山田歯科エクセレンスクリニック:山田忠生の歯医者人生&文化活動人生

■ホームページ検索 ⇒ 山田歯科エクセレンスクリニック
■宝塚アートサポート・会長 ■ゆめ機構・代表 

ザ・デンタルフィロソフィ:61

2017-06-14 | ロッカード「ザ・デンタルフィロソフィ」
宝塚仁川/山田歯科エクセレンスクリニック 歯科医師・山田忠生


”アメリカの人々は、自分たちにとって必要であるかどうかで、望むものに対しては代価を支払う。そこで、人々が必要とするもの、つまり質の高い歯科医学のことであるが、それを求めさせようとすること、それこそが私たちのチャレンジである。”
F. Harold Wirth, D.D.S.


人は自らが価値を評価するものを買うのであるが、不幸にもしばしば自分にとって必要であるものを購入させられることがある。人は他人から必要性を指摘されたものを好んでは買いたくないものである。つまり、それが自分に何をしてくるのか、あるいはそうすることで自分が他人にはどう見えるのかということで購入するのである。人は楽しみたいという利点を買うのである

スタッフ全員がこの哲学を理解し、患者の健康に対する価値観や、認識を評価することに関心を払うことが重要なこととなる。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 議場の開かれた活用を考える... | トップ | バークリー予防歯科の概要:... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。