Time flies

写真で綴る日々の出来事

野生の猛禽を診る

2016-10-13 10:30:56 | 書籍 雑誌
たまたまブログで獣医師斎藤さんの存在を知り、これは素晴らしいと興味を持って購入した本

「野生の猛禽を診る」沢山のカラー写真と共に語られる斎藤さんの猛禽類への愛情が心に響く…
「治療室から」のコラムは上等なドキュメントとして考えさせられる事ばかり

子供の頃から猛禽類が大好きで、動物園に行ってはコンドルに感心し、近所の空を飛ぶ鷲や鷹を見つけては
飽きずに眺めていたことを思い出す…

思えば、小さなツバメもスズメも好きやから鳥全般が好きなんやけど、昆虫達と違って容易には捕まえられず
遠目に見て楽しむしかないのが、子供心にちょっと悔しかったw

大人になっては本気でフクロウを飼育しようかと悩んだけど、その為の設備と餌の確保で断念したw



猛禽類の交通事故については何度か聞き覚えがあったけど、鉛中毒の記事にはびっくりした
その原因も、現在でもなくならない理由も、本当に考えさせられる…

人間界との軋轢も、簡単には解決しない問題なので悩ましいところやと思う
とても興味深く最後まで一気に読ませてもらった
そして日夜猛禽類の命を救い続ける斎藤さんの行動には本当に頭が下がる

動物好きな人は是非…
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ZENITH WATER | トップ | 世界の文字の図典 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。