かんにんブクロ

絵本とイラスト付きで書いているブクロ…いやブログです(笑)

胃幽門狭窄症(8)…

2009年04月23日 | Weblog
え~?、まだ「胃幽門狭窄症」終わってないの?
…スミマセン終わってませんでした。

●4月8日
胃の変形を調べる為、胃のレントゲン検査があった。

●4月23日
胃の薬がなくなってきたし、レントゲン検査の結果を知る為、病院へ行った。
「こんにちは~」私は元気よく診察室へ入って行った。
主治医は、机の上にあるモニターを見ていた。
私の方を振り向くと「先日はお疲れ様でした」と言った。
先日は?何の事…あっそうか、胃のレントゲン検査の事か…。
モニターには、なにやら“まんまるく膨らんだ胃らしき画像”が写っていた。
“あれ~?胃の形してないなぁ…”主治医が説明しなくても大体わかった。

「yamacさん、胃は変形したままですね~」
別の角度から見た胃の形も見せてくれた。あきらかに、普通の胃の形をしていない。
胃の出口が上の方にある。(イラストはこちら

主治医は、今回も私に解り易い様に、図を描いて説明してくれた。
「治るんですか?」
「治りません。でも、これ以上悪くならない様にしましょう。胃の調子はどうですか?」
私が胸やけが少しあるくらいですと言うと、
「薬はガスターDだけにします。胃の調子が良かったら、薬は飲まなくていいです」
「これで卒業です。次は9月に来て下さい」
「え~?今年の9月ですか?」
「そうです。9月で1年になりますから…」

胃は曲がったままだが、約7ケ月間の通院も今日でやっと終わった。
そして、入院中主治医が言った言葉を思い出した。
「さんざん痛めてきた胃は、そう簡単には治りませんよ」
その通りだった。

今では何でも食べられる様になった。
体重も退院した時より10kg増えて、顔も丸くなってきた。ハッピーエンドだ。(完)

↓画像をクリックすると「yamacのWEB絵本館」にいきます。


私の本館「やまっくの部屋」は「JRANK」に参加しています。
下のバナーをクリックして頂けるとうれしいデス…


コメント
この記事をはてなブックマークに追加