-Have you ever seen the Wind?-

.....。

天体観察関係....。

写真撮影関係....。

などなど。

ビクセン アルテスモノキュラー HR 6×21 (単眼鏡)

2017年05月18日 17時07分13秒 | 日記
ホームセンターで玩具みたいな単眼鏡をみてがっかりしていた。
これならば!と、数年前に購入したのがこれだ!

まず目を引いたのがEDレンズ搭載!
メーカースペックを鵜吞みにして購入。

アルテスモノキュラー HR 6×21 だ!!

画面周辺は、画像が流れる....。
但し色収差はない。
小型軽量でポッケに入れられる。
等のポイントを考慮しても購入すべきかは悩むところ。

実売価格¥23,000程度。
これならそこそこ、いや立派な双眼鏡が買えてしまう!!ではないか!!

要はポッケに仕舞えるかどうかの問題になってくる。
そうでなければ、同価格の双眼鏡が良いに決まってる。

問題点はもうひとつ、見かけ視界!
これもイマイチ。

ただ良い点を上げれば、こう言えるかもしれない。

「望遠ルーペ」!と....。

実際、植物の花弁、1m以内にピントが合い、ルーペのように観察できる「万能モノキュラー 」だ!!

眼が悪くなった私には便利なものだ。
しかもルーペのように小型....。

6倍という控えめな倍率も実際のところ使いやすい。
21mm口径は昼間なら問題ないであろう。

コーティングもしっかりしているようだ。

なを、このケースは、かなりしっかりしていて、蓋はマグネットでポチッと閉まる。
ストラップの細い紐もスリットから抜け出せている。

これレザーハードケースの方が、金かかってる???


冗談はさておいて、ピントリングのグリップ感は良いが、ストラップが邪魔になるので対物レンズ側を回すことになる。
残念である。
(ストラップは外してしまえばよい)


当然ながら星見にはイマイチである。
これはスペック通りである。

肉眼ではイマイチ認識しずらい対象物を見る、あるいは近景のクローズアップに良いルーペ替わりにも良いと言えるだろうか!?

玩具のようなモノキュラーが多い現在、買って損するか得するかは、あなた次第。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ダム | トップ | ハスキー3Dヘッド(雲台)ク... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。