FX(外国為替証拠金取引)についての随想です。リンクはどうぞご自由に。
やまはFX



週明けとともにさらに一段のドル高となった。欧州通貨の対ドルだけでなく、オセアニアも、また円も対ドルで下がったことに注目したい。いずれの対ドルレートも、日足レベルでのレジスタンスをやぶっており、さらなるドル高に移行する可能性が高いだろう。特に、スイスフランも対ドルでP&Fでも大きく上昇を見せており、金の下降も合わせて、ドル円ももうすこし上までは上がりそうな気配である。
 
ということで、自分としては、ドル円、ユーロドル、豪ドルドル、さらにドルスイで、ドル買いとしているので、もうすこし続けてみたい。クロス円(豪ドル円)のショートはかなりきびしいが、キウイ円では、すでに円高となっていることもあり、ドル円が頭打ちになるであろう105円程度が近いため、豪ドル円がさらにどんどん上がっていくことはないと考えて、もうすこしガマンしてみたい。
 
この異常とも言えるドル高の原因は短期的にははっきりしないが、QEの停止を見据えたものという基本にたちもどれば当然とも言える。また、リスクオフの相場に移行しても、ドル高は変わらないだろう。とするなら、確率的に、ドル高中心の視点を持つことはおおはずれにはならない、という思考が、市場参加者の大勢になりつつあるのではないだろうか。






コメント ( 8 ) | Trackback ( 0 )




予想以上のドル高継続となっている。この理由は正直わからないとしか言えないが、乗っていくしかない。幸い自分のポジションは全部ドル買いなのでこのまま続けていく。ただ、クロス円の豪ドル円ショートだけがマイナス方向なのだが、もうすこし粘ってみたい。

株高によってリスクオンとなって豪ドル買いが続いているため、ユーロドルよりも下げが弱くなっているが、リスクオフとなれば、対米ドルでの豪ドルはこんなところではあり得ない。0.8どころか0.6台すらあり得るのではないか。ただ、それがいつになるかが問題なのだが。

ドル高でドル円が上昇するのは、円の自主的動きがないわけで、103円を軽く抜いた以上、さらに上があると考えるのが妥当である。ドル円のショートはしばらくは難しい。


コメント ( 3 ) | Trackback ( 0 )




しばらくおやすみしていたブログですが、ゆっくりペースで再開します。コメント欄も開けました。よろしく。

米国金利が上がらない中での、ドル高、株高というなかなかむずかしい相場展開になっている。円はほぼニュートラルでドルの動きに合わせて上下している状態だ。今の状態をどのように理解するかで、投資行動も変わってくるわけだが、私の基本理解は、QEがまだ止まっていない、が、今後徐々に止まる、という風に把握している。

つまり、確かにテーパリングで資金供給は絞られたが、決して止まってはいない。またFRBの持っている資産はかわらない。資金を吸収しているわけではないのである。実際に、米国マネタリーベースの状況を見ても、7月はかえって前月より大きく伸びている。ということで、テーパリングと言う言葉にだまされているようなわけだが、相変わらずFRBは緩和姿勢を続けていると言える。これが、金利が上昇しない理由だろう。株高はしたがって、金余りの必然的結果だ。

というふうに理解すれば、話は簡単だ。QEがまだ続いているわけで、低金利(金利抑圧)、株高(金余りによる強引な株高)はその結果に過ぎない。ただ、ドル高(ユーロ安)はそれでは説明できないのであり、これは将来を先取りしているのだろう。QEが本格的に停止されると思われるこの秋以降は、ドル高が強くなるはずであり、それを見越してのドル高だ。なお、株高も人工的なものであり、一度大きな下落を経ないと更なる上昇はむずかしい。6月のFOMCでは10月にQEを終了することが予告されており、おそらくそのあたりが、リスク上昇時期になると思われる。
 
ということで、相場の方向としては、まだしばらくはドル円はレンジになる可能性があるが、QEの停止とともにドル高がさらに強まり、それによりリスク回避の円高も発生するだろう。ドル円は、まだすこし上がる可能性もあるが、上限は103円程度、その後、円高で90円台に戻るという可能性が高い。その他、ドルストレートは上げ下げあるが、ドル高へ、クロス円は大きく下がる、という方向が予測される。
 
だいたいにおいて、円の動向は、スイスフランや金とほぼ連動した動きになるのであり、それらのチャートと引き合わせて見ていくといいだろう。場合によって、それらが先行する場合もある。それらをじっくりみてドル円のチャートと合わせて考えていきたい。

現状は、ユーロドル・豪ドルなどの売り(中期)、ドル円の買い(長期)、豪ドル円の売り(中期)を中心としているが、様子を見つつ、ドル円の売りの時期を考えていきたい。





コメント ( 13 ) | Trackback ( 0 )




米国5年債、10年債とも金利が大きく崩れていよいよ下方ブレークが明確になってきた(価格上昇)。この時点でのドル高は、あきらかに景気には悪いシグナルだ。

本来、米国財政当局には、景気回復し、長期国債の金利も上昇し、そこで良いドル高というシナリオがあったはずだが、実際に今起きているのは、金利の下落局面でのドル高である。この金利下落は、ドル高による今後の新興国を中心とした悪い状況を先取りしたものになっているのではないか。

ということで、ドル高によるドル円上昇は一時的なものであり、着々と下落相場の種がまかれている状況であると思う。特に、金(ゴールド)の売りは大きい。金からも逃げ始めるのは、景気回復局面ならOKだが、この場面では決していい兆候ではない。

まだもう一回くらいはドル円は100円台でサポートされるかもしれないが、この金利下げの局面では、いよいよ100円割れの攻防になるかもしれない。




コメント ( 23 ) | Trackback ( 0 )




豪ドルから下げ始めたが、ユーロドルも下げで、円高も追って発生し、下げ相場に向かっているようだ。特に、米国債の10年債、5年債ともP&Fで下げシグナルが出ているようであり、また、ゴールドも下げ方向であり、この金利と金の両方下げは、かなり大きな崩れの前兆であることが多い。ドル円、クロス円の大きな下げを見込んでじっくりと待っているが、このままの体制でトレードしていきたい。


コメント ( 15 ) | Trackback ( 0 )




先週のニュースで気になったことのひとつにFXにおける個人のドル円買い(円売り)の話がある。日経を引用すると、
 
「先週の外国為替市場で、外国為替証拠金取引(FX)を手掛ける個人投資家が巨額のドル買い・円売りをしたことが分かった。大手FX会社での取引分だけで、1週間のドル買い越し残高は38億ドル以上増加。この増加額は、日銀が量的・質的緩和策(通称、異次元緩和)を始めた昨年4月以降で最大だ。1ドル=103円台から101円台へとドルが下がった局面で積極的なドル購入に出た模様だ。円相場が一気に100円に向かう展開にならなかった背景に、こうしたミセス・ワタナベ(FX投資家の通称)の動きがあったようだ。」
 
とある。私の見るところ、FXで積極的に売り買いをしている人や、FXブログ等では、むしろドル円は売りという説が強いように思うが、実際は長期円安を見込んで買っている人も多いというのが実情のようだ。ここしばらくのドル円のレンジ相場の理由はそんなところだろう。ヘッジファンド等は、ドル円はむしろ売りに回っているようであり、全体として売り買いが拮抗している様子だ。
 
今後の予想もきわめて難しくなっているが、現時点では、一端100円を大きく割れてから、戻すという可能性が多いと考えている。トレードのやり方は人それぞれだと思うが、これから例年動きが大きくなる連休に入るので、気をつけてトレードしていきたい。

なお、私事ですが、少々仕事が忙しくなってきたため、しばらくブログ更新頻度が下がると思いますが、ご了解を乞う次第です。



コメント ( 14 ) | Trackback ( 0 )




