日日是好日 山口庭園の日々

埼玉県入間市で植木屋をやってます
山口庭園です。

御殿場

2017年04月20日 20時54分24秒 | 日記

いつもお世話になっている臨済宗のお寺さん。
静岡県にある安諸庭園で私が担当しているお寺さんだ。
本堂前にあるイチョウの伐採に行ってきた。

本堂前は巨木が多く、イチョウは切り続けなければ他の樹木と喧嘩してしまい空間的にも苦しい。
20mを超すイチョウが4本。
今回は伸び続けていても無理のない1本を残し3本を伐採した。





静流園の武さんに助けてもらいながら。


また、山門前の石組みも組み直した。
最初は車を停められるので石が3石置いてあっただけであったが、ご住職が建仁寺で修行されていたこともあり
本山にならい茶の木を植栽し、大刈り込みと生垣をつくった。
臨済宗開祖、建仁寺開山の栄西禅師は、茶の湯を日本に伝えた方である。
しかし土の状態も悪かったため良くはならず、結局ご住職自ら抜いてしまわれた。
これは私の土壌改良不足だったと猛省しているところだ。

よくよくご住職と話しをさせて頂き、石を組むことになった。
青い龍を想像しながら3石で組ませていただいた。
また、門脇にあった不自然な巨石も山門下におろし据えた。
しかし空間に対し大きすぎバランスがとれない。
三石とのバランスも。

それから2ヶ月後くらいに、
「山門前の石組みですが、いいのですがね。若いです。
 禅語の中に「断碑横古路」というものがあります。そのようにお願いします。」

自分を超えた注文だ。

さて。
まずは巨石を3分の2くらいに埋めることを。
そばにサツキを1本添わせて。
石はご住職が選ばれた。
「この中の石を使って組んでください。一つでも二つでも構いません。
 あとは山口さんに任せます。」
今までの自分の経験や知識、造園的思考を全て捨てて臨んだ。
「断碑横古路」このことだけを頭に入れて。




「静かで穏やかになりました。ありがとうございます」
大変な経験を積ませていただいた。
ご住職のおもいに届いていたのかはわからない。
ただ、与えていただいた言葉を噛みしめる。

一流ではなく、超一流を。
いつかは安諸親方を超える庭師目指し精進するのみ。








本堂前。
きっと、その時の人々の思いを形にしたものを取り除くことで良くなっていくんだろうと思う。
ものをつくることは難しい。
それが良くもなり、悪くもなる。
結局伐採したイチョウはその時のおもいによるもの。
自分を慎ましく、生きていきたい。





ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 辺土去る | トップ | 初夏。 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (静流園)
2017-05-14 20:54:29
山口さん。大変お世話になりました。とても響きました
死生観  またご一緒できるときを楽しみにしています。

いつもありがとうございます!  武士
Unknown (山口庭園)
2017-05-19 15:21:41
たけしさん。
手伝っていただき本当に助かりました!
一緒に仕事するのが楽しいですね。
共に悩み、一歩ずつ前へと進んでいきましょう!
また何かとよろしくお願いします!!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。