延岡の山歩人K

季節ごとの高山植物や山野草、そして彩の美しい自然にはまってしまい
写真撮りながら登山・山歩きを続けています


紅葉の大浪池から えびの高原へ 下山 ~ 韓国岳 大浪池の紅葉 登山(後半)

2016-11-12 | 宮崎県の山


    表題の写真は、大浪池です。
           
                     

今回の 霧島・韓国岳 大浪池の紅葉登山ルートは
えびの高原ビジターセンターを出発して
 硫黄山を迂回して 韓国岳 ~ 大浪池 ~えびの高原 へ戻る周回コースです

前回記事で
登山開始して~韓国岳山頂~そして大浪池に下る途中までを掲載いたしましたが

本日は記事は その続き
大浪池の紅葉を愛で えびの高原に下山するまでです

 実登山日は 2016年11月06日(日)
 本日は 単独の登山です。


 
韓国岳(からくにだけ)から急傾斜を下りながら
目前に大浪池です 表題の写真を再掲して ご説明させていただきます
  前回記事のコメントで神様の杯との
  ご感想をいただきましたが まさしくそんな感じですね
 ↓  巨大なすり鉢 のようでもあります

 

韓国岳と大浪池の鞍部まで下り
 振り返る 方向に先ほど登頂した韓国岳
 山頂には 大勢の登山者が確認できました。
 ↓

 

目前には巨大なすり鉢状の大浪池の外淵
 最上部の 淵
(写真の上部)まで登ります。

 ↓ 

 

大浪池
淵に沿って 一周4kmの周回道が 整備されています。

 紅葉は 速報でご覧いただいたとうりですが・・・
 ゆっくりスクロールで ご覧ください(^^)/
 まだまだ 始まったばかり グリーンが目立つ状況でした。
 ↓

 

 

 

 

   大浪池の淵は 内側は断崖絶壁のところが多いので
   周回時は 要注意です。 


大浪池の淵から紅葉以外にも
霧島連山の良い眺め

 先ほど登頂した 韓国岳
 ↓

 

 獅子戸(ししこ)
 写真手前(山の西面)は崩壊が目立ちます  気になりますね
 ↓

 
 新燃(しんもえ)
 火口淵の 通称「ウサギの耳」が意外と近く感じます
 奥の三角形は 天孫降臨伝説の山高千穂の峰です
 ↓

 


韓国岳登山道 分岐まで戻り
 ここで 遅くなりましたが  一人での山ご飯と思ってましたら
 大浪池周回登山者の大勢グループが休憩中
 (本人たちは 会議中と言ってました) 
 とても賑やかでした(^^)/
 ↓

 


山ご飯の後
朝、出発した えびの高原に向かって 下山開始

 登山道の紅葉は 池の状況を踏まえ
 あまり期待していませんでしたが・・・
 そこそこ楽しめる状況でした
 ↓

 

 

 

 

 申し遅れましたが
 大浪池から えびの高原までは
 他の登山者グループとお話しながらの下山でした
 おかげさまで 下山時間が短く感じました
 ↓

 

 

朝、8時20分に出発したえびの高原(ビジターセンター)に
14時15分 到着しました。
今年は
まだ若い紅葉?でしたが そこそこ楽しめた周回登山でした。

今年は
六観音御池には 立ち寄らず帰路につきました。
また 来年のお楽しみですね。


 前回記事
 韓国岳登山の様子は こちらご覧ください ↓
 http://blog.goo.ne.jp/yamakawa_trek/e/cacaa1416cda764bd1317bcaf140cad3

 

 

 

『山登り・ハイキング』 ジャンルのランキング
コメント (20)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 霧島・韓国岳 大浪池の 紅葉 ... | トップ | 南国ムードの 堀切峠へ行って... »
最近の画像もっと見る

