飲食居抜きソムリエ  山田 茂  飲食を辞める始めるときのブログ                 

飲食店を希望を持って始めたり順調に多店舗化したり、内装設備に費用がかなり掛かります。その投資を回収できます。

3.飲食店を辞める時27

2017-03-23 10:36:05 | 飲食店を辞めるとき

   飲食店をやめるとき 得するには
     早めの相談が より効果的です
     ★ブログデビュー1周年記念
      第2弾

      造作買い取り業務開始

      寝具業界イノベーション new
        起きていない勝機あり  最終回

    ビジネスマンは
    何度でも打席に立てる

    成功についてですが、私はまだ成
    功したと思っていません。まずは
    国内をもっと拡大させ、海外です
    ばらしいパートナーを見つけてコ
    ラボしていく。将来的には「クオ
    リティ・スリープ」を世の中に知
    らしめることができ、そこにエア
    ウィーヴの名が挙がるとしたら、
    それが私たちの成功だと考えてい
    ます。最近、睡眠の計測をして質
    を測る睡眠アプリを出しましたが、
    「睡眠の質」に光が当たれば、そ
    こから新しい展開も考えられます。
    
ビジネスは成功よりも失敗のほう
    がつきものです。私も数え切れな
    いくらいの失敗をしています。で
    も、ビジネスマンは野球選手と違
    い、何度でも打席に立つことがで
    きます。失敗しても修正して、再
    チャレンジすればいいのです。自
    分の打席を待つ必要もなく、打席
    を自分でつくればいい。
    そういう意味では、私が打席に立
    つ回数は多いですし、行動範囲は
    広いですね。この2年で、世界一
    周を10回、欧米へのシングルトリ
    ップが5回、アメリカに行ったの
    が11回。飛行機の機内で合計50
    日くらい寝ているのではないでし
    ょうか。それでも疲れずに元気に
    やっています。いつも出張にはエ
    アウィーヴを持ち歩いていますか
    ら(笑)。
    (今回最終回有り難うございます)

 

    寝具業界イノベーション
      起きていない勝機あり  連載17

         ――この記事のテーマは「愚直に続
               けたから成功した、ワケじゃな
               い」というものです。エアウィ
               ーヴが成功した要因の一つはブ
               ランディング戦略だと思います
               が、その一方でアントレプレナ
               ーとして愚直に続けているもの
               はありますか。

         高岡:愚直に続けているものは、い
   わゆるブランディングとエアウィー
   ヴが認知のないところへの「営業」
   です。エアウィーヴは海外ではまだ
   無名ですし、国内でもまだ手が届い
   ていないところがあります。そのた
   め、よりハイエンドなところに売り
   込むためには、やはり私自身が売り
   込んでいかなければならない。
     私が社長を退いて会長になったのも、
   「営業」に時間を割けるからです。海
   外で、エアウィーヴのことはまだ知
   られていません。そこでウチの営業
   マンが行ってもなかなか相手にして
   もらえませんが、創業者が来たとな
   ると話は別です。やはり創業者には
   どの国でもリスペクトを持って接し
   てくれますから、それを利用しない
   手はありません。それに、会社のす
   べてのストーリーを話せるのは私だ
   けです。ですから「営業」だけは愚
   直に続けています。
   (次回最終回お楽しみに)

 

         寝具業界イノベーション
     起きていない勝機あり  連載16   

    地元パートナーの開発

         すでに中国、アメリカ、シンガポ
         ール、香港などで現地に入って、
         実際にビジネスを始めているとこ
         ろもあります。しかし、すぐに日
         本と同じような展開ができるとは
         思っていません。なぜかと言えば、
         マーケティングと販売はローカル
         戦だからです。ローカルを知って
         いるのはローカルの人です。ブラ
         ンディングはグローバルに共通す
         るアセットですが、これから海外
         展開を拡大するには、現地で一緒
         に仕事をするパートナーを見つけ
         なければなりません。地元マーケ
         ットに応じた戦略とパートナーが
         必要になってくるのです。そうい
         う意味では、6月にモナコで開催
         されるEYアントレプレナー・オブ
         ・ザ・イヤーの世界大会は本当に
         楽しみです。エアウィーヴの存在
         を大いにアピールしたいと思って
         います。
          (次回ぬ続く)

 

         寝具業界イノベーション
     起きていない勝機あり  連載15   

   ――今後は、海外市場の拡大
     も視野に入ってきます。

   高岡:寝具市場はグローバルに見て
   も、イノベーションが少ないと言え
   ます。なぜなら、睡眠研究がなかな
   かできないからです。研究するには、
   健康な人たちを集めて長期間、睡眠
   状態のモニターをしなければなりま
   せん。しかし、被験者として健康な
   人を集めることは難しいですし、コ
   ストもかかる。睡眠障害の人の研究
   は進んでいますが、健康な人の睡眠
   の研究はあまり進んでいないのが実
   情です。そこで私たちは2011年に
   スタンフォード大学と共同で睡眠研
   究を始め、その後、アスリート養成
   期間である米IMGアカデミーの寮に
   いる若い健康な人を被験者にして、
   睡眠の質と運動能力に関した共同研
   究を始めることになりました。
   他方、これから海外展開を積極的に
   図っていくには、綿密なマーケティ
   ング戦略が必要になってきます。マ
   ーケティングとは、地域性や国の成
   熟度によって変わっていくもの、い
   わば地上戦です。
   (次回に続く)

 

   寝具業界イノベーション
     起きていない勝機あり  連載14   
   
    売れるとショップも

         さらに売り場に人が来たら、今度
         は売り場をショップ化する。ショ
         ップ化すれば、それ自体が広告に
         なっていくのです。まさに相乗効
         果でした。
         エアウィーヴは認知度を高めない
         かぎり、売れない商品です。最初
         は百貨店の棚を一つもらって売っ
         ていました。でも、売り場をもら
         うのはなかなか大変です。ですか
         ら、私たちは売れるごとに、ショ
         ップ化していったのです。ショッ
         プ化すれば棚が自由に使える。百
         貨店には高級ブランドと同じよう
         なショップが欲しいと言っていた
         のですが、むろん「まだ早い」と
         言われることもありました。しか
         し、百貨店にとっても、売り場当
         たりの利益額は高くなる。ショッ
         プ化はお互いにとって良い効果を
         生み出すWin-Winモデルなのです。
   (次回に続く)

 

トップページへ

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 居抜き店舗7.銀座シックス... | トップ | 4.売上UP事業計画22 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL