Time flies

写真で綴る日々の出来事

蜜蜂と遠雷

2017-03-06 12:12:39 | 書籍 雑誌
直木賞を受賞した恩田陸さんの作品「蜜蜂と遠雷」を買った

この本の会計時に店の人が本に挿まれた万引き防止タグを外すのに難儀して、透明包装がビリビリにw
俺は外装のセロハンなんてあまり気にしないので、一気にババッといってくれても良かったんやけどなあw

沢山ある本屋大賞ノミネート作の中には、読み始めたら「なんじゃこれ…」とがっかりする作品もあるなか
この「蜜蜂と遠雷」は巻頭から一気に物語に引きこまれた

裏帯で登場人物を知り、次に表紙裏の帯の推薦状が目に留まり、ますます興味が湧いてくる…
一気に読むのはもったいないので、ちびちび読んでいるところw

出来ることなら、静かな夜にクラシックピアノのCDを小音量で流し、高価ではないテーブルワインを飲みながら読みたいと思う
つまみはチーズ鱈がいいだろうw


音と酒の描写が素晴らしい作品にはずれなし!と俺は思う…
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 闇のアルバム | トップ | メジャーカップ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。