山形弦楽四重奏団 ブログ

演奏会のお知らせ・日々の活動など

山形Q 練習日誌64−vol.2(中島記)

2017-05-18 21:03:25 | 練習日誌
 晩年のベートーヴェンはこう言いました。

「これから有名になる人だ。もっと早くに知り合いになれなくて残念だ…」

 ベートーヴェンにしては素直ですね。それほどの逸材だったということです。

…さて、誰に対しての言葉でしょう?

 正解は、シューベルトです。


 ということで、昨日、ベートーヴェンの後期大作の深淵に触れた我が山形Qの、今日のリハーサルはシューベルトから。

 今回の定期の一曲目、「第5番」(D.68)です。シューベルト16歳の時の作品。若者のフレッシュな感性で作曲された曲なので、どこまでピュアに、瑞々しく演奏できるかが問われます。


 それにしても、16歳。もはやウチの息子よりも年下です。素のままの中年では近づくことができない領域。せめて、ピュアなイメージを豊かにして向き合うしかないでしょう。

 とにかく汚れがない曲です。


 あとはハイドンとメンデルスゾーンの途中で終了。今回はとにかくハードなプログラムのようです。音を並べるだけでも大した苦労ですが、そこにとらわれては何もできない。「早くに知り合いに」なるべく頑張ります。

 チラシを貼らせていただいたり、置かせてもらう活動をしています。
 ただいま1箇所
『音楽』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 山形Q 練習日誌64−vol.1(中... | トップ | 山形Q 練習日誌64–vol.3(中... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。