山田歯科エクセレンスクリニック:山田忠生の歯医者人生&文化活動人生

■ホームページ検索 ⇒ 山田歯科エクセレンスクリニック
■宝塚アートサポート・会長 ■ゆめ機構・代表 

コミュニケーションとモチベーション:13

2016-10-29 | 修複歯科医学関連分野:論文など翻訳紹介
宝塚仁川/山田歯科エクセレンスクリニック 歯科医師・山田忠生


ケース・プレゼンテーションで覚えておくべきポイント

1.患者と話すときは、やさしい言葉を使って話すこと。

2.患者が理解しているかどうか、常に確かめること。
  定期的に話を中断して、患者がそのポイントについて理解しているか、あるいは今までのところで何か疑問がないかをたずねること。

3.順序正しく話をして、その目的からはずれないこと。

4.患者の最も重要な問題点から扱うこと、というのもこのことは患者が最もよく覚えているからである。


患者が疾患の原因を理解するようになれば、患者自身の状態が正常とはどのように異なって、破壊がどのようにして起こるかを患者に説明しなくてはならない。患者、相談相手、歯科医師の全員が座って、リラックスしたところでプレゼンテーションにとりかかる。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『口福寄席』&”歯福の講演会... | トップ | シュースター「卓越歯科医業... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。