やまちゅうのブログへようこそ!

オーディオ・車・音楽(特にJAZZ)・映画・大好き!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

B&W805D導入で 1ランク上の表現に

2014年08月24日 | オーディオ

先日、スピーカーを「ATC SCM19」から「B&W 805Diamond」に入れ換えてようやくセッティングが完了した。

Img_1661


音楽を聴きながらスピーカー位置の前後左右角度を数ミリ動かして音楽を止め、また数ミリ動かして聴く、それを繰り返しながら最良の位置を見つけセッティングしていく。
毎日少しづつ根気のいる作業であったがこれもオーディオの楽しみの1つであり、最重要ポイントである。

セッティングしていく中で「B&W 805Diamond」は潜在能力を持った凄いスピーカーであることに気づく次第であった。


何が、どう良いのかと言えば

まず、ダイアナクラールやノラジョーンズの女性ボーカルは瑞々しくなり唇の艶が見えてくる。

「佐藤美枝子のアリア」ではホールの天井の高さが判るほどに、
小澤征司のオーケストラではホールの音場空間が再現されるようになった。

一番良くなったのは、バイオリンやギターなどの弦楽器である。
バイオリンは弦と弓が擦れ音が出る瞬間の音や倍音などが見事に再現される。
ギターも同じく弦をはじく際の、指との音もである。
中でも「崎川晶子の夢見る頃」でのチェンバロでは弦を弾く時に擦れる音と弾いた時の弦の震えまで伝わってくる。
これは、ちょん髷の様なダイヤモンドツイーターの真価が発揮されたことによるのだろう。


「山本栄次のピアノマン・オリジナル」でのピアノは、スタインウェイとベーゼンドルファー、ベヒシュタインの違いも今までより良く判るようになった。

Cimg4021

システムは、CD/SACDプレーヤー 「ラックスマンD-06」、ネットワークオーディオプレーヤー 「パイオニアN-50」、プリアンプ 「オーラVARIE」、パワーアンプ「LINN C-2200・C-5100」、「アキュフェーズP350」、スピーカー 「B&W 805Diamond」・「JBL3500+UT-045ツイーター」・「セレッション 700SL」


だが、全てが良くなったと言えば嘘になる。

JAZZやロックでのキックドラムの太く低いタイトな低音ではATCにはかなわないところがある事を実感した。

結果、女性ボーカルや弦楽器、室内楽などは「B&W 805Diamond」で
JAZZやロック、大編成のオーケストラ、パイプオルガンなどでは「JBL3500+UT-045ツイーター」で音楽を聴くことになった。


音楽を聴く楽しみが一段と増した日々である

オーディオ!

いいね!!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

こども展に行ってきた

2014年08月16日 | ブログ

長女が盆休みに帰ってきて、いよいよ東京へ帰っていく

関空まで送っていくついでに、天王寺公園内にある大阪市立美術館へこども展を観に行ってきた。

Img_1665
公園内からは、あべのハルカスが一望です。
なぜか日本一の高さとは思えないです

Img_1667
初めての天王寺公園内は、なかなか綺麗です

Cimg4013

Cimg4014

こども展とは何? と思った人に

絵画の巨匠、ルノワール、モネ、コロー、ピカソ、等が愛するこどもを描いた作品63点が展示されています。

油絵を描いたりした私にとっては筆遣いなど勉強にもなりました。
また絵を描きたくなってきた気分です。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

B&W805Dのセッティング

2014年08月12日 | オーディオ

台風11号は最悪なコースで上陸したが被害も無く一安心

先日入手した「B&W805Diamond」スピーカーのセッティングをやろうと考えていたが、やっと出来ることができた。



Cimg3984

やはり1000Mスピーカーの上では低音が訛る。
もっとキッチリとした低音が出るはずである


1000Mをサブシステムに戻すことにする。


Cimg3993

スピーカスタンドはセレッション700SEの物をしようすることにした
これで音がかなり改善されるはずである

Cimg3991

セレッションのスタンドはアルミ製でスタンド内部には振動を熱に変換する特殊な砂が入れられており、これによりスピーカーからの振動を床に伝えにくくする設計になっている。

Cimg3989
ケーブルは迷うことなくバイワイヤリング接続
オルトフォン7.6Nを使用



1時間程かけて色々試行錯誤しながら大まかなセッティングが完了
後は音楽を聴きながら数ミリづつ動かしながらの調整である。

気の遠くなるような作業だが一番気合が入って楽しい!

Img_1662


Cimg3987
後は微調整をしながら追い込んでいくのみ。

Img_1664
1000Mは2週間程前の元位置に戻りました。


「B&W805Diamond」スピーカーの音については、詳細セッティング後にアップすることにする。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

B&W805Dを入手

2014年08月07日 | オーディオ

台風11号が近づいていて直撃を受けないかと心配している最中


ふと何気なく立ち寄った所に置いていたのが「B&W805 Diamond」スピーカーしかも色はピアノフィニッシュである。
だが新品ではなく中古品であるが傷も無い逸品。

以前から欲しいなと思っていた製品です。

衝動を掻き立てられ、
早速、交渉。
入手することが出来た。

ただし、現在使用しているスピーカー「ATC SCM19」を引き取ってもらうことで成立しました。

まさか「ATC SCM19」を手放すことになるとは思いもよらなかったが、これも仕方のないことです。
自宅で「ATC SCM19」を箱に詰めている間に、「B&W805 Diamond」を箱詰めしてもらうことにして、いったん帰宅し再度訪問。


梱包していただいたB&Wをワクワクしながら自宅まで


Cimg3966
箱も綺麗なままである。
それもそのはず、購入は4月の物でまだ3カ月程の中古品
新品同様と言っても良いだろう。

入荷して1週間ほどらしい、これも縁かも。

さぁ、いよいよ開封して確かめることに

Cimg3967
箱を開けるとマニュアルらしい物が入っていた。

Cimg3969

Cimg3971
他にもジャンパーケーブルにクロス等がしっかりした箱に入っていた。

Cimg3976

Cimg3978


Cimg3979
箱から出して再度傷が無いか確認
綺麗である


Cimg3981
とりあえず音質チェックのためATC SCM19の置いてあった位置に大まかにセッティング



ここでチョット「B&W805Diamond」スピーカーはどんな物であるかを紹介しておこう。
B&Wは「Bowers & Wilkins」を略した名前であり1960年頃にジョン・ボワーズは、友人のRay Wilkinsと共にスピーカーシステムを組み立てることから始まった会社であり、次々と良いスピーカーを作り出したことからはじまる。
中でも有名な物は「Nautilus(ノーチラス)」である。

800technautilus
このノーチラスの技術をそのまま採用したのが800シリーズスピーカーのちょんまげの部分(ツイーター)である。

800シリーズは当初ツイーターの素材をノーチラスと同じアルミニュウムで作られていたが、もっと完璧なツイーターをと考え作り出されたのがダイヤモンドツイーターである。

また805のミッドウーファーは弾丸も通さないケブラー繊維で出来ており、スピーカーコーンの歪みとカラレーションを引き起こす定在波を吸収する素材としても最適であるらしい。



Cimg3994
ツイーターネットは磁力により接着している
コーンのネットも同様である


Cimg4011

ツイーターだけでも高価だと思わせる、ダイヤモンドツイーター。
ダイヤモンドの粉末をドーム状に蒸着させる高度な技術で作られている。
これにより繊細な表現が可能となる。



Cimg3982
左右の音の違いも無くチェック完了

いつもよく聴いているCDを聴いてみることに
まだ音が少し固いかな?
エージングが満足に出来ていないかも??

だが今までよりも音場が広くホールの天井の高さを感じる、それと情報量が多く感じる。
これは凄い性能を持ったスピーカーだと痛感した次第である。

そうこうしているうちに夜中になってしまった。


よし、またセッティングをやり直そう・・・



因みにB&Wを詳しく知りたい方は下記ページへ
http://www.bowers-wilkins.jp/Speakers/Home_Audio/800_Series_Diamond

コメント
この記事をはてなブックマークに追加