山田歯科エクセレンスクリニック:山田忠生の歯医者人生&文化活動人生

■ホームページ検索 ⇒ 山田歯科エクセレンスクリニック
■宝塚アートサポート・会長 ■ゆめ機構・代表 

マークス「完全歯科医業学」概要:243

2017-08-10 | マークス「完全歯科医業学」概要:パンキー
宝塚仁川/山田歯科エクセレンスクリニック 歯科医師・山田忠生


下から生えてくる前に乳歯が抜けてしまうと、いろいろな問題が起こってきます。ジョニーと同じ年齢の子どもの模型でご覧になったようにスキマが療法にある歯は、歯による横からの支えがないために移動しやすくなります。スキマはせまくなって通常は抜けた歯に置き換わるべき永久歯にとって、それが生えてくる場所が無くなってしまいます。ですから、永久歯が歯列からはみだすことは、ほとんど避けることがでdきないのです。

不揃いな歯というのは外観的に悪いだけでなく、清掃することも困難になります。その結果、食べ物が蓄積しやすくなり、ムシ歯を引き起こすことになり、放置しておくとその歯をダメにしてしまうことすらあるのです。

歯並びからはみ出しているために、正常な歯よりもさらに圧力が加わるようになります。歯肉や骨へのこのひずみは骨を失う原因となります。このレントゲン写真をご覧になると骨がここまであるべきものが、ここまでしかないということがわかるでしょう。このことは歯が十分に支えられないために、最終的には抜けてしまうということなのです。それから何が起こるでしょうか。
よろしいですか、ここに見えているのが永久歯です。歯が失われ、そのままにしておくと隣の歯が動き、噛むたびに余分な力が働き、さらに骨が吸収されるようになります。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 歯ブラシの製造、販売にチャ... | トップ | シュースター「卓越歯科医業... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

マークス「完全歯科医業学」概要:パンキー」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。