山田歯科エクセレンスクリニック:山田忠生の歯医者人生&文化活動人生

■ホームページ検索 ⇒ 山田歯科エクセレンスクリニック
■宝塚アートサポート・会長 ■ゆめ機構・代表 

シュースター「卓越歯科医業学」-127

2018-02-13 | シュースター「歯科開業学」
歯科医師・山田忠生


歯科において勝者と敗者の違いは何であるかを、考えたことがあるだろうか。一方では、一人の人間を熱中させるように見えて、他方では別の人間が去って、やめていかざると得ないようなものは、一体何なのかを考えたことがあるか。一方の歯科医師を幸福にして熱中させ、他方の歯科医師はオフィスを去って、別の仕事につかざるを得ないようなものは何なのか、あなたはじっくちと考えたことがあるだろうか。

この10年間、私は成功した幸福な歯科医師について研究してきた。そして、勝者にはどのような共通した資質があるかを学んできた。それはただ単に存在するだけの退屈な人生と仕事であるだけでなく、成功と幸福に満ちた人生と仕事である。
私の経験と結果を紹介して、私が明白にわかったもの(勝者の資質)を述べることにする。このような特質とは、私たちが活用することで成功や幸福への可能性が増大し、勝者が手にする人生の報酬を手中にすることができるものである。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

シュースター「卓越歯科医業学」-126

2018-02-02 | シュースター「歯科開業学」
歯科医師・山田忠生


一人の歯科医師は新しいオフィスビルを建築中で、歯科の仕事に没頭して満足そうであった。もう一方はビジネスの上級の資格を取るために、この何年間も忙しく勉強していた。彼は歯科には将来がないと考え、やめるための準備をしているのだ。

この二人の歯科医師は、自分の人生の十字路に立っていた。一人はさらに没頭して自分の仕事と、自分自身に明るい未来を描いていた。事実、彼は自分自身と、自分の将来に非常に大きな投資を計画していた。
どちらが正しいのだろうか。もちろん、答えは両方ともに正しい。なぜなら、どちらも自分が正しいと思うことを決断しているからである。それなのに一方は他の興味を追いかけるために歯科をあきらめ、もう一方は、(歯科には)将来があると考えて自分もその一翼を担うことを望んでいるのである。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

シュースター「卓越歯科医業学」-125

2018-01-16 | シュースター「歯科開業学」
歯科医師・山田忠生


最初は

15年前の5月のある美しい日の午後、中西部の歯科大学から2人の学生が卒業した。2人とも非常によく似ていた。優秀な歯科学生として誰もがするように、2人とも熱心に学び、資格を得るために懸命に勉強しなければならなかった。15年前のその卒業の日、2人は家族ともども得意げな様子だった。彼らは自分たちのプロフェションの将来に大望をもち、期待に満ちていた。

最近、この2人は卒業以来15年ぶりに再会した。2人はほとんど同じように見えた。2人とも同じ年頃の子どもがおり、非常にうまくいっているように見えた。しかし、一つだけ大きな違いがあった。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

シュースター「卓越歯科医業学」-124

2018-01-05 | シュースター「歯科開業学」
歯科医師・山田忠生


第4章 歯科における勝利

成功する歯科医師というのは:


・積極的な心構えをもつ。
・人生と仕事に対して積極的な哲学を開発する。
・コミュニケーションとケースプレゼンテーションに秀でる。
・自分自身…自分の内なる人間関係…自分の仕事…(患者が)どのような人であるか。どのように関わるかについて研究する。

勝利者になるためには、3つの技能を開発するべきであることを知っている。
1.自己管理技術
2.仕事上の技術…自分自身が納得して確実によい結果が得られるような高度な治療を提供する技術的能力
3.機能的な技術、考え方をうまく伝える技能を磨き、患者やスタッフ、他の歯科医師、その他関係するすべての人々との相互作用を概念化し、組織化する


積極的な目標をつくり、それを達成するように時間と努力を捧げる。

仕事の雰囲気づくり…人、場所、オフィスの装飾も成功するために一部であることを認識する。

考えるとき、行動するときには卓越、責任、サービスということを念頭に置く。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

シュースター「卓越歯科医業学」-123

2017-12-22 | シュースター「歯科開業学」
歯科医師・山田忠生


臨床システムだけを取り入れてすると、的外れなものになる。総合的な診査というのは、何が悪いのかを見つけ出すだけのものではなく、個人がその状態に”なぜ”、”どうして”そのようになったのかを見つけ出すものなのである。完全な診査ろいうのは、人間が基本的に必要とするものと、個々の患者の価値を知ることを基礎に置いて深く、深くさぐっていくものである。

このようなレベルで人を知り、理解するためには、歯科医師とスタッフの間で成長しなければならないが、その結果は歯科のプロフェションとしてえ通常予期するよりは、はるかに大きな興奮と感動に遭遇することができる。この正称と発展に比例して精神的、金銭的報酬が得られる。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加