嘔吐下痢症が流行しています。うつらないための消毒方法

2016年11月08日 | やまぐち呼吸器内科・...


感染性胃腸炎の報告が例年より早く増加傾向にあります。

周りのお子さんも嘔吐下痢でお休みしている子がいます。

感染性胃腸炎は、ノロウイルスなどの感染が原因ですが、お部屋で嘔吐下痢した時の消毒方法が重要です。

ぞうきんで拭いても、乾燥後に空気中に浮遊します。

水で拭いただけではだめです

そのため、ノロウイルスの消毒には次亜塩素酸ナトリウム(キッチンハイター)による消毒が有効ですが、これがなかなか厄介です。






我が家でも嘔吐下痢症は毎年の事ですが、その際にはキッチン泡ハイターを使用しています。

嘔吐下痢した部分を拭いた後にシュシュっとかけています。










(仮)やまぐち呼吸器内科・皮膚科クリニック
◇ 呼吸器内科・アレルギー科・内科・皮膚科
・深呼吸できるインテリア
・明るく清潔感のある空間
・心を癒す、心地よい風や水の流れ(イメージ)


呼吸器疾患を専門とする私と、皮膚の疾患を専門とする妻の夫婦で
来年1月初旬に新規オープンします!


◇1月7日(土)8日(日)内覧会
◇1月10日(火)開院予定


院長 山口 裕礼(聖マリアンナ医科大学卒)
副院長 山口 奈央(聖マリアンナ医科大学卒)


希望が丘駅から近くで便利な立地です。
駅前通りに面した新築ビルの路面医院です。
院内は完全バリアフリー設計で明るいクリニックとしております。


住所: 神奈川県横浜市旭区東希望が丘105-1 1階 建設中
アクセス: 希望ヶ丘駅 徒歩3~4分
電話:準備中
やまぐち呼吸器内科・皮膚科クリニック
https://yamaguchi.clinic/
準備中
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« インフルエンザにかかったら... | トップ | 希望ヶ丘駅近く やまぐち呼... »
最近の画像もっと見る

やまぐち呼吸器内科・...」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL