を持った人間です。権力はやつらにとって過ぎたおもちゃです。やつら極右に権力を持たせることは無益ではなく危険です。極右は世界のほとんどの国ではマスコミや民衆の敵とされている国家がほとんどで、賞賛される日本が異常なだけです。
自民は今回政権維持に成功したら、今度は表面上は民主主義を装いますが、政権交代ができないシステムを作ることは前々からの確定事項であるといっていいでしょう。
議会制民主主義の打破、自民党永久政権が自民の目的ですから。
那須と涌井にバツを! (「気弱な地上げ屋」)
2009-08-04 18:38:39
yamame様
いつもお世話になります。
本日、拙ブログで総選挙と共に実施される最高裁判所裁判官の国民審査を取り上げました。
この那須・涌井(だけではありませんが)は、今回の審査対象です。
是非落としたいので、今後も30日までしつこく書こうと思いますが、是非貴ブログでもお取り上げ戴ければ、幸いです。
Unknown (Unknown)
2009-08-04 21:23:38
理由もなく特定の政党を支持するのも宗教に近い気がするけど・・・
自民を批判する理由がすでに宗教みたいになってるね、かわいそうに。
民主と共産、社民はシステムとしてばら撒く、自民は景気対策としてばら撒く。
こんな腐った政策出してる政党しかないのに隠蔽だの弾圧だの関係あるかw
また四年もこのアホウなんて (ハルト)
2009-08-05 01:43:37
絶対イヤだ!私は大学生なのですが回りの友達みんなで自民党のジジィを引きずり降ろそう運動をしてます。僕たちのグループで定額給付金を集めて民主党若手の馬淵さん、長妻さん、原口さんなどに個人献金しました。僕たちの未来がこんな年収百万減らして年金も減らした馬鹿に舵を切らせるなんてもってのほかです。馬鹿麻生信者のネトウヨは絶対選挙に行かない(行ったことがない)人たちでしょう。ですので気兼ねなくこれからもブログを更新していってくださいm(_ _)m政権交代頑張りましょ
らむちゃの゜パパ様 (亭主)
2009-08-05 06:12:13
権力と良心は両立しないものでしょうか。
あるいは個人の良心は権力集団の中で埋没していくのでしょうか。
自民党・公明党・官僚たちのありようを外から見るとそう思えてしまいます。
”良心なき権力”を排除することは困難です。
今度がそれを実現する希有な機会なのですが……。
大事にしたいものです。
Unknown様 (亭主)
2009-08-05 06:17:27
>今回のマニフェストはどこの党も0点だよ、わかりきった結果しか見えない。

そうお考えなら、今回は民主党へ投票してみてはいかがですか?
それで”分かり切った結果”にしかならなかったら、あなたの説の正しさが証明されることになります。
Ping様 (亭主)
2009-08-05 06:27:47
>極右は世界のほとんどの国ではマスコミや民衆の敵とされている国家がほとんどで、賞賛される日本が異常なだけです。

いつの間にか右寄りの声が大きくなっています。
ネットの世界はまるで右翼の巣窟と言ってもいいほどですね。
今回麻生は、はっきりと右へ舵を切ったかのようです。
麻生個人の好みは仕方ないとしても、それが権力の座にあるということになると、笑って済ませるわけにはいきません。
気弱な地上げ屋様 (亭主)
2009-08-05 06:36:24
>最高裁判所裁判官の国民審査

衆院選の陰に隠れてつい見落としてしまいがちです。
この国の三権分立の仕組みのおかしさは各所に見受けられます。
特に最高裁判事の国民審査は完全に形骸化しています。
わたしも、これまでに何度が最高裁の在り方について言及していますが、裁判員制度の開始もありますので、機会をみては声を上げていきたいと思っています。

麻生太郎」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事