今年に入ってテーパリングが行われているはずなのだが、米国の株価は相変わらずのように見える。しかし、実際に、資金の流通は減っている。

このチャートは、米国のマネーサプライ(マネーストック)のチャートだが、年末から、ここ数年に見られない大きな落ち込みを二回繰り返しており、上昇が止まっている。実際にマネタリーベースの方もあきらかに上昇が止まっているのだが、それ以上にマネーサプライの変調が甚だしい。つまり、貨幣乗数が大きく落ち込んでいるのだ。
 
ずっと上昇一途で来たはずのマネーサプライの上昇が実際に明確に止まってきているのはまさしく事実なのだ。従来QEの停止毎に起こっていたダウの急落が今回は起こっていないが、それはやはりおかしいと思う。時期は、少しずれるかもしれないが、従来以上の大きな下落が近づいていると考える。

当然、為替はドル高・円高のリスクオフ相場になるはずだ。ただ、その時期を読むことはできない。しかし、従来の例を見ると、半年先ということはないのではないだろうか。4月から6月の間に何かが起きると考えたい。豪ドルは、今はドル売りの豪ドル買いとなっているが、これが逆流すると急落となる。円高も加わると、クロス円ではさらに急落となるはずだ。じっくりと取り組んでいきたい。





コメント ( 13 ) | Trackback ( 0 )




昨晩のNYはダウはさほど大きく動かなかったが、結局ドル円はだだ下がりとなり、東京に移っても102円をうろうろする相場となっている。やはり日銀の追加緩和なしが予想以上に円売りにダメージを与えた模様だ。この為替主導の動きはそう考える他はない。日経は基本為替連動なので、下げは当然だ。
 
今後の予想だが、そういうわけで、円が主体となった動きであったが、その他の通貨のドル安も合わせ、全般的なドル安となっている。前から書いているように、大規模なダウの下落には必ずドル高が伴うものであるから、まだまだ本格的な動きとは言いにくい。ドル円の戻りは弱いものと思われるが、テクニカル的な反発は十分に予想されるので、ここは引きつけて売りたいと思う。金も週足レベルで底打ちの気配があるので、こりずにドル円売りで進めてみたい。何かのトリガー、たとえば、ウクライナなどで、さらなるリスクオフが引き起こされるのではないだろうか。

なお、S&P500はすでにP&Fで下落シグナルを発している。ダウも、あと少しだ。ナスダックもかなり崩れてきている。これらが本格的に崩れると同時に、ドル円も101円を割り、さらに大きく下げると思われる。





コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )




雇用統計でがらっと変わった動きは、月曜になっても継続しているようだ。東京時間の円高は、日銀に追加緩和の動きが見られないことによるポジションの変更と見られなくもないが、基本は、ダウの変調だろう。

とにかく、ここまでしばらくのリスクオンの根本にあるのはダウの上昇だ。これが何かの原因で逆回転すれば、すべておかしくなる。ただ、現状、ドル安であることが腑に落ちない。本命はドル高(ユーロ安)であると考えているので、まだこのままでの大下降はないと思う。もうすこしの上下はありそうだ。今日の102円ギリギリの相場を見て、とりあえず、また戻り売り体制に移行する予定である。

コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )




しばらく円安方向に進んでいたが、なぜか雇用統計の結果を受けて、ダウとともにドル円も下落した。これといった理由があったわけではないが、テクニカル的に限界というところだろう。期せずして、金もようやく当面の底を打った模様であり、こちらもテクニカル的によいところまで来ている。
(掲載画像は、金の週足の一目。前回高値は、雲下限ではね返されている。)

来週以降、再度、テーパリングによる、ドル高、リスクオフの相場に戻っていくと考えている。先週は、ドル円の売りを若干縮小したが、かわりにユーロドルの売りを始めた。これもそろそろユーロ買いはテクニカル的にムリな範囲に来ていた(1.4はちょっとむずかしいだろう)と見るためである。なかなか、つらい相場だったが、なんとか乗り切ったので、月曜以降の円高に期待したいと思う。ただ、何かファンダの上のきっかけがないと、大きくは動かない。それが何になるかはまだわからないが。

とりあえず、日足の雲上に出たドル円が再度雲に突入していくあたりを確かめてみたい。






コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