山いこら♪

山に森、生き物、林業、樹木、木材などに関する色々な知識や楽しさを共有しましょう。みんな、山いこら~

カエルは英語でfrog?toad?

2017年07月11日 | 爬虫類・両生類のお話

 雨の日になると、道端に出現するヒキガエルとよく出会います。

 ヒキガエルを真正面から撮影するとカワイイ感じに撮影できます。



 さて、カエルは英語で、frog(フロッグ)?

 それともtoad(トード)?

 実は、toadはヒキガエルで、ヒキガエル以外のカエルをfrogと使い分けます。
 図鑑でヒキガエルの英名を調べてみると、ヒキガエルだけtoadで、それ以外はfrogになっていると思います。



 ヒキガエルのイボイボした姿が醜いので、他のカエルと区別しているらしく、toadは、「嫌な奴(物)」と言う意味もあるそうです。

 

 10年以上前、大阪市内で撮影したカエルやヘビの写真を展示させてもらったことがあり、その時にアメリカ人のお客さんが来られたので、ヒキガエルはtoad、それ以外のカエルはfrogと言うのか、質問してみました。

 すると、ヒキガエルの写真を指さしながら、「そういえば、これはtoadっていうね。それ以外はfrogやわ~」と、流暢な関西弁で答えてくれました。

 「そういえば」といった感じでしたので、少なくとも、そのアメリカの方はfrogとtoadを意識して使い分けていた感じではなく、言われてみれば・・・みたいな感じでした。

 同じカエルを一方はfrog、一方はtoadと使い分けるという感覚は、あまり日本語にはない感じがします


 という今、手元にカエルの図鑑があれば、ヒキガエルの英名をチェックしてみてください。

『爬虫類』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヘビの種類 見分け方 | トップ | マダラアワフキムシ 人工林... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL