-Have you ever seen the Wind?-

.....。

天体観察関係....。

写真撮影関係....。

などなど。

WX 10×50 IF にEXUS保護フィルターを付ける。

2017年06月28日 13時26分24秒 | 日記
ま、最近の保護フィルターはずいぶん進んでるんですな。

保護フィルターと言えば、カメラレンズでもガンガンアタックする24-70mmf2.8とか70-200mmf2.8程度にしか装着はしない。あとはせいぜい80-400mm。
撮影時にフィルターワークがあるので邪魔な他、逆光時ゴーストやフレアが増えるだけなので普段はつけない。
ただ今回、非常に高価な双眼鏡である。
何かあったら大変だ!!

現在各社高級保護フィルターが揃っていて強化ガラス使用ってのまであるけど、個人的には保護フィルターが割れてレンズを守ってくれればいいかな?みたいな考え。
そこでワンランク落としてこれにした。

マルミ光機 MARUMI
EXUS 55mm レンズプロテクト [保護フィルター]

ヨドバシで税込み¥4,110

これが2枚だから¥8220....。
安くはない。

なんでも....。以下概要コピー。

帯電防止コーティング採用
静電気による微細なチリ、ホコリがつきにくい帯電防止コーティングを採用。
撥水・防汚コーティング採用
優れた撥水性能、防汚性能で水滴や指紋などが拭き取りやすいコーティングを採用。
超低反射:0.3%以下
表面反射を極力抑え最高画質を実現し、レンズの描写力を極限まで引き出します。
平面度・強度の向上
超薄枠設計のまま平面度・強度を向上させたフィルターガラスを採用。
新低反射枠採用
超薄枠設計・遮光線入り枠・サテン仕上げ・ローレット加工・レンズキャップ取付可

ま、ザックリ言うと埃が付きにくく、汚れも拭きやすい。極力低反射と平面性を保った。というところだろうか。

こんなもんでええんじゃない?
と取り付けてみたが、いや、埃が付きまくりでこまった。
エアーダスターでシュッシュしながらでないとレンズ面に埃が付着しすぎる。
写真撮ってるそばから、もうフィルターに埃が付着してるし....。

ちい~ん。

静電気除去グッズはたいてい初期の段階は埃が付着しやすい。
何故だろう???

しばらくすると落ち着いてきて威力を発揮するような気がするのは静電気除去ブラシ。
これもインクジェットプリントの時に購入したのだが最初の1年間は落ち着かなかった。

むしろ最初から対物レンズ側表面にテフロン系のものをコーティングしてある方が楽。

だが、これで一応、対物レンズは指で汚してしまっても、汚れは拭き取りやすくなったはず。
接眼レンズ部は致し方ない。
本当はこちらの方がマツゲの脂とか付きやすく汚れやすいのでコーティングしてほしかった。

本当は対物レンズ側は、天体用なら気の利いたバンドパスフィルターでも付けたかった。
でもバンドパスフィルターは、見た目色が濃いのでやはり7×50くらいの明るさが必要となるのだろうか?

まま、孫の代まで以上使えそうな双眼鏡である。
じっくり色々試そうか。

ニコンにはアーマーコーティングなる傷からレンズを守るのもあるので、それをコーティングしてくれてもよかったのでは?とも今更ながら思うのであった...。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« プリンタのヘッドクリーニン... | トップ | エプソンプリンターの怪奇現象 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。