Time flies

写真で綴る日々の出来事

世界の文字の図典

2016-10-14 10:45:05 | 書籍 雑誌
読書の秋を意識しているわけではないけど、無性に文字が追いたくなる
その文字については究極の書籍がこれ、いつか手に入れたいと思っていた「世界の文字の図典」

現在は「世界の文字研究会の世界の文字の図典 普及版」というのが出ていて、そちらだと新品で5000円程度
でも、どうせなら初版のデカい方が欲しいw

俺としては読むのに差し支えなければ良いので、特に極美品でなくてもまったく問題なし
で、時々オークションでチェックしてたら、5000円で出品されているのを発見!
終了までライバルは誰も現れず、そのまま落札となった

そして届いたのは平成5年発行の初版で当時の定価は17500円、平成5年と言うと新しく感じるけど、それでも23年前になるのか…



内容は素晴らしいの一言、世界中のありとあらゆる文字が収録されている
この右側のマヤ文字なんてアニメの記号にしか見えないw
確か松本零士先生の漫画、ハーロックかな?で見た記憶があるので思い出した



商品の説明として
古代文字から現代の文字まで歴史上に現れた全ての文字を網羅し、わかりやすく解説。
発生の由来と変遷、読み方・運用・文例、伝播と影響などを詳述し、数字や記号、便利な付録も充実。
1200点の鮮明な図版でわかる、読んで、見て楽しい文字の大図鑑

とあるけど、まさにその通り!古代文字は見てるだけで楽しいね
個人的にはヒエログリフやシナイ文字がデザインが面白くて興味深い
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 野生の猛禽を診る | トップ | なぜ蚊は人を襲うのか »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。