山田歯科エクセレンスクリニック:山田忠生の歯医者人生&文化活動人生

■ホームページ検索 ⇒ 山田歯科エクセレンスクリニック
■宝塚アートサポート・会長 ■ゆめ機構・代表 

咬合再構築のP-M-Sフィロソフィ教本:抄録ー25

2012-04-28 | 修複歯科医学関連分野:論文など翻訳紹介
宝塚仁川/山田歯科エクセレンスクリニック 歯科医師・山田忠生


1-8 咬合再構築前の診査と治療計画

1.抜歯:見込みのない、あるいは修復計画に役立たない歯を抜去する。

2.咬合調整:これは顎関節を決定し、新しい咬合をつくる安定した基礎を与えるために重要である。この作業には時間がかかるが、歯の形成前に完了しておく。

3.歯周組織の治療:十分な歯周組織の治療、栄養のコントロール、家庭管理の指導など。

4.矯正:多くの場合は、歯の形成に先立って決められた歯の矯正的移動により、最終的によりよい配列となる。

5.歯内治療

6.正常でない顎関節の状態や、歯ぎしりのコントロールのため筋の訓練を行う。

7.ひどく破損した歯の基礎修復をする処置、例えばマークリークラウンなど。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

宝塚アートマラソン・ヒストリー:2

2012-04-28 | ゆめ機構(夢のまちづくり「宝塚」市民機構
歯科医師・山田忠生


イヤーエンド“アート”マラソン実行委員会・崩壊の危機

これまでの、さまざまなイベント事業の経験から、仲間、同志の重要性は身に染みて感じていた。その中でも、1984年に実施したイベントが、これまでに経験した最大で最高で、空前絶後といえるかもしれない。もちろん、これからはわからない訳だが。

それは二度にわたって起こった。中心人物である3人の中に大きな意見の相違が生じたのだ。しかし、その二度ともに乗り越えることができたのは、イベントを開催したいという互いの想いと、時間いとらわれない徹底した話し合いの結果だった。

それからも、さまざまな開催にあたっての課題や問題が生じたが、3人という三角形が十分に意思疎通を図り、強固に結びついている限り、三角形は外部の力では壊されないという実感を強くもった。
以来、ものごとを進めていくには、1人ではない、2人でもない、そして4人でもなければ、それ以上でもない、3人の仲間をつくることが最も大きな要素であると考えている。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

歯科診業パンキー哲理:10

2012-04-27 | パンキーフィロソフィ:日本語版山田忠生新
宝塚仁川/山田歯科エクセレンスクリニック 歯科医師・山田忠生


実のところ、私が離れるのを嫌がったのはアンナだった。私たちはすでに結婚について真剣に話し合う状況にいた。しかし、私がニューキャッスルで歯科医業を続けていかないこと、またDr.ハミルトンのフロリダにおける話をすると、彼女はしぶしぶ承知し、ニューキャッスルでの彼女の教職の契約が終了するまで、コーラル・ゲイブルには私一人で行けばいいだろうと話した。

私はニューキャッスルでの診療を、始めたときと同様の公判日に終えることにした。1925年12月の最初の月曜日、午前8時30分に最終日の診療所に着いた。午後2時に去るまでに、12人の患者から1歯1ドルで81本の抜歯をした。長年にわたってカミタバコで固くなった歯を抜くのは決して容易ではない。骨はまるでテネシー産の大理石のようだった。骨ノミの後部をマレットで打ち続ける力の強い女性スタッフがいなかったら、まったく1本の歯も抜けなかっただろう。抜歯を終えるころには、ほとんどの場合は歯根尖に到達するまで骨の頬側壁を除去していた。そのような歯を抜くということは、患者にとってそうであるように、私にとっても精神的にショックなことだった。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

歯と食と生活環境ー2

2012-04-27 | 「歯福のひととき」レターより転載
宝塚仁川/山田歯科エクセレンスクリニック 歯科医師・山田忠生


私たち歯科医師は、しばしば経験します。

「先生、大好きなお漬物が噛み切りにくいです。」とか、「パンの耳って、意外と固くて噛めません・」などと、義歯を使用されている患者さんからお聞きします。
これからが楽しい人生という世代になって、あれも食べられない、これもダメというのは残念なことです。

また、「健康維持のためには、これを食べなさいと言われても、私の口では噛めません。」と話されるように、一人一人でお口の環境も異なります。そして、その健康状態は誰よりも歯科医師が知っているのです。

“健康で長寿を求めるなら、まずは口から”は、間違いのない事実です。100歳が他人事でない現実が目の前にきています。元気な100歳であるためには、お口の管理が最優先となります。
歯科医師の仕事の内容も、そのための治療をメインとし、個々の人のお口に合った“食と生活環境”へのアドバイスになっていくのではと考えています。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

パンキーフィロソフィ(73)

2012-04-25 | L.D.パンキー歯科診療哲学:講演抄録
宝塚仁川/山田歯科エクセレンスクリニック 歯科医師・山田忠生


患者は、私たち歯科医師に自分の問題をわかってもらいたくて待っているのであります。さまざまな広告の洪水は、人に必要としないものを提供しようとし、人は必要でもないのに、広告の影響でそれらを所有しようと仕向けられています。私たち歯科医師は、人が真に欲しているものを、それが何であるかを気づかせ、それを提供しようとしているのおであります。

以上述べたことのまとめは、表10のカリエスと歯周疾患をコントロールする予防的手段の項に記載していますので、じっくりと研究してください。表10から表14までの部分をコピーして、患者や周りの人々に配布することを薦めます。患者の理解が高められることになります。

歯を健康ン亜状態に保つ歯科診療を求めるのは、患者の責任であり、患者の肉体的、精神的、知的、社会的、経済的なレベルを考慮した上で、最適な歯科的健康を与えられるように、診査・診断をして、その患者が歯科的見地から見て、青年、中年、老年のいずれに属するかを判断して、治療計画を立てることは、歯科医師である私たちの責任であります。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加