新潟市にある山田コンサルティング事務所

第1月曜日・第3月曜日(休日順延)に記事をアップしています。 ◆ お問合せは、電話:025-223-3097 ◆

山田コンサルティング事務所のHP

3000年01月01日 | お知らせ
山田コンサルティング事務所
   ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
◆ 飲食・サービス・小売業のコンサルティングと ◆
◆ 知的資産経営支援で経営者の力になります!◆


幸せを呼ぶ黄色いブタ トントン

この記事をはてなブックマークに追加

値段に単位(円)を付けないほうがいい?

2016年06月20日 | 販売・接客
おはようございます! (^O^)/
中小企業診断士の山田まり子です。

最近、相談対応したお店屋さんで値段に円や¥、yenといった単位を付けずメニュー表示しているのを見かけました。どうやらテレビか何かで言っているのを聞いたようで、立て続けに(2店で)同じ光景が…。値段に単位を付けた場合と付けない場合では、付けないほうが売れるのだそうです。

本当だろうか?

多分、実験か何かをして出した結論なのだろうから、そういう意味では本当なのでしょう。ただし、「そのときは」「そのケースでは」ということだと思います。

私は基本的に値段には単位をつけるべきだと思います。そのほうが親切だからです。

さて、私が相談を受けたお店ですが、一方には、やはり単位を付けたほうがいいとアドバイスし、もう一方には黙っていました。単位を付けたほうがいいとアドバイスしたお店は飲食店で、ドリンクのサイズやアルコール度数といった数字も表記されていたからです。数字表記が値段だけなら単位を付けなくても「これは値段だな」とわかるでしょうが、他にも数字があると、この数字は何の数字?とお客さんは考えなくてはなりません。また、この飲食店は外国人も結構、来店するお店なので、念のため「ドルでも元でもなく、円だよ」とハッキリさせておいたほうがいいと思ったからです。

もう一方のお店は理容店で、メニューボード自体がデザインチック。アメリカンクラシカルな雰囲気で、値段は関係ないという人が来店するお店。もちろん、値段がまったく関係ないとは言いませんが、(値段も含め)事前に調べてから来店するようなお店です。また、飲食店と異なり、メニューがそれほどたくさんあるわけでも、新メニューが季節ごとに登場するわけでもありません。ですから、私は黙っていました。

確かに数字のあとに大きく「円」と書いてあると、なんとなく高く感じることはあると思います。ですから、円、¥、yenといった単位は、数字の大きさ(文字の高さ)の半分程度の大きさで書くといいと思います。

テレビや本、知り合いなどから仕入れた情報をお店に生かすのはとてもいいことですが、「本当か?」「自分の店に合っているか?」も考えて、場合によってはアレンジして取り入れましょう!

著作権:山田まり子

この記事をはてなブックマークに追加

嫌なことはやらなくていい

2016年06月06日 | 販売・接客
おはようございます! (^O^)/
中小企業診断士の山田まり子です。

ある飲食店の話。夜だけ営業しているお店で、完全予約&コース料理を提供している。このところ売上がガクンと落ちて、支援機関の職員から「ランチもしたら?そして、ランチ客を夜につなげましょう。」と言われているという。店主も「売上が悪いのだから嫌なことでも何でもやらなきゃ!」という気持ちになっている様子です。

ちょっと待って。

どうして、そんなに簡単に「ランチをやれば売上が上がる」と思えるの?(今までやっていないランチ営業を始めるのだから、ランチを始めましたってことから宣伝しなくちゃならないのよ。)そして、ランチの客が夜、食べに来てくれるって???(通常、ランチ客は夜、食べに来てくれません。ランチ客を夜に誘導するには仕掛けが必要です。)

お店の状況を詳しく聞いたところ、常連客はついているものの、新規客は増えていない。宣伝を一切しておらず、お店のパンフレット(リーフレット)も今までつくったことがないという…。もちろん、HPもブログもありません。最近、売上が落ちたのは法人の接待利用が激減したためで、逆にいうと、今までは接待利用に依存していたから宣伝する必要がなかったということです。

この状態でランチを始めても集客できません。ランチであろうと夜営業であろうと、集客のための努力をしなければお客さんは来てくれません。今、必要なのはランチ営業を始めることではなく、お店を知ってもらうこと、現在やっている夜の営業をきちんとお伝えすることです。

