FX(外国為替証拠金取引)についての随想です。リンクはどうぞご自由に。
やまはFX



前のエントリーを書いた時はドル円はまだ117円の上のほうだったが、その後下落。雇用統計前に116円ローを試した。雇用統計で予想外にも失業率にいい数字が出たため、またもや利上げがあるのではないかという議論が高まり、為替はドル安からドル高に反転。しかし、景気の先行きにはそれはマイナスということで株価が下落し、ドル円も最初はドル高で上げたが、結局、116円ハイという位置に戻ってしまった。為替は右往左往を余儀なくされたわけだが、基調としては、下向きの週だったと概括できるだろう。

日米欧いずれもそうなのだが、今、経済・為替状況の右往左往が、企業業績や輸出入やGDPなどよりも、中央銀行の動向に依存しており、かつ、その中央銀行の動き自体が逆に不安定化をもたらしているという事象が明白に読み取れる。リーマンショックの時のバーナンキを思い出していただければわかるが、「その時点においては」彼は信頼がおけるものとしてふるまっていたし、まわりもそのように感じていた。しかし、今、イェレン・ドラギ・黒田への各国の信頼がどの程度のものかは言わずともわかることである。今後、安定した景気の再回復はまだまだ遠いと言わざるを得ない。

さて、月曜日からであるが、ドル円の前回安値はかなり厚い壁でありそこから115円を割るにはもうすこし時間がかかるかもしれない。しかし、割れば急降下だろう。波動的には、マイナス金利発表の戻しからの下落であり、もう一段の下げがあってもよい。逆に、戻りも、とにかく、最大の戻りでも121.6円ということは動かないと思われるので、何かのサプライズがあっても、そこまでの耐性を心得ておけばなんとかなりそうだ。

ここにきて、中央銀行もなりふり構わなくなってきているので、何でもありだと思う。しかし、それは結局無駄弾に終わる。うまく流れをつかんで、下向きの動きに備えていきたい。(なお、念のために言えば、私はアベノミクス・クロダノミクス失敗という認識ではない。今現在の為替の流れを日銀だけで止めることはできないが、いずれ、大きな下落の後で上昇・回復した場合には、後世、それなりの評価が与えられると考えている。)





コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




一晩で完全に為替相場の様子が一変した。ドル高から、ドル安へ。連銀総裁の発言がきっかけと言われているが、要するに、FRBの利上げが無理だったことが一般に共有されてきたということだろう。また、日本のマイナス金利もあきらかに影響している。日本のマイナス金利がきっかけで、米国債への需要がさらに強まり、米国債の利回りが低下したことも、この一連の流れに影響を与えた。

この変化はただならぬ動きを為替に引き起こす可能性がある。昨晩のNYの119円、118円割れもそうだったが、さらに急速なドル円の下落があり得る。雇用統計を控えて様子見になる可能性もあるが、昨日書いたように、雇用統計の数字が良くても悪くても、株が下がり、リスクオフ的雰囲気になる気配であり、ドル円の下げは不可避のような気がする。
 
テクニカル的にもここから前回の安値を割れるまでに大きな障害はないはずで、115円まで一気に下げる可能性も残されている。今週から来週はひとつの山場となるのではないか。
 
自分のトレードはドル円売り増し。これにつきる。

コメント ( 27 ) | Trackback ( 0 )




原油がまた下方へ動き出した。おかげで、ダウ、日経と連鎖下落し、ドル円はあっけなく120円を割ってしまった。もうすこしここで留まるかと予測していたが、これは外れた。しかし、自分のトレードとしては、121円、120円台でショートしているわけなので、歓迎すべき動きではある。

やはり、日銀のマイナス金利が、かなり留保条件付きのもので、むしろ今後の日銀がかなり手詰まりになってきたことを露呈したことが、円高への追い風になったものと思える。前回に引き続いて、結果論としては、黒田さんの限界も見えてきたということになるだろう。そろそろ、日銀が何をしても、吹き値は売り、という原則をたててもよいのではないか。

さすがに日欧も追加緩和をすぐにうつわけには行かず、当面は、日米欧とも中央銀行には打つ手がない。ファンダメンタルズからは、米国の雇用統計待ちの相場となるが、雇用統計は、最近の例のごとく、良ければFRBの次回利上げありで株が下げ、悪ければ、やはり景気悪化で株が下げで、ドル円の下落につながる方向性しか見えてこない。余裕を持ちつつ、売っておこうと思う。

(追補)ドルストレートでのドル高が前回のリスクオフに比べると弱いので、そのあたりをどう考えるかが問題になるだろう。いろいろと考えて見たい。


コメント ( 9 ) | Trackback ( 0 )




今日も、はっきりしない動きだが、ドル円の下降と前後して、カナダドルが対ドルでまた下げて来たのには注目したい。ランドも数日前から再度下降している。新興国・資源国通貨におけるドル高に再燃の気配があるということだろう。現在の為替相場でもっとも重要な指標は言うまでもなく、米ドル、特に、新興国通貨に対するレートであることはずっと述べてきた。

カナダドルの対ドルレートのチャートを見ると、USDCADで1.4あたりはサポート・レジスタンスになっており、重要な位置にかかっている。ここからUSDCADが再上昇するかどうか特に気をつけて見ていきたい。これが上がるなら、ドル円の下げもさらに確実になるだろう。




コメント ( 7 ) | Trackback ( 0 )




日本のマイナス金利は世界的にはあまり影響を与えていないようで、その前からのドル高の巻き戻しがまだ続いているだけの気配だ。新興国通貨も対ドルでは高くなっており、資源も安定している。全体としては踊り場的相場と見ていいのではないか。原油の動きが気になるところだが、まだ先が見通せる段階ではない。ドル円トレーダーとしては、軽くドル円を売って様子を見ておきたい。

しかし、昨今の日米欧の中央銀行の動き、また、以前からの日米の貨幣乗数の動きなど、経済学の普通の教科書がぜんぜん役に立たない状況だ。大学で経済学の先生はどうやって教えているのか興味深い。もしこのブログを読んでいる方で、経済学部の学生さんがいらっしゃったらぜひうかがってみたい。^^

しかし、マイナス金利のあおりで、銀行の定期預金金利も引き下げとか。その前に、貸し出しでお金をくれるようにしてください。^^ このあたりも経済学の通常の理論を混乱させる要因ではある。





コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )




黒田日銀の意表をついたマイナス金利導入で、大幅に円安となった。日銀の目標が円高阻止であることが明確になり、しばらくは急速な円高への移行はないだろう。概括的に言えば、円安傾向ということになるが、といってドル円123円を超えるような大幅な円安になるかというと、米国株価の状況などからそれもむずかしいと思う。テクニカル的にも前回の123円あたりは強いレジスタンスになると思われ、当面122円に入ることができるかどうかというところと考えている。

マイナス金利といっても、三段階性とかで緩和処置が施されており、銀行の日銀へのいわゆるブタ積みがただちに放出されるほどのものではなく、あくまでも、円高は困りますよという、日銀のアナウンス効果に重点を置いたものだという解釈がされているが、おそらくそのとおりだろう。一般大衆の預金がマイナス金利になるわけではなく、金融システム全体に不安定な部分をもたらすマイナス効果もありで、これで株式も含め、相場が再度安定して、どんどん上昇していくと考えることは困難だ。むしろ、もうひとつの不安定要素が増えたというべきではないか。

当面はドル円120円から121円を中心としたレンジ相場になると考えている。そこから先は相場自身の指し示す方法を見定めてから動いていくことにしたい。ただ、自分のシナリオはまだ下向きである。

あと、おまけだが、これで日・欧がマイナス金利となったので、金(ゴールド)には追い風ではないかなと思います。




コメント ( 19 ) | Trackback ( 0 )




