-Have you ever seen the Wind?-

.....。

天体観察関係....。

写真撮影関係....。

などなど。

エプソンプリンターの怪奇現象

2017年06月28日 14時28分22秒 | 日記
少し大判が刷りたかったので、当時インクカートリッジが大容量でカラーもいけるPX-H6000を購入。
(A2まで&ロール紙)

今となっては骨董品の粗大ごみ同然だが、捨てるのも大変なので、まだまだ使うしかない。

しかし、このプリンター、呪われているのか深夜になるとインクカートリッジの蓋が、ぱか~んと開くのである。
あまりに酷いのでこりゃこの部分コストケチって安物使ったなとパーマセルで固定する。

それでも、或る日突然、ぱっか~んと開いでしまうのである。

それも左右両方、どりらともなく....。しかも深夜....。Σ(・ω・ノ)ノ!

しかも金欠になった現在200mlというインクの容量は、なかなか使いきれず....。
特に緑とオレンジがどうにも減らない。

古いのは仕方なく捨てる有様...。
カートリッジひとつ¥7000程度もするのである!

特にモノクロ作品ガンガン制作していると緑とオレンジは絶対使われない。
モノクロ作品をプリントする方には8色をお勧めする。(エプソンなら)

A3+を久々出力したが黒やグレーはともかく、マゼンタとシアンが減る。

嗚呼、あれだけ撮影したと思ったのにプリントまでして保存しようという作品は数少ない。
ガックリである。

また出かけよう。お金が貯まったら!

今回、新緑の季節から撮影再開だったので、せっかくなのでカラーもプリントしてみたが緑はなかなか減らない。
オレンジは紅葉まで待たねばならない。
インクにも一応使用期限がある。

まあ、普通紙に印刷なら別に気にしないのだが、作品ともなると....。
しかも紙はバライタとかをメインに使う。

プリンター購入はよく考えた方が良いだろう。
しかも怪奇現象の出ない奴。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« WX 10×50 IF にEXUS保護フィ... | トップ | インクジェットプリントの不... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。