歌舞伎に誘う

2016年10月18日 | 歌舞伎
週刊ダイヤモンド 2016年 9/24 号が歌舞伎を特集していました。

内容は

誕生から400年という長きに渡って続いている歌舞伎は、
かつてないほどの観客が訪れるなど大変な賑わいを見せている。

その秘密は、歌舞伎座の再開場。

老朽化が進んでいたこともあって
建て替えられていた歌舞伎座がオープンしてからというもの、
観客動員数は過去最高、興行収入もかつてないほどとなっている。



私も歌舞伎に足を運ぶと

スピーカーを通していない生の声や太鼓、笛の音を聞くと耳に心地よく心が躍ります。

3階席からでもよく見えます。3階席ならばお得ですが、すぐ完売します。

幕間はいつもコンビニで買ったおにぎりを手に、購入した筋書きを読んでいます。

お土産物屋をぶらぶら探索するもの楽しいです。

下は7月大歌舞伎の市川海老蔵ですが、テレビなどでよく拝見しますが、実際に生で見れるのも歌舞伎の醍醐味です。

隈取など単純に見ていて、迫力あり、かっこいいのです





下は6月大歌舞伎:左から市川猿之助、松本幸四郎、市川染五郎です。

生でみるとかっこいいですよ。






ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 妊娠と喘息(ぜんそく) | トップ | インフルエンザワクチン 今... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL