山田歯科エクセレンスクリニック:山田忠生の歯医者人生&文化活動人生

■ホームページ検索 ⇒ 山田歯科エクセレンスクリニック
■宝塚アートサポート・会長 ■ゆめ機構・代表 

TOKYO-NEWYORKコンセプト1983-(90)

2015-11-24 | 山田忠生:論文・提言などなど(過去から現
宝塚仁川/山田歯科エクセレンスクリニック 歯科医師・山田忠生


私たちは今日まで、三種の神器というハード・ウェアと、プラック・コントロールというソフト・ウェアを駆使して、より卓越したニューヨーク行の機長になろうと努力してきたといって過言ではないと思いますが、いかがですか。

新しい歯科医学は確実にヒューマン・ウェアの時代を迎えたということができるでしょう。ある人はこれを“文化の時代”と語り、また“知恵の時代”と表現しています。
私たちは新しい歯科医学においては、これを“世話の時代”と認識しています。すなわち、患者から語られる「お世話になります。」の“世話”であります。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« シュースター「卓越歯科医業... | トップ | 『口福寄席』と桂文三さん »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

山田忠生:論文・提言などなど(過去から現」カテゴリの最新記事