山寺 恭平 ほのぼのブログ 信州上田

私、山寺 恭平の公式ブログです。アニメ研究活動の事から上田市の歴史、そして趣味活動などをブログにて更新しています

こち亀が終わって

2016年10月29日 | 恭平は語る「アニメ研究活動」について
皆さん、こんばんは
山寺 恭平です。(^^♪
本日、10月29日土曜日のブログを配信させて頂きます。
今日の先程まで。
私が、勤務している職場の後輩と。
美食美酒 いっちょう上田秋和店で。
✌('ω'✌ )三✌('ω')✌三( ✌'ω')✌食事会を開催しました。
本当に、日ごろ職場内では。
中々、話すことがないので。
本当に、後輩と✌('ω'✌ )三✌('ω')✌三( ✌'ω')✌食事会が出来て本当に良かったです。
今後も、後輩と、もっと多くの交流会を開催して。
仲良くなっていきたいと思っています。
さて、本日の本題に移りたいと思いますが。
先月の連載で、連載40周年を機に、連載を終えた。
「こちら葛飾区亀有公園前派出所」の連載が終わってから、現在まで振り返ってみますと。
この、「こち亀」という作品は、約半世紀の時代を歩んできたんだと改めて感じています。
私のような30代から、50代、そして若い世代では、20代や、10代の子供たちにこの作品が愛され続けていたんだと改めて連載を終えてしまった事に、実に残念だったと思っています。
現在、BS放送で放送されているアニマックスで。
「こち亀」作品は、放映されていますが。
また、漫画の連載は終わってしまいましたが。
テレビアニメで、「こち亀」作品がよみがえって欲しいと本当に、アニメ研究家として強く感じています。
この作品の舞台ともなった。
葛飾区亀有や、帝釈天がある。
柴又なども、「こち亀」作品以外に、「男はつらいよ」でも有名になりましたが。
こう言った、作品を通して。
もっと、東京浅草の街が元気になってもらえるような作品をこれからも生み出してもらいたいと私自身は思っています。
東京の浅草という場所は。
昔ながら、風情が残っていて。
昭和の時代がこの浅草という場所には。
活きています。
そういった、地域密着型の作品である。
「こち亀」作品を又、どこかで。
スペシャル番組ではm、新作を是非見てみたいと本当に思っています。
こういった、地域で伝えていくアニメは最近、段々減っているのが現状なので。
また、いつか。
新作の「こち亀」作品がいつの日がテレビのスクリーンに戻って来るのを祈って。
本日のブログを終了させて頂きます。
それでは、皆さん。
おやすみなさい。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 明後日に向けて | トップ | 今日初めて »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

恭平は語る「アニメ研究活動」について」カテゴリの最新記事