社長の日記

岐阜市で家づくりをしている、株式会社ヤマカ木材社長の日常やメッセージをお届けします。

2番煎じが無くなる時代

2016-10-17 17:54:02 | 業界について
アメリカではシリコンバレーを中心にIT企業を多く周りました。

そこで感じるのはやはりアメリカの強さと日本の未来への
危機感です。

東海岸のニューヨークなどはやはり今でも世界の金融の中心地だし
シリコンバレーのIT関連の技術は日本の数年先を行っている気が
します。

そこにはもちろん投資家がいて、お金は無いけれどアイデアや技術を
持っているベンチャーに投資するシステムがあります。

だからこそどんどん新たな起業家が出て来てたった数年で世界を
変えて何兆円という個人資産を形成する事が出来る。

もちろんその裏ではその何千倍もの失敗者もいますが、彼らもまた
リベンジ出来るチャンスがあります。

日本はその製造業の技術の高さで世界を圧巻してきました。

しかしその技術もアメリカの真似をして本家を超えていったのですが、
こと、ITの世界では2番煎じにチャンスはありません。

それはスピードが全然違うからです。

真似ている頃には次のテクノロジーやシステムが生まれていきます。

今回の視察でアメリカの大学の教授も企業のトップもコンサルタントも
誰もが強調していたのはイノベーションという言葉です。

イノベーションこそが企業を発展させる為に一番大切な事だと。

僕達も他社を真似する事はとても大切ですが、その一方でイノベーションを
起こさなければ未来は無くなってしまいます。

2番煎じはもうメリットが無くなってしまう時代ですね。

その為のカルチャーを社内に作っていきたいと思います。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 帰ってきました! | トップ | 名古屋にて・・・ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL