延岡の山歩人K

季節ごとの高山植物や山野草、そして彩の美しい自然にはまってしまい
写真撮りながら登山・山歩きを続けています


白ウサギ の 大群に出会う山?(兎群石山) ~ 仰烏帽子山_登山(続き)

2017-05-17 | 熊本県の山


        表題の写真は、仰烏帽子山で群れ遊ぶ 白ウサギさん達?
             (石灰岩群です)

 

前回記事 「仰烏帽子山_ヤマシャクヤクの お花見登山」ご覧いただきましたが
      (本記事末のURLご参照)
      白く可憐なヤマシャクヤクの大群落、そしてお花見の様子をご覧いただきましたが・・
本日記事は続きです。

 

頂上に向かう登山道は
 樹林帯の中、若葉薫る 快適な尾根歩きです
 ↓



途中から分岐して
「兎群石山」に向かいます
 青空に映える ミツバツツジが 目につきました  
 ↓

 

 

兎群石山(とぐんせきやま)です。
 それはそれは 驚きの光景が目の前に展開
 ↓

 


 兎群石山の看板と 案内文ですが
 下の青部分の説明文が消えかかって読み難いので・・
  写真の下に 記述しました
 ↓

 

     昔、むか~し 
     俊足自慢のウサギさん と カメさんが競争しました。
     皆さんご存知の様に カメさんが勝ちました。
     勝負に 負けた ウサギさんは
     その後・・・
     実は この山で修行していたそうです (^o^)

上の写真の 青色看板に記されている内容です
--------------------------------------------------------
遠くから見る この山肌の石灰岩群は、
白兎達が 群れ遊んでいる様に見えます。
又、山登り競争に負けた兎さんは、
亀さんへの雪辱を晴らすため、この山を訓練の
場としていたとも、云い伝えられています。??
--------------------------------------------------------  
     訓練のお話 はちょっと 妖しいですね(^^)/


ええっ 似てるって・・
誰か 私の事 ウワサしてますか ? 
 
檻のなかから すみません
   ↓

 

と言うわけで 兎群石山(とぐんせきやま)
改めてゆっくり眺めました 。
 良い眺め 絶景ですね
  ↓

 



 ウサギさん達にお別れして
 仰烏帽子山・山頂に向かいます
 ↓

 


仰烏帽子山・山頂です
 お久しぶりの 仰烏帽子山頂です
 360度のパノラマ
 素晴らしい展望でした
 ↓

 


 

 


山頂で山ご飯 の後
 もう一度頂上での 眺望を楽しみ

  同じルートで 下山します
 ↓

 


下山中も随所で目につくヤマシャクヤク
 もう一度 写真におさめながら・・・
 ↓

 

 


朝、出発した
第2登山道口へ 無事下山しました

白く可憐な ヤマシャクヤクの大群落
そしてまた ウサギさんの大群?にも出会って
満足の山旅でした \(^o^)/



ご参考
前回記事:仰烏帽子山_ヤマシャクヤク の お花見登山
     ご覧ください
     http://blog.goo.ne.jp/yamakawa_trek/e/5283458fe2a42c24e8cd48ffdc04d04f

 

『山登り・ハイキング』 ジャンルのランキング
コメント (20)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 仰烏帽子山_ヤマシャクヤク ... | トップ | くじゅうの ミヤマキリシマ ... »
最近の画像もっと見る

20 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ウサギとヤマシャクヤク (reihana)
2017-05-17 07:04:07
延岡の山歩人Kさま おはようございます
トップの画像を見てなんじゃこりゃ~\(◎o◎)/!でした
白ウサギさんたちなのですね
不思議な岩が出来るものですね
新緑の季節で マイナスイオンをたっぷりと浴びながらの登山は 気持ちよかったでしょうね~♪
随所で咲く美しいヤマシャクヤク・・・
天候にも恵まれて 素敵な登山をされましたね(*^^)v
兎群石山 (iina)
2017-05-17 08:22:44
兎群石山 を枯れ木の原かと思いました。 それが石灰岩群とは、驚きの光景です。 

