山いこら♪

山に森、生き物、林業、樹木、木材などに関する色々な知識や楽しさを共有しましょう。みんな、山いこら~

樹皮が斑状に剥がれる樹種 サルスベリ・ヒメシャラ

2017年03月08日 | 樹木の基礎知識に関するお話

 今回、樹皮が斑状に剥がれるサルスベリやヒメシャラなどの樹皮について。

←ヒメシャラ

←カリン

 このような樹皮における周皮のコルク組織は、ほとんど発達せず、コルク皮層で盛んに光合成が行われています。

 そして、数年が経過すると、組織が古くなって、皮層全体がコルク化します。

 コルク化すると柔軟性が損なわれ硬くなるため、幹の肥大成長についていけなくなり、やがて脱落していきます。

 この脱落した部分の内側には、すでに新しい周皮が作られています。

 なので、樹皮の古い組織が新しい組織に入れ替える・・・いわゆる新陳代謝が、幹全体で行われ、それが斑状にポロポロと剥がれているというわけです。

 ん~「脱皮」みたいなもんですかね。

 

『山登り・ハイキング』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 樹皮が厚い樹木 アベマキ ... | トップ | 皮目が並ぶ樹皮 ヤマザクラ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

樹木の基礎知識に関するお話」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL