三日坊主の徒然ぺんぺん草

気の向いた時に、後先考えず思いつくまま書き記す。

久しぶりだナァ~ 

2009-03-26 | インポート

Dsc00064 ブログへの書き込みも久方ぶりである。 このごろ気乗りがしなく、また 諸事情が重なって、また目新しいニュースも無いもので ツイツイご無沙汰してしまった。 しかし 寒い日が続きますネェ~。 サクラも何時 花 を開いたらよいか迷っているのでは無いかネェ~。 我 町では 今週末が サクラ祭のイベント日 であるが どうも咲きそうも無い、この日に決めた時は ピッタリの日にちと思っていたのだが 何や何や 大ハズレみたいである。・・・上手くいかないものだ。 そう言えば 一昨日か 町の図書館に暇つぶしに行って お目当ての本を探しているうちに “鮎師(夢枕獏 著)なる本がフト目に入った。 これも御縁かなと思い 借りてきて読んだ。 内容? 早川 (小田原) での幻(?)の大鮎(50~60cm)を幻の毛鉤で、幻の釣法でシトメルという話であるが、其処に登場する人物が ・・・ アユ釣りをする人って、この登場人物とまではいかなくても、この様な人多いよなぁ~・・って ME も思った。 “アユ釣り” って ヤッパリ他の魚釣りと 違うよな!!!!!。 


この記事をはてなブックマークに追加

池のアユは順調です。

2009-03-19 | インポート

Dsc00036 イヤァ~参りました。 事情があって、暫くの間 釣が出来なくなってしまいました。 陽気がよくなってきたのにぃ~~。 ンンナことで、漁協に寄ったついでに、池のアユの育ち具合を見てきました。 皆元気で泳いでおり、順調に育っているようで、もう7~8センチはあるように見えた。 話によると、取水堰下流で採捕調査をしたそうだ、 大きいので9センチ位のが居たそうだ。 昨年ほどでもなさそうだが、今年も遡上は期待が持てそうなことをいっていた。 しかし、昨年、今年とシーズンOFFになると  河原に建機が入ってかき回しているね。 今年なんぞ、松田地区の 第2放水路から下流・栢山頭首工付近そして漁協前、川には濁り水が入っているし、 河原の中州はグラウンド状に均されているし・・・ で、一出水でもあれば、たちまち川の流れは平面的になりそう・・・どうなるのかしらネェ? 今年は!。


この記事をはてなブックマークに追加

思いの他??

2009-03-16 | インポート

Dsc00015 先日 久しぶりに川の様子を見に行ってきた、それと言うのも、車から見える河原に建機が忙しく動いているので、何をイジッテいるのか気になっていたもので、チョッと時間があったので河原によって見た・・・場所は 昨年人気のあった 第2放水路~ヤブネ間 河原は思いっきり変わっていた。 看板には ”川床に溜まった土砂を均してます” と書いてあり 河原一面がグランド状に成っておりました。 アチャ~ 一出水あれば流れが変わりそうであり また水が河原一面広がって流れそうである。 あんまり感心しないなぁ~・・・河川管理としては河原一面の流れになったのが防災上良いのであろうが 生息動物にとってはドウなんだろう? 釣り人にとっては最悪だぁ~。 もう少し 流れ のある 川 にして欲しいものだ。 用事があり 漁協に寄ったのだが、漁協前の中州も同じような事をやっていた。 あぁ~ 魚釣なんて ア ソ ビ だからな・・・・・。


この記事をはてなブックマークに追加

何や気が進まぬ

2009-03-15 | インポート

Dsc00031 小さな庭に花ニラが咲きだした。 何も手を入れて無いのだが 毎年良く咲く、咲きすぎる・・・繁殖力が強く ウッカリするとアチラ此方に花を見るようになる。 しかし このところ寒い日が続き 余り外にも出てみなかったが草花は着実に季節を感じ 芽を出し・花を咲かせている。 また 庭先に来ていた ツガイ(?)のメジロ もこの所、来なくなってしまった。 山に戻って子孫繁栄に勤しんでいるのかしら? 今週は天気も陽気も良さそうなので MEもアタリの様子でも探りに行こうかな・・・。


この記事をはてなブックマークに追加

ルアー投げ

2009-03-09 | インポート

Dsc00010_2 今日(9日)も 恒例の散策の後 近くの本川の気になっていた淵に ルアーを投げに行って来た。10:00~12:00 ノーヒット。 先週よりの天候不順のためか 川は20cm近く増水をしていた。 ルアーを投げるには少し水量が多すぎた。 もう少し減水したらもう一度 投げに行って見よう。 しかし 漁協組合も大変だ、昨年も 500万近く 赤字だそうだ、一昨年も確か 400万近く 赤字では無かったかな?。 ドコゾから補助を頂くわけでもなし、組合員の賦課金と一般遊漁者の遊漁収入で やっているのだが 天候に左右される事が大きく、また 釣れなければ釣り人は来ないし、赤字であるからという事で 放流量を減らせば、 尚 釣り人の足は遠のくし、悪循環釣の友釣りに似ている状態である。・・・ ドコゾにいい解決策は無いかニィ?。 ヤハリ 組合も、放流・増殖と同じくらいの比重で 魚の棲める・育つ・釣れる川作り にチカラを入れる必要があると思うが? また 、行政に働きかける必要があると思うが?。 


この記事をはてなブックマークに追加