山形弦楽四重奏団 ブログ

演奏会のお知らせ・日々の活動など

第64回定期終了

2017-07-16 12:05:35 | 演奏活動
 第64回定期が無事に終わりました。猛暑の中、そして三連休の初日にもかかわらず来てくださった、たくさんのお客様に感謝しています。


 今回は、幸せな感じのする明るい曲が並びました。シューベルト、ハイドン、メンデルスゾーンそれぞれが、幸せの中にいた時期の作品です。

 作曲家がノッているだけに、音符の数が多くて演奏するのは大変な曲でした。難易度的には過去のプログラムの中でも屈指のもので、正直苦労もしましたが、やはり曲の良さに引っ張られたところもあります。…お聴きになった人は、どうお感じだったでしょうか。


 さて、次回は10月22日(日)。ゲストにクラリネットの川上一道氏を迎えて、ヒンデミットの五重奏曲。残り5曲!となったハイドンシリーズは作品64-1。そしてベートーヴェン「第4番」です。

 そのころは涼しくなっていることでしょうね。芸術の秋を、また、皆様と一緒に楽しみたいと思います。

 ありがとうございました!

第65回定期演奏会終了まで、ブログは、茂木が中心で更新します。
    
『音楽』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 山形Q 練習日誌64-vol.13(中... | トップ | チケット発売 第65回定期演奏会 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
第64回定期演奏会 (narkejp)
2017-07-17 20:51:28
お疲れ様でした。そして、ありがとうございました。今回も、良い演奏会となりました。個人的には、通勤の音楽で手持ちのCDを聴いていたのですが、メンデルスゾーンの5番の魅力をつかみそこねておりました。今回、実演でその魅力をハッキリと理解できました。アンコールの武満「枯葉」とともに、今回の大収穫でした。山Qの皆様のブログにそれぞれコメントはいたしませんが、こちらにトラックバックいたします。
>narkejpさん (中島)
2017-07-17 22:07:51
 今回もご来場いただき、ありがとうございました。

 メンデルスゾーンの中でも「第5番」は特に難しい作品だったのですが、そのように「生演奏で曲の良さが伝わった」というお言葉が一番嬉しく感じます。

 narkejpさんのように、こうして毎回、あたたかく応援してくださる皆様のおかげで64回まで来ました。ハイドンもいよいよあと5曲。次回も、皆様と良い時間を楽しめるように頑張ります。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
山形弦楽四重奏団第64回定期演奏会でシューベルト、ハイドン、メンデルスゾーンを聴く (電網郊外散歩道)
蒸し暑い夏の土曜日は、出勤して仕事をこなした後で、老母が退院して自宅で一服しているのを確認し、とんぼ返りして夕方からは文翔館議場ホールに出かけ、山形弦楽四重奏団の第64......