ウサギさん と カメさんが競争して負けたウサギが、この山で雪辱を晴らすために修行していたとは、さもありなんと思わせます。

野付半島のトドワラ を連想させます。 怪獣でも現れそうな場所でした。
http://www.nemuro.pref.hokkaido.lg.jp/ss/srk/kanko/nmrgsdb/3k-spot/3ks-todowara.htm

童話の世界 (たか)
2017-05-17 13:02:46
これはこれは何とまぁ
日本珍百景に入るのではないでしょうか。
白熊ではなく白兎と言うところがいいなぁ。
しかし何度みても稀代な光景ですね。

山頂を囲む赤く芽を吹いた低木
見頃バッチリのヤマシャク
随分、見せ場の多い楽しい仰烏帽子山を楽しまれたものです。

九州の山は魅力が有り過ぎ!
檻の向こうに美味しいケーキを置かれた感じかな





こんにちは(^^)/ (hiroko)
2017-05-17 14:39:01
不思議な石が沢山ですね(^^♪
遠くから見ると白うさぎの集団に見えるんですか、
枯れた木の根っこまで白いですね、

うさぎさんはカメに負けて余程情けなかったんでしょうか、
修行の場だったんですね。
兎の群れ (ぽーらん)
2017-05-17 18:40:21
気持ちよさそうな風景、
ここは何だか良い所ですね
日当たりも良いので冬場に御飯食べるのには良いところですね
ヤマシャクヤクの頃もお邪魔してみたいです
(reihana) さま / (延岡の山歩人K)
2017-05-18 06:16:23
お早うございます

 >トップの画像を見てなんじゃこりゃ~\(◎o◎)/!
実際に 目の当たりにしたら インパクト凄いです
真っ白い岩
自然の不思議ですね
若葉の季節 尾根歩きも実に気持ち良かったです
お花や 青空のもとでこのカルスト地形を観ることが出来て
よい山登り出来ました(^o^)
いつもご感想ありがとうございます。

(iina) さま / (延岡の山歩人K)
2017-05-18 06:17:26
お早うございます
大変な数の石灰岩群
実際に 目の当たりにしたら 凄いインパクトでした
ここで 修行したウサギさん
今度は 勝てるでしょうね(^^)/

 >野付半島のトドワラ
まさしく 世間は狭いが、世界は広い でした
情報ありがとうございました
(たか) さま / (延岡の山歩人K)
2017-05-18 06:19:09
お早うございます

ちょうど 青空で
ウサギさん(石灰岩)の白さが際立って良かったです
ガスの名かも良さそうですね

 >しかし何度みても稀代な光景ですね。
衝撃的なでしょう
カメラは視野が狭いですから 迫力に欠けますが
実際に 目の当たりにしたら 凄いインパクトでした

 >九州の山は魅力が有り過ぎ!
 >檻の向こうに美味しいケーキを置かれた感じかな
有難いご感想に感謝
K馬にニンジンですね\(^o^)/
いつもご感想ありがとうございます。
(hiroko) さま / (延岡の山歩人K)
2017-05-18 06:19:54
お早うございます

 >不思議な石が沢山ですね(^^♪
カメラは視野が狭いですから 迫力に欠けますが
実際に 目の当たりにしたら もっともっとすごい数です

ウサギさん
ここで修行して 次の勝負は いただき ~と
思っているでしょう(^o^)
いつもご感想ありがとうございます。
(ぽーらん) さま / (延岡の山歩人K)
2017-05-18 06:20:54
お早うございます

同じ石灰岩群でも
樹林帯の中は 黒っぽく
ここは 真っ白で 不思議に思います
日当たりの関係でしょうね
ヤマシャクもすごい群生で
期待を裏切りません(^o^)
ぽーらん様のスケジュールと花期が合うと良いですね
いつもご感想ありがとうございます。


