山越木工房Blog

木楽(気楽)な日記

第22回真空管オーディオフェア ご来場有難うございました。

2016-10-13 17:44:39 | オーディオ

みなさんこんにちは。

真空管オーディオフェアご来場誠に有難うございました。

2日間の開催にもかかわらず、両日お越しに頂いたお客様や かなりの遠方からお越し頂いたお客様もいらして感謝の気持ちで一杯です。

今年は、従来製品の「SP2500」と「SP3500」を内部配線などを引き直すなどファインチューニングをして展示/試聴をさせて頂きました。

また、新規に「SPsol 800」を展示/試聴させて頂きました。

fostexさんの限定8cm「FE83sol」の潜在能力が高く簡易の試聴にも関わらず、お客様から好印象を頂けました。

※フェア中 同じフロアの三栄電波さんから真空管アンプお借りしてデモもさせて頂きました。

こちらの「SPsol 800」は11月中旬発売開始のスケジュールで只今、弊社ショッピングサイトを準備中です。

11月の発売までは準備中のサイトからご予約のご注文が出来るようにしますので少しお待ちください。

次に、新型のヘッドフォンスタンド。

こちらの商品も、フェア中だけでなくフェア前からお電話やメールでのお問い合わせが多いです。

こちらも近々にショッピングサイトを立ち上げますのでこちらも数日お待ちください。もちろんお電話でのご注文など承っています。

そして最後にお問い合わせが多かった、アナログディスクキャビネット。

こちらは昨年から展示させて頂きましたが、今年も注目度は更に高く 商品の説明を多く求められました。

こちらの商品は、「テクニクス製のSP10用」に汎用的なアームボードをセットにした商品です。

オーダーメイドで幅広く対応したいと思っていますが、汎用性を広く考えると設計がタイトな所も出てくるので

こちらはショッピングサイトを立上げ中ですが、対応条件などが出てくると思いますので丁寧にご説明させて頂く事になると思いますので、こちらも少しお待ちくださいませ。

 

さて、今年のフェア全体の印象ですが、奥様とお越しになるケース、また成人されたお子様を連れてお越しになったお客様が多く見られました。

これ、これからのオーディオ業界を考えると とても大切な事になりますね。

やっぱり若い世代には音楽の空気をを肌で感じるられるオーディオを是非体験してほしいところですね。

後は外国からのお客様も例年通り多くインターナショナルな感じがします。

今年で11回連続で出展させて頂いて、沢山のお客様にも恵まれて感謝の気持ちで一杯です。

これからも楽しいオーディオライフをご提案出来るように努力していきますので今後とも山越木工房を宜しくお願い致します。

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第22回真空管オーディオフェ... | トップ | 初秋深まる鬼怒川温泉 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL