山田歯科エクセレンスクリニック:山田忠生の歯医者人生&文化活動人生

■ホームページ検索 ⇒ 山田歯科エクセレンスクリニック
■宝塚アートサポート・会長 ■ゆめ機構・代表 

シュースター「卓越歯科医業学」-100

2017-03-21 | シュースター「歯科開業学」
宝塚仁川/山田歯科エクセレンスクリニック 歯科医師・山田忠生


口腔内診査の軟組織診査8,9,10では、出血部位をすべて記録する。同時に歯周ポケットの存在を記録することによって、もう一方のページで歯周組織のチャートの作成が必要であることがわかる。

患者はその診査の過程で再び関わり合いをもたされ、前に述べたのと同じように正常と異常の違いを示される。

歯周組織の診断と、患者の関わり合いに関して、次のマニュアルを読むことを薦める。

・PARODONTAL-LASCRUCSE,NEW MEXICO
・PLAQUE CONTROL PROGRAM
・PERIODONTAL DISEASE DETECTION

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 歯周病対策:3つのアプローチ | トップ | パンキー歯科診業哲理:155 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。