黒田氏はやはりなかなかの策士である。今回は、マイナス金利だけを使ってきたが、これで時間稼ぎをして、さらに必要なら追加緩和の策をうってくるだろう。しかし、米ドルの巨大な長期サイクルの前には、日本円の動向は一時的な攪乱要素でしかないと思われる。今年の前半を通して、もう一度円高が進むと見ている。
 
自分のトレードは日銀が動くまで待つということでしばらくノートレードだったが、今日は久しぶりにドル円を売っている。昼間は時間がなくて、121円オーバーは見過ごしてしまったが、120円台ではさらに売っておこうと思う。前に書いたように昨年の秋相場ではレンジは121円あたりが上限になっており、動きの中心は120円台である。しばらくはこのあたりで動いて、下に進むと考えている。122円台は非常に困難だろう。ただ、米国株価を中心に売られすぎの是正の動きもありで、このレンジがどのくらいの長さになるかは未知数である。資源の動きと見比べつつ考えていきたい。バルチックドライ指数も日々低下しており、世界の海運は運ぶモノがない状態である。少なくとも、急速な株価の回復が望める状況とは考えにくい。為替は軽やかに動くが、オーバーな動きとなりがちである。そのあたりに注意してトレードしていきたい。






コメント ( 16 ) | Trackback ( 0 )




相場は完全な巻き戻し相場となっている。材料としては、カナダの利下げなしとか、ECBの追加緩和がありそうとか、来週の日銀の追加緩和期待とか、いずれもそれほどのものでもなく、何かを材料に巻き戻してみているというテクニカル相場だろう。これにあと、FRBが利上げペースを落とすなどの宣言をすれば、さらに巻き戻されることになる。まずは来週の日銀の様子を見てから動いても遅くはないだろう。
 
自分のトレードとしては、一段落ということで、ポジション縮小して数日の間はノートレードである。その間にドル円が115円に飛び込んだところでは動きたかったが、見るだけに終わっている。そういうことで、もうすこし様子見してから、次のポジションをとっていきたい。日足レベルで、いつものように2014年12月から3月あたりの動きを見ると、いまと同様なレンジである(ただし、トレンドは上向き)。このあたりからの類推では、この後、120円越えくらいの可能性は残されているのではないか。うまく時をはかっていきたい。


コメント ( 23 ) | Trackback ( 0 )




さすがにクロス円もかなり下げが行き過ぎた感もあり、相場が一段落している。もうちょっと調整がありそうな雰囲気だ。時間で調整するか、あるいは、戻りで調整するか、それを確認してから次に動きたい。

いずれにせよ、まだ下がある相場だが、無理することはない。下げてからの上げも大きく、またおそらくそれを繰り返すと思われ、チャンスはこれからどんどんと出てくる相場である。


コメント ( 19 ) | Trackback ( 0 )




ドル円はなんとか保っているが、クロス円はそうとうひどいことになってきた。ポンド円、カナダ円などが先行しているが、オセアニア円も後を追いそうだ。この強烈な円高圧力の中で、ドル高があるドル円はまだなんとか形にはなっているが、そんなに長くは持たないと思う。週足でドル円を見ると、ダブルトップの125円を一山と見なすと、その左右になだらかな小山があるようなもので、変形の三尊になりつつある。そろそろ左右の裾野の長さも同じくらいになることもあり、また、右の裾が左より下がってきており、前回安値の115円ローへの動きがそんなに遠くないことを思わせる。
 
ファンダメンタルズは、ドル高につきる。前から述べているように、通常のドルインデクスは、円とユーロでドル高が薄められるので、今回はあまり意味をなさない。かならず、FRBの広域版ドルインデクスによって観察すべきだ。これがいま、123であるが、130近くまでは上昇するのではないか。これが上昇し続けるかぎり、資源(特に原油)が下落するパターンであり、リスクオフの継続となるだろう。

今後、ドル円の115円割れともなれば株式もさらに下落し、日銀とECBの追加緩和もあり得るが、もちろん、相場的には一時しのぎにすぎない。戻りの幅もすくないだろうし、いずれにせよ売り場提供に終わると想定している。


コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