港町浪漫no日記館

北国の港町・感動はひとつじゃない・・逢いたくて北の旅人・・旅は北がいい・・感動に触れる旅に・・・・

◆日本一急斜面の「花時計」色鮮やかに・・・・ひがし北海道釧路の港町、景観のポイント。

2017年05月18日 10時11分32秒 | Weblog

◆釧路中心部のシンボルとして釧路市民をはじめ観光客らに親しまれている、幣舞公園の顔でもあるぬさまい公園内の「花時計」で17日今年度1回目の花の植え込みが行われました。

直径10メートルの花時計が黄色と水色のパンジー1300株で鮮やかに彩られました。

植え込みは年4回行われ6月下旬にマリンゴールド、8月ベコニア、10月中旬には小菊の植栽が予定されており四季折々の花が彩られます。

日本一急斜面の花時計のため命綱を使い1300株の植え込みである。花時計は季節の風物詩です。



釧路駅を降りてメインストリートである北大通りを幣舞橋に向かって行くと、その正面の傾斜地に「花時計」が設置されています。釧路市中心部のシンボルともいうべき花時計は、1980年に「緑いっぱい市民運動の10周年を記念して設置されました。直径10㍍で長針4㍍、短針3㍍。長針と短針を合わせた重量は200㎏あります。

斜度39分4度という急斜面は全国でここだけの花時計です。季節の花時計を見る人々に潤いを与えています。

この急斜面の上にはぬさまい公園があり、歌で有名な霧の幣舞橋を始め夕焼けが美しい釧路港、釧路市のメインストリートを一望することができ、挽歌で有名な原田康子の挽歌の歌碑もあります。



乳白色の霧に包まれる幣舞橋


原田康子さんの「挽歌の歌碑」

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ◆連休、知床峠経由でウトロ、... | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。