このことをお話しすると、店主は「ITは苦手」「ネットは嫌だ」とおっしゃいます。

結構です。嫌なことはやらなくていいです。まずは紙媒体でリーフレットをつくりましょう。幸い当店を気に入ってくださっている常連客がいます。その方たちにリーフレットや、(その次は)ニュースレターをつくってお渡ししましょう。これにより、知り合いへの紹介や利用機会の増加、加えて、客単価アップも可能です。

嫌なことはやらなくていいですが、それは「何もしなくてもいい」ということではありません。本当にやるべきことを見極めて、自分の「これならできる。」を実行してください。

この話には後日談があって、リーフレットの内容が決まったら、店主、HPかブログをつくりたいと言い出しました。あれ?ITは苦手だったのでは?
違うんです。ITが苦手なのではなく、何を書いたらいいかがわからなかったのです。いえいえ、もちろん、ITは苦手なんですよ。でも、それ以上に内容に悩んでいた。内容が決まったら、ITに強い知り合いに頼んでネットに載せると言い出しました。コンサルの現場では、こんなことがよくあります。経営者の表面上の言葉に惑わされず、真の課題に少しでも近づけるよう心がけてご支援しています。

著作権:山田まり子

この記事をはてなブックマークに追加

お客さんを見てください。

2016年05月15日 | 販売・接客
おはようございます! (^O^)/
中小企業診断士の山田まり子です。

先日、某ホテルのレストランで食事をしたときのこと。友人と2人でランチをいただいたのですが、そのときのお皿の下げ方が…。

あまりにも早く、速い。

私は食事が済んで、空になった食器がいつまでもテーブルの上にあるのは好きではありません。また、給仕係の方がテーブルに来て食事や飲物を提供したあと、空いている食器があるのにそのまま立ち去ると「空手(からて)で帰るな!」と心のなかでつぶやきます。ときどき声に出して「これ、下げてくださいね。」と言うこともあります。

そんな私が不快になるほどでした。

よっぽどホテル(の上層部)から言われているのでしょうね。ランチタイムは混みますし、理由や事情はよくわかります。しかし、行き過ぎはよくありません。

数日後、別のカフェでも同じ体験をしました。最近、ちょくちょく当たります。ときには、まだ食べ物が入っている(残っている)食器まで下げられそうになったことも。「まだ食べます。」と言ったら、ハッとしていました。とにかく下げられる食器はないか、空いている食器はないかと、それだけを見ているようです。

本当に、お皿しか見ていないのですね。レストランで給仕をするみなさん、お皿ではなく、お客さんを見てください。お客さんがクチに食べ物を運んでいる間は、下げ方に気をつけましょう。お椀などの蓋や、お客さんから遠くにある小皿くらいはいいですが、ご飯をまだ食べているのに、お味噌汁のお椀が空だからと下げるのは、どうでしょう?

お客さんが急かされている気分になるような給仕では、「品のない店」になってしまいますよ。そして、現場の給仕係だけでなく、上層部の方も指示を出したあとのチェック→フィードバックを忘れずに!

著作権:山田まり子

この記事をはてなブックマークに追加

後継者の悩み

2016年05月02日 | コンサル日記
おはようございます! (^O^)/
中小企業診断士の山田まり子です。

信金さんからの案件で、あるお店の相談対応に出かけました。
業界そのものがなかなか(かなり?)厳しい業種でした。とても真面目にがんばっている経営者&後継者さんなので、何とかお力になりたいのですが、そう簡単にいいアイデアは浮かびません。そもそも「アイデア」でどうにかできるレベルではありませんでした。

その日の夜、昼間お会いした前述の後継者さんからメールが届きました。今まで「どうしよう、どうしよう」と気が焦るばかりで、考える時間を持つこともできずにいたとのことで、きょうの相談がいいきっかけになったと言っていただきました。初回で時間も短く、たいしたアドバイスもできませんでしたが、少しはお役に立てたようです。これからは信金さんにも相談に乗ってもらいながら、きょう私が提案した「後継者として考えるべきこと」を考えていくと書いてありました。

だいたい大きくは2つですね。1つは考える時間をつくれない。もう1つはどのように考えたらいいかわからない。

考える時間をつくるという意味では、ペースメーカーとしての役割もコンサルタントにはあると思っています。私と会う予定を入れれば、少なくとも前日には何かしら考えますよね。そして、会っている間は、そのことしか考えない。

あとは、考え方について、できるだけお伝えするようにしています。私が答え(正解)を持っているわけではないので、経営者さんが自分の答えを見つけられるように…。

著作権:山田まり子

この記事をはてなブックマークに追加

売上アップの成功事例【紹介】

2016年04月18日 | 販売・接客
おはようございます! (^O^)/
中小企業診断士の山田まり子です。

前々回、なかなか事例を紹介できなくて残念と書きましたが、今回はご紹介したいと思います。小さなお店の小さな成果ですが、多分、こういうケースって、全国どこにでもあるのでは?と思います。ご参考になれば幸いです。

PDFはこちら! → よろず支援拠点取組事例集

著作権:山田まり子


この記事をはてなブックマークに追加

アンケート調査って必要?

2016年04月04日 | 販売・接客
おはようございます! (^O^)/
中小企業診断士の山田まり子です。

先日、新潟駅で電車が出るまで少し時間があったので、CoCoLoにある土産物を売っているお店をぶらぶらと見ておりました。いろいろあるな~、なんでココにこんなもの置くのかな~?、これは美味しいだろうか?などなど好き勝手なことを思いながら。

冷蔵品はまだしも、冷凍品って、持ち帰るのにどうなんでしょ?
キョロキョロと見まわしても、保冷剤等に関する表示はありません。店内にお客さんはほとんどいなくて、レジの人も暇そうにしていたので聞いてみました。すると「保冷パックに保冷剤(1~2時間分)が付いて170円です。」もっと本格的に保冷したい場合は、もう少ししっかりしたものもあるようなことを言っていました(説明がよくわかりませんでしたが)。

今、冷凍品を買う気もないのに聞いたのには理由(わけ)があります。こういうことを聞けば、気がついて、店内に表示するとか、上司に報告(提案)するとか、そういう動きがあるかな~?と思ったからです。

残念ながら、そういう動きはありませんでした。他にも宅配便をここ(お店)から送ることもできるのだろうと思いますが、そういう表示もなくて、残念に思います。

場所が良くて、置いてある商品も一定以上の水準のものなので、放っておいても売れるのでしょう。店員さんもきちんとした方(マニュアル通りに動ける方?)なので、問題があるわけではないのですが、つまらないお店だなぁ~と思いました。

ときどき私は、こんなことをして、お店を試します。別にそんなつもりじゃなくても、他のお客さんもいろいろ質問したり、意見を言ったりしていると思います。そういう声を拾って、きちんと店づくりに反映できるかが大事だと思っています。もちろん、何でもお客さんの言うことを聞けばいいというものではありませんので、精査は必要ですが。

アンケート調査もいいですが、常日頃、お客さんは言っています。ちゃんとそれに気づけるか、そして、動けるか、そういう組織になっているかが大切なのではないでしょうか。

著作権:山田まり子

この記事をはてなブックマークに追加

売上アップの成功事例

2016年03月21日 | 雑記
おはようございます! (^O^)/
中小企業診断士の山田まり子です。

きょうは雑記です。
ずーっと考えているのですが、どうにもいいテーマが浮かびません。書きたいことはあるのですが、面倒で大変なテーマだったり、ネガティブなことだったり。逆にうれしいこと(ご支援先で成功した事例)でも書きたいことがあるのですが、こちらは守秘義務があり。

え?でも、ときどき成功事例、書いていませんか?…って?
はい、一般化した形で書けるものはいいのですが、今、ご紹介したい事例はかなり細かいことまで書かないと、成功の鍵がわからないのです。

小さなことの積み重ねで、少しずつですが売上が上がり、店主や従業員のモチベーションも上がり、そうすると、今までは無理だと思っていたことにも挑戦しようという意欲が出てきて、好循環が始まります。そんなふうになると、なぜだかわかりませんが、たまたま運良く別の商品まで売れたり、新聞や雑誌、テレビが取材を申し込んできたりします。

そんな事例が最近、数件あったので、私もうれしくなりました。この場でご紹介できないのが残念です。

山田まり子

この記事をはてなブックマークに追加

儲けが出たら…

2016年03月07日 | 経営
おはようございます! (^O^)/
中小企業診断士の山田まり子です。

いつも「売上を上げるには」や「適正な利益を確保しましょう」などという、要は「儲けるためには」という話をブログに書いていますが、きょうは「儲けが出たら…」というお話です。

ある事業主さんと話をしていたら「私、儲けが出たら使うようにしているんだ。」とのお言葉。それはそれで大事なので「いいことですね~。」と返しました。しかし、使うだけではダメなのです。使うのと同時に貯めなければ!

使えば(=経費)その分、節税できますが、貯めることができるのは税金を納めたあとのお金です。ですから、節税ばかりを意識し過ぎると貯めることができません。貯めることができないと、何かあったとき、いざというときに、困ります。

そこで、きょうは経費計上(あるいは所得控除)に役に立ち、そして、貯めることに通じる制度をご紹介したいと思います。

●小規模企業共済
これは「経営者の退職金」と言われています。通常「経営者」には退職金がありませんが、そういう退職金がない人のための退職金制度です。小規模企業なら個人事業主でも会社役員でも加入できます。また、払い込んだ掛金合計額の範囲内で、事業資金などの貸付けを受けられるのも魅力です。
※小規模企業とは常時使用する従業員が20人(商業とサービス業(宿泊業、娯楽業を除く)では5人)以下の個人事業主や企業をいいます。
詳しくは → こちらをクリック!

●中小企業退職金共済(略称:中退共(ちゅうたいきょう))
これは従業員のための退職金制度なので「貯める」ことにはなりませんが、掛け金を損金(=必要経費)に計上できます。対象となるのは中小企業です。
※中小企業の定義は以下のHP内にありますので、ご確認ください。
詳しくは → こちらをクリック!

●国民年金基金
主に個人事業主(厚生年金に加入していない・加入できない人)のための制度です。掛金は全額が所得控除の対象となり、所得税や住民税が軽減されます。
詳しくは → こちらをクリック!

会社にお勤めしている方に比べると、何かあったときや老後の保障が少ないのが経営者(個人事業主を含む)です。このリスクに備えながら、節税&貯蓄的な役割を期待できる制度をご紹介しました。お役に立てば幸いです。

著作権:山田まり子

この記事をはてなブックマークに追加

食品営業許可 飲食店の許可でできることとできないこと

2016年02月15日 | 法律
おはようございます! (^O^)/
中小企業診断士の山田まり子です。

近ごろ、飲食店から弁当や総菜をつくって売ったり、自家製のステーキソースや焼肉のタレを瓶詰めにして売ったりしたいという相談を受けることが増えました。

基本的に「飲食店営業」の許可は店内で食べることを前提にしています。ですので、「持ち帰り」の食品を調理・販売する場合は、別の許可が必要になる場合があります。

従来は1つの施設に1つの許可でした。例えば、飲食店が自店で人気のある料理をパック詰めして販売するような場合は、「飲食店営業」の許可を取った厨房とは別に総菜の製造(加工)所が必要で、その製造(加工)所は「そうざい製造業」の許可を取るということです。

ですが、昨年(平成27年6月30日閣議決定)規制改革があり、定められた基準を満たせば同じ1つの施設に対して2つ以上の営業許可を取れることになりました。(営業許可ごとに手数料がかかります。)

詳しくは → 厚生労働省 食安監発0729第6号

先日、相談対応した飲食店の店主さんにこのことをお伝えすると「別の厨房をつくる余裕はないから、どうしたものかと困っていた。」と、とても喜んでいらっしゃいました。

これで、小さなお店でもいろいろなことができるようになりますね。でも、気をつけてください。持ち帰って保存期間(賞味期限)がある食品製造(加工)は、施設に対する許可とは別に賞味期限の設定(食品検査をして設定する)や食品表示など、守るべき法律があります。飲食店の延長線上でただパック詰め、瓶詰めして売っていいということではありません。

食中毒やアレルギーによる事故は命に関わります。
まずは所管の保健所に相談しましょう。

著作権:山田まり子

この記事をはてなブックマークに追加