20 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
美しい、大浪池 (reihana)
2016-11-12 07:08:44
延岡の山歩人Kさま おはようございます
一人山ごはんじゃなくて良かったですね~賑やかな輪の中に入れて(^・-)-☆
女性の登山者が多いですね~♪
一人で黙々と下山するよりも お話しながらの方が 楽しいですし 早く感じますよね*^^*
見慣れた景色 (iina)
2016-11-12 08:37:42
真っ青な空に大浪池が美しいです。撮る角度でもさまざまな印象を見せています。

韓国岳、獅子戸岳、新燃岳、さらに高千穂の峰と贅沢に眺望ができ、絶景です。

Kさんには、じゅうぶんに見「慣れた」景色でしょうから羨ましいかぎりです。

こんにちは(^^)/ (hiroko)
2016-11-12 12:49:55
神様の杯ですか、本当にそう見えますね(^_^)v
山の上で水が枯れることなく満々としているのは
下から湧き上がっているんですかね、
不思議な思いがします。

しんもえ岳の向うに高千穂の峯、良い眺めですね。
こんばんわ (たか)
2016-11-12 20:24:50
渋いですねぇ。
渋いからこそ紅葉した木々が浮き立って見えます。
そして本来ならば紅葉に目を奪われて目の隅っこに追いやられてしまう
二体のこけしの様な岩がやけに目を引きました。
まるで寄り添って池を眺めているみたい。

山では初対面の方でも気軽に会話する事ができますよね。
「じゃ又どこかの山で」
絶対に会う事も無いでしょう相手ですが山を思い出す時
そんな場面も浮かんできて一人ニヤニヤしてしまいます。

私はそんな一期一会の出会いが大好きです。
(reihana) さま / (延岡の山歩人K)
2016-11-13 06:41:52
お早うございます。

当日は 晴天に恵まれた日曜日だったので
韓国岳 登山者も多かったですが・・
一周4Kmの大浪池周回登山者グループも多かったです
どのグループも おおむね女性が多くてとても賑やかです(^^)/

そうそう
下山もお話ししながらだと もう着いた
と言う感じですね\(^o^)/
いつもご感想ありがとうございます。
(iina) さま / (延岡の山歩人K)
2016-11-13 06:42:26
お早うございます。
iinaさま 霧島に詳しいですね(^^)/
自分も 新燃岳噴火前は 何度か縦走しました
新燃岳から 次に中岳も・・写真で確認できますが
あえて記しませんでした

確かに撮る角度で
趣が全然変わってきますね
その分霧島連山を楽しめます(^o^)
(hiroko) さま / (延岡の山歩人K)
2016-11-13 06:43:12
お早うございます。
「神様の杯」よい命名ですね
今度から 使わせていただきます(^o^)

火口湖だとおもいますので・・・
水は 湧き出ているのではなく
雨水が溜まったままでしょうね
でも このブルーは??

高千穂の峰は 伝説の山らしく
どこから眺めても神々しいです

いつもご感想ありがとうございます。

(たか) さま / (延岡の山歩人K)
2016-11-13 06:44:07
お早うございます。

なるほど2体のこけし
またまた 良い表現ですね(^^)/
風景を引き立たてくれる岩も
岩もいろいろな形に見えてくるから不思議ですね

 >山では初対面の方でも気軽に会話する事が・・
そうなんですね
共通の趣味で 共通の場所にいる親近感が増しますね
初対面でも旧知の間柄のように
山のお話で盛り上がります

 >私はそんな一期一会の出会いが大好きです
同感です(^o^)

いつもご感想ありがとうございます。

Unknown (ぽーらん)
2016-11-13 07:14:11
大浪池の紅葉も今時分が良いのでしょうね
今年はこちらも遅れてますが
山裾からはなかなか良い感じの紅葉になってきました
今日も頑張ります (のしてんてん)
2016-11-13 09:40:03
美しいものを見せていただきました。

この感覚を背負って、

これからアトリエに向かいます。

いい作品が出来そうです。

ありがとうございました。

コメントを投稿

宮崎県の山」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL