山田歯科エクセレンスクリニック:山田忠生の歯医者人生&文化活動人生

■ホームページ検索 ⇒ 山田歯科エクセレンスクリニック
■宝塚アートサポート・会長 ■ゆめ機構・代表 

マークス「完全歯科医業学」概要:216

2016-12-10 | マークス「完全歯科医業学」概要:パンキー
宝塚仁川/山田歯科エクセレンスクリニック 歯科医師・山田忠生


1・限られた経済状況の中で、患者のための完全な歯科医学のプログラムに従う。(第17章で検討することになる。)(このことは治療計画が完全に分割できて、段階ごとに完了できるかどうか、そして段階中に患者が継続して支払っていけるかということを決定することも含んでいる。)

2・患者がその料金を支払うことができるほどの十分な値引きを認める。

どちらの方法も、あるいは両方を組み合わせても問題が解決しないときには、そのような状態にある人を取り扱うために存在する市立か、州立の機関か病院に、その患者を紹介するべきかどうか検討せざるを得なくなるであろう。

第2回診査来院の最後には、歯科医師はこの患者が料金を支払うためにはどのようにすることが、最も容易であるかを離開しようとしていたということを思い出してみよう。(第10章)


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« コミュニケーションとモチベ... | トップ | 『修復歯科・咬合調整』-1 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

マークス「完全歯科医業学」概要:パンキー」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。