木の家日記

2006年、家族4人、木の家を建ててからのわが家日記を綴りました。

SUWADA爪切りにガッカリ

2017年04月20日 | 日記
SUWADAの爪切りにガッカリ

横浜に住んでいた頃、100均の爪切りにガッカリさせられ、

伊勢佐木町の老舗金物屋でSUWADAの爪切りを購入。

それから使い続け約6年、そろそろ切れ味が悪くなったため、

メンテナンスに出した。

SUWADAに郵送で送り連絡があり、フルメンテナンス

を行うと言う。料金1500程度。3週間ぐらいかかったのでなかろうか?

郵送するのが面倒である上、時間がかかりすぎであろうと思ったが、

良い品を使い続けるのが信念であり、

それが当然である物しか買わない主義である。

しかし・・・。

フルメンテを終えて帰って来た私の大切な爪切りは・・・・。

切れ味こそ程々良いくなったが、動きが鈍い?

戻りが悪いため、使いづらい代物になって帰って来た。

ようやく帰って来たと思ったら・・・・。後悔先に立たず。

信頼のメイドインジャパン失墜。

仕方なくSUWADAに相談。非常に手間がかかる。

送り返してくれと言う・・・。梱包して郵便局まで。

簡単に言いやがる。取りに来て頂きたいくらいであった。



その後、再調整の上、郵送されてきました。

「毎度ありがとうございます?」「再修理 無償?」大切な物を壊された上、無償とは。


俺が企業ならば、手書きの謝罪メモぐらい入れるであろう。

SUWADA初心忘れるべからず。 写真の様に「毎度」は無い。やっぱり刃物は関だ。

皆さま、SUWADAのメンテナンスにご注意。 企業の体質と品質管理体制を疑ってしまった。

そもそも爪切りをメンテに出す人どのくらいいるのであろうか?

私ならば、そう言うお客こそ大切にしたいと思うが?

おしい。切れ味が悪い方がまだ気持ちが良かった。 切れ味より後味悪し。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 伊吹山4 | トップ | 最強の筋トレ »
最近の画像もっと見る

あわせて読む