乙女の靴音

    
    〜 一歩・二歩・山歩 〜

  
          

だき山〜国見山

2017-04-21 | 登山
4/19(水)新ルートに挑む

ピーカンの山日和
釣鐘山が眩しい山麓

「庵・鹿川」に集う今回のメンバー9名
ゲストの静岡からの女性クライマーも同行
ガイドはこのルート開拓者の「庵のアランドロン」



全員山トラに乗り込み発車オーライ!



でこぼこ林道に悲鳴をあげながら



8:50 だき山登山口へと高度を稼ぐ



樹林帯から入山



沢沿いの岩場に咲く



サクラソウが可憐



あまり歩かれてないルート
急登で腐葉土の滑る足元に苦戦しながら



11:09 やっと稜線に出た
だき山と竹の畑山の分岐点



全員集合!!
ここで2名は下山となり「気をつけてね!」
宴会の準備をよろしくお願いします



岩峰にアケボノツツジが淡く囁く



ロープがある難所のアップダウンを通過して



正面登山口のルートに合流



岩尾根に上がると



眺望が素晴らしい



ブナとミズナラが半分づつ合体した



珍しい「ブナラ様」から



だき山西峰へ



12:20 手前のピークでランチ
ドロンさん特製の甘〜い紅茶がうれしい



だき山はまだかいな?



絶景の大パノラマに歓声をあげ



13:17 平坦で通過点みたいな
1420.4m だき山ピーク!



加納坊主が天をつく大崩山系



国見山への縦走路はアップダウンを繰り返し
見晴らしの良い稜線歩き



分岐から約、10分
14:50 国見ピーク1391.5mの三角点にタッチ!



可愛岳や行縢の視界が開ける



分岐から下るとキャンプ場への分岐点



鬼の目山が眼前に



鉾岳も近い



鬼の目杉の分岐から



何気ない風景に人発見
山トラ回収にリーダーが先にキャンプ場に向かったはずだが?



なんとコースを間違え合流して苦笑
ここからはひたすら鬼の目林道を下る



崩落が激しい箇所も多く慎重にルートをとる



岩上のアケボノが疲れを癒すころ



17:15 山神様がお迎えに参上
「ありがたや、ありがたや」




ほんとお疲れ様でした





    ガタゴト林道を30分、面白すぎる二度とない体験
    奥深い山あいに絶叫と笑いが静寂を破り
    「庵・鹿川」に無事帰還となりました。。。





                   夜の部へ・・・







ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 文芸誌「しらぬい」の現地研修会 | トップ | ロッククライマーの聖地によ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お疲れさまでした (アラアラドロン)
2017-04-23 17:55:15
隊長から「見れ」とメールが来ました。なかなかハーなルートでしたね。またぜひお出で下さい。今八甲田酸ヶ湯です。
愉快な仲間たち! (乙女)
2017-04-25 15:00:53
思いがけない出会いと触れ合い
おかげさまでとても楽しい山行となりました。
ありがとうございました。

山スキーと酸ヶ湯温泉、
羨ましい限りです。



コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。