-Have you ever seen the Wind?-

.....。

天体観察関係....。

写真撮影関係....。

などなど。

Dam tour two

2017年06月13日 18時36分20秒 | 日記
昨日書き忘れたが、双眼鏡は手持ちが絶対!みたいに語る方が多い。

自分もそう信じてきたが、暇なとき星空を見ていて、仰角(+)45°を超えると腕がプルプルしてくる。
星はぴょんぴょん視野を飛び跳ねる。

仰角(+)90°では既に手持ちは不能であり、三脚が欲しかったが三脚アダプターを持ち合わせていなかった。
ポロタイプのは所有しているが、今回は持ち合わせていなく、また三脚での見ずらさも一応知ってはいる。
これは個人的な腕力の問題だろうか?
双眼鏡はVICTORY HT 8×42だったが、多分他の機種でも同様の現象が自分の場合起きそうな気がした。


さて、ダムツアーであるが、一旦休憩で船形山に行こうと思った。
これまた、変なナビゲーションで困ったが、深夜に到着した。
疲れ果てていたのか陽もとっくに上がった時間帯に起床。

なんかイメージと異なっていた。
まあ、昔来たのが20年以上前でしかも春先。
そのうえ、ドピーカンで、森の撮影にはイマイチのような気もして(最初から登山の意欲なし)断念した。

なんと生臭なカメラマンであろうことか....。

次に向かったのは胆沢ダム。
これで「いさわ」と読む。最初のダムは「すりかみがわダム」?
ふーむ、たんざわと読んでしまうではないか!?

それはともかく(無学なものですみません)

この日は放水していた。
水はほぼ満水。

ただここは施設以外設備は充実度はイマイチ。
ま、ないわけではないのだが、、、。毎回、小道の通行止めには困った。

麓からは、とてもダムがあるようには見えない長閑なところ。


作品的には埒もあかないので、ここから少し趣向を変え、六ケ所村に。
今夜は道の駅にお泊り。

寝ては覚め、運転しては休憩の繰り返し。

そんなこんなで夜明けを迎える。
(文脈が乱れている!)

久々、海を見た!

しかも真っ赤だ!!
夜明け前の雲は、小説に出てくるような真っ赤な雲だった。
それをCCDで撮影すると、ほんとにもう色が良く出る。





なんだか、本文が乱れてきた。
すみません、なんか疲れが。
画像処理も、碌に進まない上、まともな作品がなく....。

本日はこれまで。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« Dam tour one | トップ | Dam tour Three »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。