なんて読むのだろう? (niceshotpete)
2017-05-18 07:10:35
おはようございます。
ホントに不思議な、でも絶景ですね。
兎群石山。登ってみたいですねぇ。
ところで、なんと読むのでしょう?どこかに書いてありましたか?見落としてるかな?ウサギムレイシヤマ?教えてください。
阿波踊り (iina)
2017-05-18 08:20:01
> 阿波踊り   無条件に 楽しそうです\(^o^)/     「踊る阿呆に見る阿呆、同じ阿呆なら踊らにゃ損々」
会場の出店で求めた  と焼肉を 食べながら歌謡ショー2人を聴いた次が 阿波踊りでした。

阿波踊りの本番は7月ですが、市のお祭りなので参加して踊りをアピールしました。その内の一組は、昨年の全国大会で
準優勝したと気勢をあげていました。
http://blog.goo.ne.jp/iinna/e/d292c3dbe45edf7fa8d6051c50ab63e3

Unknown (cosmos)
2017-05-18 08:25:27
おはようございます
いつもさわやかな山の様子に元気をもらってます
いい季節ですねー
山シャクヤクきれいです!
(niceshotpete) さま / (延岡の山歩人K)
2017-05-18 19:32:11
こんばんは

いわゆる カルスト地形ですね
なかなか 魅力的な光景でしょう

兎群石山
 >なんと読むのでしょう?
すみません
兎群石山 = とぐんせきやま
さっそく 本文にも追加しました
いつもご感想ありがとうございます。
(iina) さま / (延岡の山歩人K)
2017-05-18 19:33:07
(iina) さま /
こんばんは
阿波踊り
楽しそうでしたね お疲れ様でした

 >その内の一組は、昨年の全国大会で準優勝したと・・
すご~い \(◎o◎)/
今年も踊りまくってください

(cosmos) さま / (延岡の山歩人K)
2017-05-18 19:33:58
こんばんは
風薫る季節 アウトドア活動には最適ですね
ヤマシャクヤク
山の娘 そんな感じで可憐なお花でしょう(^o^)
いつもご感想ありがとうございます。
なるほど (niceshotpete)
2017-05-18 20:04:20
色々読み方考えてました。
一番しっくり感じたのが、
「ウサギ、群し、ヤマ」
まあ、そのまんま、か。
ヤマケイ新書「日本の山を数えてみた」の干支の山の項にも珍名の項にも、この山は出てきませんでした。が、著者が、Kさんの写真を見たら、載せなかったことを大変後悔すると思います。
新潟には兎ヶ倉山(うさんくらやま)というのがありますが、これもこの本に載ってません。
まだまだ日本には知名度の低い名山が沢山ありそうですね。
(niceshotpete) さま / (延岡の山歩人K)
2017-05-18 21:36:46
こんばんは
わざわざのご返信ありがとうございます

兎群石山は 独立峰ではなく
仰烏帽子(のけえぼし)山の一部なんですよ
たしかに
日本中には いろいろ変わった山名があるのでしょうね

余談ですが
大分県には「全国難読の山サミット」で グランプリになった
「一尺八寸山」と言う山があります
なんと読むかは ネットで 検索してください(^o^)

ご感想ありがとうございました。

一尺八寸山 (niceshotpete)
2017-05-19 19:18:50
みおうやま、と読むのですね。
流石グランプリ。
この山は、「日本の山を数えてみた」に載ってます。
流石グランプリ。
しかし、どうしてこれでみおうなのか?
考えると夜も寝られない(ことはないか。古い漫才でした。地下鉄のやつ)
(niceshotpete) さま / (延岡の山歩人K)
2017-05-20 08:14:55
お早うございます

 >考えると夜も寝られない
知ってます 知ってます(^o^)
最近あまり聞きませんね

犬の尻尾 3つ分の長さが 一尺八寸で・・
それで みお(三尾)らしいですが
なんで犬の尾なの・・等 疑問が幾つも残って
やはり眠れませんね
考えないことにしましょう(^o^)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL