中爺通信

酒と音楽をこよなく愛します。

越乃寒梅「灑」

2017-05-31 21:34:38 | お酒の話(県外)
 今年は夏が早い。5月にして真夏日とは。この先のシーズンが思いやられます。

 街の「冷やし中華始めました」の、のぼりやポスターが「それもいいな」という好感度を伴って目に入って来るようになりました。

 季節が変わると、求める味も変わるのです。


 ということで、頂き物の銘酒「越乃寒梅」です。それも夏バージョン「灑」(さい)。

 もともと淡麗辛口の新潟酒において、「寒梅」はその頂点。それがさらに「夏バージョン」。どれだけサッパリすれば気がすむのか?


 よく冷やして、いざテイスティング。

 口に含んだ瞬間、涼風につつまれ…

…気づくとそこは、アルプス。

かと思うほどの爽やかさ。そして軽やかさと清涼感。これには、アルムのもみの木もビックリすることでしょう。


 55%の純米でここまで…さすがは寒梅。さすがは新潟。…ホッとして、涼むひとときを堪能しました。


 
『新潟県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 元服 | トップ | 巨匠のベートーヴェン »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

お酒の話(県外)」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。