能 道成寺

2017年08月05日 | お能



今日は自宅でのんびりと子供が寝た後に観能

能の本を読めば読むほど

● 道成寺


が良いとのこと。

DVDを買ってみてみました。

シテと小鼓の緊張の掛け合いの乱拍子

集中した世界を創っていきます。

不気味な静けさをたたえる〔乱拍子〕の異様な雰囲気に、張り詰めた時間が過ぎてゆくます。

自宅のテレビで見ていてもドキドキします。

観能したことがあれば分かると思うのですが、なんといっても小鼓と大鼓の掛け声が迫力あります。

掛け声がすごく、ある人は狂気の世界とも表現されています。

実際は能楽堂で見たほうがいいに決まっていますが、能は見るチャンスが難しいです。

● たった一日しか公演しません

● 土曜日、日曜日の昼に多く公演しています

● 値段も数千円から1万5千円まで幅があります
   (野外能は無料の場合もあります)


自分が観たいと思っても多くは日程が合いません。

それでも

国立能楽堂

宝生能楽堂

観世能楽堂

セルリアンタワー能楽堂

横浜能楽堂

喜多六平太記念能楽堂

矢来能楽堂


など自宅から決して遠い場所に能楽堂があるわけではないので、その点は恵まれています。

夏はせっかくですから

● 薪能


は観に行きたいですね。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第十三回 和の会主催 宝生流... | トップ | 新作歌舞伎『極付印度伝 マハ... »
最近の画像もっと見る

お能」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL